読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ride&Write

ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなど

スポンサーリンク

 

最近評判が悪いけど、バイク王に買取り査定しに来てもらった

バイク購入記 PR記事

 

 f:id:kokubu_ou:20170314084742j:plain

 

脳みそをTZR250R SPに占領されまくってるジョージマンですw

 

2ストが欲しい!

買うならメーカーから部品供給のあるNSR250Rだろう。

と思って、お店に見に行ったら

TZR250Rも部品供給できることが判明して、選択肢が増えてしまいました。

www.ride-write.com

 

私の2ST車履歴はコチラ▼

www.ride-write.com

 

 

目次

 

 

購入方法の選択肢もいくつか持っておこう

本命のTZR250R SPは148万円+諸費用です。

予算オーバーです。

 

そこで、Z1000を買うときに売ったZX-12Rのことを思い出しました。

 

前に乗っていたZX-12Rは最終的にバイク王で買い取ってもらいました。

 

f:id:kokubu_ou:20170313112614j:plain

 

改造部品の返却という方法

以前、ZX-12Rを売るに当たってはZ1000を購入しようとしていたバイク店2店舗とバイク王とで買取査定をしてもらいました。

 

この時、先にバイク店で下取り見積もりをしてもらってから、バイク王に来てもらったのですが、はじめに提示された金額でも

「おっ?余裕で下取り価格を上回ってる」

と感じたのを覚えています。

 

具体的な値段は忘れてしまいましたが、そこから更に粘って数万円買取査定額を上げてもらい、更に、

 

車両とノーマル部品を渡して、

バイク王の作業で

ノーマルへ戻す。

 

外した改造パーツは宅急便で返却。

 

という対応をしてもらったのです。

その後、パーツはヤフオクで売り払い

更に20万円ほどのお金になりました。

 

こういう時の為に、バイクをカスタムする場合、

ノーマルパーツは必ず保存しておきましょう

 

 

前回は外した改造部品を売ってしまいましたが、

 

改造パーツを売らずに置いておいておけば、

同じ仕様のバイクを再び完成させることは可能です。

 

Z1000は不人気車とはいえ、古くはないので探せばすぐに見つかります。

 

というわけで、売る、売らないは別にしても、

査定してもらい、今でもノーマル戻し作業をやってもらえるのかを聞くことにしました。

 

これができるのなら、Z1000を売ってしまうのも一つの方法です。

 

f:id:kokubu_ou:20170314093556j:plain

 

 

バイクの一括買取査定は時間の無駄だった

最近では車と同じように一括買取査定申し込みサイトがあって、バイク王も含まれていたので、まずはそこから申し込みました。

 

車の場合、大手買い取り専門業者が数社あるので、結構競り合いになって買取価格が上がりやすいです。

 

ところが、バイク買取の場合は

バイク王が独り勝ちのようです。

TVCMやラジオCM流しているのもバイク王だけですもんね・・・

 

4社ほど電話がかかってきたのですが、電話の時点で買取最高額が違いすぎました。

最高額で価格が合わないところは来てもらっても仕方がないので、その時点でお断り。

 

『買取最高額』は、アテになる価格ではありませんが、この時点で希望を下回っていたら来てもらう必要はありませんよね。

 

ノーマル戻し作業をやってもらえるかも電話で確認しましたが

「できない」

「できるけど、その分査定が下がる」

という応えで、

 

「はい、ご対応できますよ」と、

対応できたのは結局、バイク王だけでしたw

 

※ノーマル戻し作業は店舗や申し込み時期によって対応が違うかもしれませんので、都度、確認してくださいね。

 

 

 バイク王は最近、評判悪い?

 一括査定はネットで探したので、行きつくまでに『評判』を見ました。

悪い評判で目立ったのは、

  1. バイク王は買取価格が高くない。
  2. 売ってくれるまで帰らない。しつこい。

この2つです。

 

まず、

『買取価格が高くない』

という評判をしている人の車種を見てみると、

原付や250ccの古いネイキッドが多かったです。

これらは

「安くてあたりまえ」

でしょうw

 

おそらく保管状態も野ざらしや雨がかかる状態と推測します。

 

バイクはむき出し部分が多いので保管状態で劣化状態がかなり左右され、大きく査定額を落としてしまいます。

 

実際バイク店などで査定してもらえば、バイク王を再び呼ぶことになるでしょう。

 

もう一つの

『売ってくれるまで帰らない。しつこい。』

これはちょっとあるかもです。

まぁ商売だから仕方がありませんw

 

