読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ride&Write

ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなど

スポンサーリンク

 

カタナで高額買い取り査定に出す時もバイクや車の買い取り査定とコツは同じ

ジョージマンです。

カタナといってもスズキ カタナではなく、日本刀ですw

 

 

 

新車のNSR250Rがヤフオクで売られていることに刺激を受け、NSRを中古車ショップに見に行くと、昔乗っていた同じ年式、グレードのTZR250R SPが見つかったりして、とにかく2ストのバイクが欲しいという感情が日に日に強くなっていました。

 

前回まで記事はコチラです▼

www.ride-write.com

www.ride-write.com

 

 

目次

 

リッターバイク並みに価格の跳ね上がった2サイクルエンジンのバイクを買うべく、何かお金を作る方法はないものか?

と考えながら、

最近譲り受けた『祖父が昔使っていた部屋』を掃除してたら・・・

 

日本刀が3本出てきました。

 

f:id:kokubu_ou:20170313142723j:plain

 

 

日本刀を高く売るコツもバイクや車と同じ

本棚の上に無造作に置かれていた日本刀。

少し錆が浮き始めていました。

 

日本刀の所有には特に資格などは必要ありませんが、

銃刀法に基づいた都道府県の教育委員会への登録が必要です。

大阪府/銃砲刀剣類登録のご案内

 

登録証がすでについている場合は手続きは不要な様で、刀を売却する場合はこの登録証と一緒に引き渡します。

 

ウチから出てきたものは鞘に巻き付けてありました。

 

ちなみに刀の数え方は

  • 振(ふり)
  • 腰(こし)
  • 口(くち)
  • 剣(けん)
  • 刀(とう)

 

などなど色々あるみたいです。

私は日本刀にはこだわりがないので本で通しますw 

 

f:id:kokubu_ou:20170416235942j:plain

f:id:kokubu_ou:20170416235953j:plain

f:id:kokubu_ou:20170417000005j:plain

 

3本のうち2本は飾りっ気のないシンプルな鞘(さや)に収まっています。

軽く調べてみたところ、

これは白鞘(しらさや)というもので、保管用の鞘なんだそうです。

この白鞘に収めておく方が保存状態が良いそうです。

 

そして銃刀法上での区分では60cm以上の物が『刀』

それよりも短いものが『わきざし』になります。

 

今回出てきたのは『刀』1本『わきざし』2本でしたが

わきざしのうち1本は59.9mmとギリギリ『わきざし』

 

もう1本は査定してもらってわかったのですが、『なぎなたの歯』だった様です。

 

この日本刀達・・・

全く価格相場がわかりませんw

 

おそらく祖父が購入したものなんだそうですが、買値もわかりません。

(家族で刀の存在を誰一人知らなかった)

 

日本刀に興味がある者も家族にはおらず、誰も手入れができないので錆びていけば価値が下がる一方です。

子供が見つけて振り回しても危ないので、

とりあえず売却しようということになりました。

 

こういう場合、できるだけ高く売ろうと考えるなら、バイクや車と同じです。

2社以上の見積もりを取ることが必要です。

 

 

ユル~い?骨董品業界

まず、日本刀にも一括査定のようなものがないか調べてみましたが、ありませんでした。

いろいろ詳しい、くるまる(id:kinda_ou)さんにも聞いてみましたが、

さすがに知らないと言われてしまいました。

www.xn--u9j447x39aexi.com

 

仕方なくインターネットで検索してみると、どうやら日本刀には『骨董品買取の中で日本刀も買取可能』な店と『日本刀専門に買い取る店』の2パターンがあるようでした。

 

そして、日本刀を持ち歩くのも物騒なので出張買取ができるお店を3件ほどピックアップしました。

 

まずは骨董品屋さん2件です。

WEBの入力フォームがあったので早速入力。

2社とも写真が遅れるので、日本刀と登録証の写真を送りました。

 

バイクや車のように我先にと電話がかかってくるだろうと思いましたが、

 

かかってこない・・・

 

翌日、やっと1社から電話がありました。

ココではA社しましょう。

早速出張査定の日どりを決めます。

 

・・・なんと5日後のアポです。

 

バイク、車の買取業界では考えられませんね。

しかも、

「15時から16時の間に行きます」

となんだかユルいです。

 

