Ride&Write

ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなど

予算4000円で壁掛け収納 簡単DIYでコンクリート壁に木の柱設置

ジョージマンです。

 

私の父は畑や林を手入れするのに農機具を使います。

あまり使わない道具は農具小屋に収納してあるのですが、

よく使う道具はガレージの入り口付近に無造作に置いてあります。

 

みかねて、壁にたてかけるのですが、

どうも雑然としているし、

スペースを無駄にしているような気がします。

 

f:id:kokubu_ou:20170323113736j:plain

 

目次

 

 

スタンド設置で倒れにくいようにしよう

父がよく使う農具は棒状の道具です。

これを床に転がしておくと、スペースをとりますし、

なにより見た目が悪いです。

 

f:id:kokubu_ou:20170323113713j:plain

 

壁にたてかけると不安定なので、

倒れてバイクや車に傷がつく可能性があります。

 

そこではじめに思いついたのは、傘立てです。 

 

ただ、農具は先端を上にして立てると重量があるので、

普通の傘立てでは倒れてしまいそうです。

 

そこで専用の物がないかと探してみると、ありました。

 

>ガーデニング 収納 ガーデンツールラック ~R~

価格:2,980円
(2017/3/23 10:47時点)
感想(15件)

 「価格も手ごろだし、これでいいや」

 

と妻に購入許可を申請。

 

「余計にスペースとらない?見た目も良くない。」

 

ごもっとも。

却下ですw

 

 

農具など大きな道具は壁につるすもの

ネットで検索してみると、ガレージでの道具収納は

壁収納

これが多かったです。

 

f:id:kokubu_ou:20170323095836j:plain

 

壁にひっかけたり、つるす収納方法です。

 

要は壁にフックや棚を取り付ければ、きれいに片付くのです。

 

ところが、我が家のガレージは半地下になっていて、

壁は全てコンクリートです。

 

f:id:kokubu_ou:20170323103818j:plain

 

コンクリート壁でも、振動ドリルで穴をあけて、

アンカーを取り付け、

フックなどを設置することは可能です。

アンカーを利用して柱や壁を設置することも可能でしょう。

 

でも、振動ドリルなんて持っていないので購入が必要ですし、

 

失敗して壁が割れたりしたら取り返しがつきません。

 

f:id:kokubu_ou:20170323104306j:plain

 

プロに頼むとなると、ある程度金額もかかると思われます。

 

つるすタイプの農具収納棚も見つけましたが、中途半端に高額ですし、

足があるがあるので、省スペースにはつながりません。

 

>農具収納棚 MRN-18C スチール棚 豪力君【smtb-ms】

価格:30,900円
(2017/3/23 10:49時点)
感想(6件)

 

道具なしで木の柱が立てられる?

数日間、いろいろ悩みながら、

なにか良い器具はないものかと探していると、

 

『この商品を見た後に買っているのは?』に

 アマゾンからすばらしい提案がありました。

 

コレです、2×4アジャスター

2×4木材を突っ張り棒にしてしまう商品です

 

 

 

アマゾンすげぇ!!

この提案力は驚きましたw

 

しっかりとした地面と天井があれば、コレでどこにでも木の柱が立てられます。

柱を立てられれば棚や壁を作ることも可能です。

 

さっそく2セット購入しました。

 

 

買い足したもの

まずは2×4の木材を買いに行きます。

2×4材は通常、38mm×89mmの寸法に加工された木材です。

商品の箱にも説明が書かれています。

 

f:id:kokubu_ou:20170323112808j:plain

 

ガレージの高さをメジャーで図り、

商品箱の説明通り、

95mm短いものを用意します。

 

我が家のガレージの高さは 222cm = 2220mm だったので

 

2220mm - 95mm = 2125mm(212.5cm)

 

近所のホームセンターで、このサイズの木材を用意します。

 

ありました。

2440mmの長さで

¥480/1本

安い!!

f:id:kokubu_ou:20170323113934j:plain

 

今回はつるす為のフックを設置したいだけなので、

横にも棒が1本あれば十分。

横棒も2×4材にします。

 

1820mmは特価品で

¥298/1本

激安です

f:id:kokubu_ou:20170323114355j:plain

 

購入したホーセンターではカットサービスもしてくれるので、

2440mmの2本を21250mmにカットしてもらいました。

 

あとは木ねじと真鍮フックを購入しました。

 

f:id:kokubu_ou:20170323114746j:plain

 

f:id:kokubu_ou:20170323114800j:plain

 

 

取り付け作業

早速2×4材を持って帰って作業します。

ホントに工具不要。

 

スパッとハメてダイヤルを回すだけです。

中にはバネが仕組まれているので、ゆるみ止めもバッチリです。

 

f:id:kokubu_ou:20170323115112j:plain

 

ハイ、立ちました。

 

f:id:kokubu_ou:20170323115245j:plain

 

次に横棒の取り付けです。

木ねじはそのままグイグイ回すとしんどいので、普通ドライバードリルを使用します。

しかし、私は普段木工細工をしないので、ドライバードリルを持っていません。

 

そこで、

普通のドリルを使って、

あらかじめ、木ねじよりも少し小さい径で穴を掘ります。

 

鉛筆でケガキを入れてポンチ!

 

f:id:kokubu_ou:20170323115737j:plain

 

 

ちゅい~ん

 

f:id:kokubu_ou:20170323115808j:plain

 

 

横棒にも

ちゅちゅい~ん

 

f:id:kokubu_ou:20170323115909j:plain

 

 

左右の水平を確認、鉛筆で印をうちながら、

両端の柱に穴をあけます。

 

f:id:kokubu_ou:20170323120038j:plain

 

 

穴が掘ってあればどんな長い木ねじでもドライバーで締めていけます。

木材が割れてしまうリスクも下がりますね。

 

f:id:kokubu_ou:20170323120146j:plain

 

 

フックを取り付けます。

無造作に付けず、等間隔で付けると美しいです。

f:id:kokubu_ou:20170323120509j:plain

 

 

シャベルをかける部分だけはフックをペンチで伸ばしました。

 

f:id:kokubu_ou:20170323120549j:plain

 

 

ピッタリw

 

f:id:kokubu_ou:20170323120609j:plain

 

 

農具をつるすのは正解だった

 

完成です

我ながらよくできた (*´Д`)

 

f:id:kokubu_ou:20170323120636j:plain

 

 

道具をつるすことで整理され、きれいになりましたし、

下に自転車を置くスペースが出来ました。

 

f:id:kokubu_ou:20170323120822j:plain

 

今回かかった費用は木ねじやフックを合わせても

 

約¥4,000

 

壁を取り付けたければ、この2本の柱をバックに

コンパネ板を張れば格安で壁が製作可能です。

 

賃貸マンションや、アパートで部屋の壁に穴があけられないなんて人にもおススメです。

 

ぜひ皆さんも使ってみてください。

 

 

 

【関連記事】

www.ride-write.com

 

www.ride-write.com