でも、売りたくなければはっきり

「帰ってください」と言えば帰ってくれます。

 

 

バイク王でのバイク買取査定5つの攻略法

私はバイク王で何回か査定見積もりをしてもらっているので、パターンは読めましたw

注意する点がいくつかありますので参考にしてみてください。

 

1.査定時間が長い

まず、他の買取会社や店頭査定に比べて査定時間は長いです。

じっくり見ますし、本部に連絡、確認をとりながら査定するのがマニュアルのようです。

余裕をもって2時間くらいはみておいた方が良いでしょう。

途中で根負けして、「もういいや」と、売ってしまわないようにしましょう。

 

2.おいくらぐらいがご希望ですか?

「ちなみに、おいくらぐらいがご希望ですか?」

こう聞かれます。

ですが、ここで下手に価格を安く言ってしまうと、その金額に少々のっければ買い取れるという事になってしまうので注意が必要です。

おススメの返答は

「電話で聞いた最高額が希望額!」

 コレです。向こうが出した金額なのですから、こちらも正当性があります。

 

3.金額が良ければ今日売って頂けますか?

この質問は、はぐらかしましょう。

これは心理術を使った手段です。

ここで「はい」と応えてしまうと、

「今日売ってしまおう」

という心理が無意識に働くので冷静な判断がしにくくなります。

 

4.はじめに提示された金額には応じない

よっぽど忙しくない限り、向こうも『ジャブ打ち』からはじめます。

安く仕入れて、高く売る。

商売なので、できるだけ安く仕入れたいのは当然です。

時間に余裕をもってもちらも粘りましょう。

 

5.担当者と仲良く話しない

担当者にもよりますが、優良な営業マンが多いですw

とても親密に話してくるので、人によっては友達感覚になってしまう人もいるでしょう。

しかし、あまり仲良くなってしまうと、ここでもまた冷静な判断がしにくくなります。

また、「しつこい」と言われるのはこの部分でしょう。

様々な話を持ち出してなかなか帰ってくれません。

初めから「あまり話をしないタイプ」を演出しましょう。

 

 

Z1000売っちゃうの?

今回もバイク王に来てもらい、上記攻略法を実践しました。

結果・・・・

 

ノーマルパーツ戻し作業、改造パーツ返却の条件で

2011年式 走行距離 約15000km の Z1000は

 

f:id:kokubu_ou:20170314092119j:plain

 

65万円(2017年3月時点)

※もちろん買取価格は車体状態や買取時期で変動します。

 

かな~りねばりまくって、この値段が出ましたが、

今回は帰ってもらいましたw

 

買取価格は満足のいく金額でしたが、

 

ツーリングシーズンをTZR250R SP 1台で乗り切るのがどうか?

と言う点で迷いが再び出て、冷静になりました。

 

と、まぁこの通り、

「今は売らない」と言えば、帰ってくれます。

バイク王は評判ほど悪くないですw

 

罪滅ぼしに宣伝しておこうw

もしバイクを売ろうとお考えなら

下記リンクからバイク王へどうぞ

 

もちろん、査定だけしてもらうのもアリです。

はじめに「査定のみ」と言っておけばコチラも気兼ねせずに済みますよ。

 

▼宣伝です▼

あなたもバイク王に
>>査定を申し込む<<

 

 

なぜ思いとどまっているのか?

なぜこんなに2ストが欲しいと言っているのに踏み切れないのか?

理由はいろいろありますが、一番の悩みどころは

『2ストはオールマイティなバイクではない。』

という点です。

 

1人で山へ走りに行く分には最高でしょう。

 

しかし、

 

2サイクルバイクはツーリングには全く向いていません。

航続距離は短いですし、オイルをまきながら走るので、ポジションは常に最後尾ですw

物理的な意味でも心理的な意味でも

煙たがられますw

 

なので、基本的には乗り換えではなく、買い足しが理想なのです。

うーん、Z1000を売らずにお金を作る方法が他にないものか・・・

 

 

なんて考えながら家を掃除してたら、棚の上から

 

こんなもん出てきました

 

f:id:kokubu_ou:20170313142723j:plain

 

(;・∀・) ドウシヨウ・・・

 

続く・・・

 

 

■最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

この記事が面白い、役に立ったと思ったら

『読者登録』『はてなブックマーク』をお願いします。

 

 にほんブログ村 バイクブログへ

 

■車のブログもやってますので是非見てください。

f:id:kokubu_ou:20161108150514j:plain