もう1社(B社とします)は一向に電話がかかってこないので、何か入力ミスしたかな?とWEBページを確認してみると、

 

「送信後24時間経っても電話がない場合は電話で確認をお願いします」

 

ウーム・・・先が思いやられます。

 

しかし、比較なしでは日本刀の価値は全くわからないので電話しました。

 

「メール届いてませんよ」

ここでもちょっとイラっと来ましたが、とにかく出張査定に来てほしい旨を伝えます。

「もう一度写真のデータ容量を20M以下にして送ってもらえませんか?」

アポを取ってもらえません・・・

 

すでに20M以下でしたが、10以下にして再送。

再度電話。

「届きませんね~」

「LINE@もあるのでそちらでお願いします~」

 

写真を見るまではテコでも動かないようです・・・

 

LINEで写真送付後数分で電話がかかりました。

「3本で10万円行くか行かないかぐらいですね。正直日本刀はコレクターが減ってるんで高く売れないです」

 

まぁ、とにかく基準はここで出ました。

比較して売りたいことを伝えて、B社にはA社の査定後に来てもらうことにしました。

 

 

A社査定の当日

15時~16時。

かなり約束には余裕があります。

15時、来ない。

15時30分、来ない。

16時

来ない。

 

もうこの時点で査定してもらう気はありません。

 

16時10分ぐらいに到着した若い査定士(?)は到着前に遅れる旨の電話もなく、到着後も謝る気配はありません。

 

さすがの私も

「約束の時間はとっくに過ぎた。帰れ!」
( ・`д・´)

 

こうなっちゃいました。

 

 

日本刀専門店のC社

仕方がないので、B社との見積もり比較するためにもう1社ピックアップしていたところへ急いで電話をかけます。

 

コチラは日本刀専門店で、電話に出たのも店主。

イイ感じに歳をとった人が対応してくれました。

 

まぁ、このC社も

「急用ができたから、今日はごめんなさい」

といった具合でしたが、こまめに電話してきたので我慢できました。

 

うーんユルい業界だ・・・

 

査定当日

『いかにも』な感じの方が来られました。

 

f:id:kokubu_ou:20170417000947j:plain

 

手早く査定が進められます。

刀の価値が低いのか手袋とかしないんですねw

 

f:id:kokubu_ou:20170417001011j:plain

 

1本はどうやら柄に合わせて、過去に切断されたものなのだそうです。

 

f:id:kokubu_ou:20170417001023j:plain

 

査定が終わって、店主の出した値段は

20万円でどうでしょうか?

 

10万いくかどうかわからないと言われた日本刀が

イッキに倍額になりましたw

 

たぶんここで、

「他でも20万だったので1割のせて22万にしてください」

と言っていたら22万になっていたとは思います。

 

しかし、それまでの骨董品屋とのやり取りで疲れてしまっていたのと、知識のない私にも丁寧に説明をしてくれたので「もう、お願いしちゃおう」と思いました。 

 

C社の店主に買取をお願いして、B社には断りの電話をいれました。

 

契約書や領収書の取り交わしもなく、お財布からポンッと20万円手渡しでしたw

 

最後までユルいなw

 

 

 やはり複数査定は必要

今回、日本刀の売却を通して思ったのは、やはり

 

複数買取査定は必ずすべき

 

だということです。

そして、価格だけではなくC社のように「この人に買い取ってもらいたいな」と思えるような人に売った方が、気分がいいに決まってます。

 

車の乗り換えや売却時には下記の記事を参考にしてみてください▼

www.xn--ihq5po14ehz4a.com

 

結局、日本刀はあまり期待していませんでしたが、たいした金額にはなりませんでした。

万が一100万を超えるようなら1割程度、2ストバイクを買う資金に当てさせてもらおう。

なんて思っていましたが、20万円全てを家族に渡しました。

 

 

でも・・・

 

 

念願の『2サイクルエンジンのバイク 』

 

 

このバイクを手にいれることができました。

 

 

NSR250R SE (MC28)

最終型片持ちリアサスペンション『プロアーム』が付いたNSRです。

 

 

f:id:kokubu_ou:20170417001454j:plain

 

▼続く・・・

www.ride-write.com

www.ride-write.com