Ride&Write

ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなど

NSR250R オイルポンプ調整と弱点のオイルポンプシールを交換

f:id:kokubu_ou:20170602195815j:plain

 

ジョージマンです。

 

 NSRを乗り始めて、 

エンジンオイルの減りが早すぎないか??

というのがずっと気になっていました。

www.ride-write.com

 

調べてみると普通はフルタンクで1000kmほどは警告灯がつかないとの事。

私のNSR250Rは1000kmなんて全然です。

600~700kmぐらいでなくなってしまっています。

 

考えられる原因としては

  1. オイルポンプが開きすぎている?
  2. オイルポンプシールの抜け落ち?
  3. アクセルの開けすぎ?

これらが考えられます。

 

1.オイルポンプが開きすぎている?

オイルポンプというのは2サイクルエンジンの場合エンジンオイルをエンジンの吸入口に流す装置です。

流されたオイルはガソリンと空気が混じった混合気と一緒にエンジンの中へ送り込まれます。

 

NSR250Rのオイルポンプはアクセルワイヤーと連動しており、アクセルを大きく開ければ多くのエンジンオイルが流れるようになっています。

 

つまり、アクセルワイヤーとの連動が上手くいっていないと、オイルポンプが開きすぎていたり、逆に開かなすぎていたりする場合があるのです。

 

このオイルポンプ調整はオイル粘度やチューニングによってはワザと標準からズラす人も多いので、中古バイクの場合は一度チェックしておくのが良いでしょう。

 

私のNSR250Rはホンダの指定オイル HONDA GR2を使用していますので、標準位置に合わせたいと思います。

 

まずはサイドカウルとガソリンタンクを外します。

シートカウルは外さなくても大丈夫ですが、なんとなく外しましたw

f:id:kokubu_ou:20170602153942j:plain

 

次に、エアクリーナーも外します。

キャブ側に接続ゴムが硬くなっていて、キャブ側に残ってしまったので、無理に力をかけず、ドライヤーであぶって外しました。

ホットガンでやると熱すぎて変形する場合があるのでヘアドライヤーがオススメです。

f:id:kokubu_ou:20170602154258j:plain

 

再度取り付ける時には

を塗布しておきました。

ゴム系の部品に塗っておくと劣化しにくくなります。

f:id:kokubu_ou:20170602200144j:plain

 

オイルポンプ開度の調整はサービスマニュアルに沿って進めます。

ちゃんとヤフオクでサービスマニュアルとパーツリストは買っておきましたよ。

f:id:kokubu_ou:20170602154900j:plain

 

 まずはキャブレターのスロットルバルブにある50%開度マークを確認します。

真ん中あたりの凹みがそれです。

f:id:kokubu_ou:20170602155247j:plain

 

この凹みとキャブの吸気口の上部を合わせたところがアクセル開度50%の位置です。

f:id:kokubu_ou:20170602155456j:plain

 

車体右側にある細いホースの繋がった部品がオイルポンプです。

f:id:kokubu_ou:20170602160850j:plain

 

奥を覗き込むとワイヤーがかかっているのが見えます。

ココの調節ナットでオイルポンプの開閉具合を調整します。

f:id:kokubu_ou:20170602161231j:plain

 

サービスマニュアルによると、アクセル開度50%の状態で

合わせマーク(赤色の部分)が重なれば、標準位置です。

f:id:kokubu_ou:20170602162302j:plain

 

なので、オイルポンプの開度は異常なし。

 

 2.オイルポンプシールの抜け落ち?

なにやら調べていると、NSR250Rは初期型MC16~最終型のMC28まで共通する持病があるようです。

それが、オイルポンプ内のシール抜け落ちです。

 

オイルの消費量が多くなったり、ミッションオイルの中にオイルが流れ込んでミッションオイルがあふれるというのが症状だそうです。

 

そのまま放置するとオイルがまわらなくなるので

エンジンが焼きつきます 

 

NSR250Rのミッションオイルは全容量で0.8Lしかないので、ココにオイルが流れ込むとすぐにあふれます。

 

ミッションオイルのゲージを開けて見ますが、あふれていませんし、適正値でした。

オイルゲージちっちゃ!w

f:id:kokubu_ou:20170602163636j:plain

 

こうなると、オイルポンプを外してみるまでわかりません。

 

オイルポンプのシールは純正パーツとしては設定が無く、本来はオイルポンプ本体ごとの交換となり、当時のパーツリストで確認すると1万円以上の価格がついています。

 

しかし、そこは

T2 Racing ガスケット オイルポンプシールキットという商品が発売されていて、オイルシールのみ交換することも可能になっています。


また、ヤフオクでもたくさんオイルシールを売っている人がいます。

もっと安いものがないかな~?

なんて探していると

 

脱落防止カラー&シールセット

なる商品を発見!

¥3500と決して安くないですが、即決!

 

オイルポンプのシールが抜け落ちるとエンジンの焼き付にも繋がりますので、この不安を払拭するためなら安いものです。

f:id:kokubu_ou:20170602184622j:plain

 

早速取り付けましょう。

まずはアンダーカウルをはずして~

f:id:kokubu_ou:20170602185132j:plain

 

リアサスのサブタンクはずして~

f:id:kokubu_ou:20170602185214j:plain

 

オイルポンプのまわりにウェスをひきます。

これをやっておかないとオイルまみれになります。

f:id:kokubu_ou:20170602185909j:plain

 

オイルのホースを抜いたら、オイルが出っぱなしになるので、ボルトでふさぎましょう。

シートとタンクをとめているボルトがピッタリです。

f:id:kokubu_ou:20170602190005j:plain

 

次にオイルポンプを止めている8mm頭のボルトを二本抜いてオイルポンプを引き抜けばオイルポンプが外れます。

 

シールは脱落してませんでしたwww

 

まぁ、転ばぬ先のオイルシール交換です。

 

f:id:kokubu_ou:20170602190250j:plain

 

シャフトをひっこ抜いたらシールが見えるので交換しましょう。

入れるときは少々硬いので、径の合うソケットレンチなどを使ってまっすぐ入れます。

f:id:kokubu_ou:20170602190732j:plain

 

脱落防止リングを装着してシャフトを軽く時計回りにまわしながら戻します。

f:id:kokubu_ou:20170602193812j:plain

 

オイルポンプを戻したら

エンジンオイルのエア抜きをします。

まずはエンジンオイルのホースをオイルポンプに接続します。

ボルトを引っこ抜いて気泡が出るようならエアが抜けきるまで少し待ちます。

 

次にエア抜きボルトをはずし、ココからもオイルを流します。

気泡が止まるまでエア抜きをしましょう。

f:id:kokubu_ou:20170602194149j:plain

 

オイルポンプを戻して、ボルトでとめたら

混合ガソリンを用意します。

20~50:1の比率で作ります。

点滴用に100均ボトルを使いました。

f:id:kokubu_ou:20170602194323j:plain

 

ガソリンホースにつなぎます。

f:id:kokubu_ou:20170602194334j:plain

 

エンジンをかけたら、オイルポンプを指で動かして全開状態にします。

このまま数分アイドリングさせます。

f:id:kokubu_ou:20170602194411j:plain

 

オイルシールの交換は以上です。

 

3.アクセルの開けすぎ?

オイルポンプの調整不足でもない。

オイルシールも問題ない。

 

となると、回しすぎしか原因はないのかな??

f:id:kokubu_ou:20170602195326j:plain

 

もうちょっとエンジンをいたわって運転してみますw