Ride&Write

ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなど

ちょっとラーメン食べに行ってくる! 豚骨を超えた濃厚豚骨ラーメンまりお流らーめん

f:id:kokubu_ou:20161029172344j:plain

ちょっとラーメン食べにいってくるワ!

私はこう家族に言い残してよく出かけます。

で、今回食べに行ったのは奈良県にあるお店『まりお流らーめん』です。テレビなんかでもよく取材されていてとても有名なお店ですね。

私はラーメン、特に濃厚なラーメンが大好きなのですが、妻も子供も豚骨ラーメンが苦手なので、このお店にはなかなか食べに行くことができていませんでした。

超濃厚な豚骨ラーメン・・・

いったいどんな味がするのだろう?

とても気になっていました。

そんな中、LINEで「今からまりお流に行きまーす。一緒に来る人は集合でーす。」とのメッセージが!!こりゃあ行くしかないでしょう。

即返事して集合場所へGo!です。

深夜のラーメン暴走

思った以上の台数が集まりましたwww

f:id:kokubu_ou:20161029231630j:plain

写真以外の方もいて合計で15台ほどになりましたw

初めてお会いする方も多く、お名前を把握しきれませんでした。

まぁ一緒に走ればみんな仲間さっ!

これだけの大排気量車が夜中に列をなして走っていると暴走族よりも迫力がありました。もちろん交通ルール、マナーは守って走行しましたよっ。

お店には1時間ほどで到着しました。

到着したのは確か夜中の10:30~11:00頃だったと思いますが、この時間でもお店の前は行列です。

入るのに1時間ぐらい待ちました。

まりお流らーめんは深夜1:30まで営業しているそうです。

f:id:kokubu_ou:20161029232229j:plain

 

待っている間もお店からは豚骨の匂いが漂ってきます。

麺の茹でる匂いがするお店は珍しくありませんが、豚骨の匂いがするお店はこのお店ぐらいでしょう。

f:id:kokubu_ou:20161029232731j:plain

いよいよ入店

結局全員が一気に入ることはできず、5~6人ずつ入ることになりました。

見ての通り、そんなに広い店舗ではありません。

f:id:kokubu_ou:20161029235100j:plain

 

手前に座敷の席もあり、私たちはそちらへ通されました。

壁一面にメニューが貼ってあります。

富士山、チョモランマ・・・

このお店はラーメンの濃さを山の高さに例えてメニューにしています。今は『オリンポス』というのが最濃厚のようですが、私達が行ったときにはチョモランマが最濃厚でした。

f:id:kokubu_ou:20161029235308j:plain

まりお流最高峰チョモランマ

一緒に行ったメンバーの中にはこのお店に来たことがある方が何人かいて、「あまりに濃すぎて翌日お腹の調子が悪くなった。」という方もいました。

そんなエピソードにビビりつつも、もう一つビビったのは価格です。壁のメニューをよく見てください。ラーメン屋さんの価格帯ではありません。

うーんいろいろ迷ってしまうな・・・

えーい!

せっかく来たんだから最高峰を目指そう!

チョモランマ。

トッピングはプレミアムで!

あ~注文しちゃったよw

価格は¥3,200(税抜き)

居酒屋で1杯やれますwww

チョモランマは作るのに時間がかかるようで、先に正面に座ったTさんのラーメンがきました。Tさんが注文したのは『まりお煮干し醤油』濃度5です。

f:id:kokubu_ou:20161030000848j:plain

おおー

うまそうー

そしてしばらくするとやってきました!チョモランマ!

見てください。

割りばしが立ちました!

f:id:kokubu_ou:20161030001104j:plain

壁面についたスープもおかしいです。濃すぎてへばりついてます。

このチョモランマは豚骨と鶏ガラ、肉、背油などだけを使用し、野菜やでんぷんなどを使用せずとろみを出したスープのラーメン『富士山(濃度20)』になぜか粉チーズを加えた逸品です。

濃度は25とありました。すなわち目の前のTさんが注文したラーメンの5倍濃度スープです。

 

プレミアムを選ぶと麺が黒小麦仕様になるらしく、見た目は日本そばのようです。

f:id:kokubu_ou:20161030002141j:plain

 

そしてひと口すすると・・・

熱い!めちゃくちゃ熱い!!

 

このラーメンあまりに濃厚すぎるために水面に油膜ができてフタのようになっており、全然冷めません。

 

味の感想ですか?うーん・・・

とにかく濃い。

そしてチーズが加わることでカルボナーラのような味になって

ラーメンを食べている感じがしないです。

 

いつもはスープを最後まで飲み干す私ですがさすがにこのスープは残しました。

f:id:kokubu_ou:20161030002608j:plain

うーむ¥3,200(税抜き)の価値はあったのだろうか・・・?

おそらく同じ値段を出してイタリアンレストランでカルボナーラを注文した方が美味しかったのかもしれないなw

 

帰りは現地で自由解散しました。

 

帰った私は喉がカラッカラだったので、サッパリするためにもウーロン茶沸かして何杯も飲んだのでした。

お腹は大丈夫でした。

f:id:kokubu_ou:20161030003131j:plain