Ride&Write

ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなど

原付二種で行くツーリング 黄金の草原 奈良 『曽爾高原(そに こうげん)』」

f:id:kokubu_ou:20161029124133j:plain

今回は大阪からも近くてバイク初心者の方にもオススメのスポットです。

奈良県の東側に位置し、三重県の県境にある『曽爾高原(そにこうげん)』

黄金の丘 曽爾高原

10月末~11月には広大なすすきの草原がとてもきれいで黄金の丘とも呼ばれています。有名な観光地なので大阪や奈良、三重からの観光客が多く、車で行くと駐車場に車を停める為に何時間も並ぶ必要があります。

でも、バイクならスイ~ッっと駐輪場に入れます。

 

大阪からだと片道80kmぐらいだったので、シャリー(カブ90エンジン)で行ってみました。友人Sを誘い、彼も通勤用のYBR125でやってきました。

f:id:kokubu_ou:20161029112932j:plain

 

下道をトコトコ走っていこう

私はツーリング時、ナビにはiPhoneでGoogleMapsのナビを起動して、イヤホンを片方にだけ装着して走っています。

スリープ画面にしていても音声でナビをしてくれますよ。

 

原付2種なので高速道路は使用しませんので設定を変更しておきます。

 

目的地を入力して車のマークをタップします。

f:id:kokubu_ou:20161031141401j:plain

 

次に設定ボタンをタップします。

f:id:kokubu_ou:20161031141410j:plain

 

経由オプションの『高速道路を使わない』、『有料道路を使わない』をONにします。

f:id:kokubu_ou:20161031141444j:plain

 

ナビを開始してツーリングスタートです。

ナビは音声だけになるので、あらかじめGoogleマップで予習してから行くのが迷子にならないコツです。

 

要所となる交差点の景色を出発前にストリートビューで見て、目印になるようなものを確認しておきましょう。

 

国道25号線から柏原市を抜けて、国道165号線、奈良方面へ向かいます。

165号線を奈良の葛城まで進んだら、大和高田バイパスに乗ります。

 

バイパスは高速道路ではないので原付でも走行OKです。

原付2種の法定速度60km/hで巡行です。燃費がイイ!

f:id:kokubu_ou:20161029114720j:plain

 

バイパスを終点まで渡り切り、そのまま直進します。

すると、縄手町南というT字路にあたります。ここを左折して、次の信号交差点、縄手町をすぐに右折します。

 

細い道に入りますが、ここもどんどん直進してT字路まで進み、右折します。

右折したら次の信号で左折です。

左折の目印は木材屋さんです。

 

ここからもどんどん直進してT字路まで進み、忍坂東交差点を右折します。

f:id:kokubu_ou:20161029133950j:plain

f:id:kokubu_ou:20161029121326j:plain

 

峠道だけど、カーブは緩め

カーブは緩いですが、勾配がなかなキツいので3速しかないカブエンジンではギアの選択に迷います。

3速では失速・・・2速では回りすぎ・・・

YBR125では特に苦労はなかったそうです。

f:id:kokubu_ou:20161029121543j:plain

 

その後も国道166号線を右へ右へ進み、またT字路である野依交差点まで進み、右折、パチンコ店を右手に見ながら、川を渡る橋が見えたら左折です。

信号が無く、橋も短くて小さいので見落とさないように注意です。

 

県道217号線を進み、県道31号線へ右折。

 

県道218号線に進んだら右折して369号線に入ります。f:id:kokubu_ou:20161029123808j:plain

 

ここまで来たら後は曽爾高原へはほぼ一本道です。

 

 到着しました。

ここは少し手前にあるファームガーデンというところです。売店などがあるので疲れたら食事をとったりコーヒーブレイクしましょう。

バイクの人もいますが多いという印象ではないです。

f:id:kokubu_ou:20161029124437j:plain

 

山登りのつもりをしていきましょう

さらに奥に進むとメインの曽爾高原です。

有料の駐輪場にバイクを止めて歩いていきます。

一面にすすきが広がります。

この日は既にちょっと遅かったのかな??想像よりも普通の草原ですw

f:id:kokubu_ou:20161029125327j:plain

 

道があるので、どんどん歩きます。

ここで注意が必要なのは靴の選択です。

ここには道が敷かれていて、途中までは登坂も階段になっています。ですが、ある程度丘に上がり、どんどん山を上っていくと道が険しくなっていきます(岩場)。ライディングシューズやスニーカーだと歩きにくいです。

ぐるりと順路を一周したい人はトレッキングシューズなどを履いて行きましょう。

f:id:kokubu_ou:20161029125302j:plain

 

広すぎて距離感がわかりにくいですが、そこそこの距離を歩きます。

f:id:kokubu_ou:20161029125847j:plain

 

丘の上まで上がってくると、この見晴らしです。

清々しいです。

f:id:kokubu_ou:20161029125914j:plain

 

この日は手入れの為か山焼きが行われていました。

f:id:kokubu_ou:20161029130129j:plain

 

なんかあっちいなぁ~なんて思っていると

「オーイ!やばいやばい!!」「消化器!消化器もってきって!!」

(;・∀・) まじか!?

風向きが変ると思わぬところまで焼いてしまうようです。

この後無事に消し止められ、大事には至らなかったようです。

f:id:kokubu_ou:20161029130044j:plain

 

進んだ先には

f:id:kokubu_ou:20161029130424j:plain

説得力ないよw

峠を楽しみたい人は御杖周りがおススメ。

秋や春の行楽シーズンはどこへ行っても混んでいますが、バイクなら渋滞の心配もなくて、気軽に行けますよね。

また、近距離でも原付でなら走りごたえがあって楽しいですよ。

初めにもいいましたが、大阪から曽爾高原は近いですし、初心者の方や原付ツーリングにおススメです。

また、中型以上のバイクで峠道が好きなら、御杖の方から回れば峠道も楽しめるので、針インターから御杖に向かい、そこから曽爾高原を目指すというルートも面白いと思いますよ。

よかったら一度行ってみてください。