Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

グロムのオイル交換は超簡単だから初心者でも挑戦してみてください

ジョージマンです。

 

我が通勤スペシャル・シャリーが原因不明のエンジン不動となってしまったので、友人に相談したところ、

新車で買ったグロムが1年間盆栽として育てられ、走行していないという事で慣らし運転完了を兼ねて長期的に借りることができました。

 

>>バイクブログランキング参加中!

 

f:id:kokubu_ou:20161113000259j:plain

 

慣らし運転完了

そんなこんなで慣らし運転1000kmが終わったのでオイル交換をしました。

オイル交換シテヤンヨ。

f:id:kokubu_ou:20161112233706j:plain

 

オイル交換はとっても簡単な作業なので初心者ライダーの方には是非挑戦してもらいたいのでご紹介します。

 

まずはオイルの種類です。

これは悩む人が多いです。

なぜかというとオイルは宗教なので、人それぞれです。

ただ、経験則や色々な意見からの共通点がありますのでざっくり説明します。

f:id:kokubu_ou:20161112233955j:plain

 

グロムにオススメのオイルは?

間違いないのはメーカー指定オイルです。

グロム場合はHONDA ULTRA G1 です。

鉱物油です。

 

オイルには鉱物油と化学合成油があります。

化学合成油の方が普通価格も高いですし、レンジ(10W-40などの数値)が広いので良いオイルに思えますが、一概にそうとはいえません。

 

バイクによって向き、不向きがあります。

基本としては

空冷バイクなら鉱物油、または半化学合成油

水冷バイクなら化学合成油

と覚えておいて間違いではないです。

 

本当にざっくりですが、説明しますと鉱物油は粒子が大きいオイル。

化学合成油は粒子の小さいオイル。

 

空冷エンジンは水冷エンジンに比べて熱が大きくなるのでそれを想定して、エンジンの中の各所クリアランス(隙間)が大きめに作られています。

その為粒子の細かい化学合成油を使用するとその隙間を通って入ってはいけない部分、例えばガソリンが燃える燃焼室に入っていってしまいます。

 

オイルが燃焼室に入るとオイルが一緒に燃えて燃焼室に燃えカスがたまったり、マフラーから白煙が出たります。

 

なので空冷エンジンには鉱物油を使用するようにしましょう。

写真のULTRA G2は半化学合成油です。

改造してノーマル以上にエンジン回転数を回すような場合はこれぐらいがイイ感じだと私は考えています。

今回はG1の方を使います。GROMはオイル交換の場合0.9L使用となっていますので1.0L缶1本で足ります。

f:id:kokubu_ou:20161113001338j:plain

 

オイル交換作業開始

では早速開始しましょう。

まずはオイルを抜きます。

写真に見えるエンジン下のボルトがエンジンオイルを抜くボルトです。

ドレンボルトといいます。

f:id:kokubu_ou:20161113000543j:plain

 

工具は17mmメガネレンチです。

f:id:kokubu_ou:20161113000651j:plain

ある程度まで緩めたら、後は手で回せるぐらいにまでしておきましょう。

エンジンがあったまっている場合はメカニックグローブをつけて作業しましょう。

軍手はオイルがしみてくるのであまりお勧めではありません。

 

このグロムはマフラーが交換されていますので、そのままボルトを抜くとマフラーがオイルまみれになって後が大変です。

なのでオイルを逃がすバイパスを作ります。

厚紙で十分ですので、今回はティッシュの空き箱を切って使用します。

f:id:kokubu_ou:20161113001044j:plain

 

こんな感じでカマしてボルトを手で緩め抜きます。

f:id:kokubu_ou:20161113001117j:plain

 

オイルが勢いよく出てきます。

イイ感じでマフラーを避けて落ちてます。

f:id:kokubu_ou:20161113001235j:plain

 

ある程度オイルが出たら、車体をまっすぐに立てます。

すると、オイルが更に出てきますのでできるだけ抜きましょう。

この時オイルゲージを開けるとオイルの出る速度が速くなります。

ある程度抜いてから開けることをお勧めします。

f:id:kokubu_ou:20161113001627j:plain

 

抜けきったらドレンボルトを締めます。

f:id:kokubu_ou:20161113001700j:plain

 

オイルを入れていきましょう。

この時に慌てるとあふれてしまいますので、落ち着いてゆっくり入れます。

f:id:kokubu_ou:20161113001826j:plain

 

ある程度オイルを入れたら、オイルゲージで確認してきます、先の網の目の部分にオイルがつくところまでオイルを入れます。

レベルゲージを差し込む前にティッシュやキッチンペーパーでオイルを吹きましょう。

この時オイルゲージは締めこまずに車体はまっすぐにしておきます。

f:id:kokubu_ou:20161113002316j:plain

 

ゆっくり差し込んで、ゆっくり引き上げます。

これぐらいがイイ感じです。

f:id:kokubu_ou:20161113002340j:plain

 

マフラーや車体についたオイルはブレーキクリーナーで掃除しておきましょう。

f:id:kokubu_ou:20161113002500j:plain

 

エンジンをかけてしばらく放置、エンジンを切って1分ほどしたらオイルゲージを差し込んで再度確認します。この時ももちろんオイルゲージは締めこまず、車体を待っすぐにします。

ここで問題が無ければオイルゲージを締めこんで作業終了です。

廃油はホームセンターやカー用品店で手に入るの廃油処理パックで捨てるか、オイル缶に入れてガソリンスタンドへもっていき、廃油をお願いしましょう。

 

工具も17mmメガネレンチだけですし、バイクメンテナンスとしては簡単だと思いますので是非チャレンジしてみてください。

 

f:id:kokubu_ou:20170928113110j:plain

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com