Ride&Write

ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなど

NSR250R ヤフオク中古チャンバーとRISE ON 強化チャンバーブッシュ、強化クラッチスプリングの交換

ジョージマンです。

エンジンオイルの心配もなくなったところでカスタムをすすめていきたいと思います。

 

やはりMC28型NSR250Rでカスタムしたいのは

チャンバー

でしょう。

 f:id:kokubu_ou:20170610185231j:plain

 

目次

マフラーじゃないの? チャンバーとは 

チャンバーなんて今の若い人は「何じゃそれ?」ってなるでしょう

2ストのバイクは排気管をマフラーとは言いません。

『チャンバー』と言います。

2サイクルエンジンは排気ガスを膨脹室でもう一度シリンダーに送りなおして燃焼圧、燃焼温度を上げるようになっています。

なので、排気管の途中が膨らんでおります。

本来はこの膨らみの部分がチャンバーなのですが、一般的には排気管全体をチャンバーと呼びます。

 

2サイクルエンジンにとってこのチャンバー部分の形状がバイクの出力への影響は大きく、歴代のNSRで最大の馬力規制が効かされ、40馬力にキッチリ抑えられている最大の要因はチャンバーです。

 

ヤフオクで中古チャンバーをゲット

ホントは新品のステンレス製チャンバーが欲しいところですが、高価なのでいったん格安の中古チャンバーをヤフオクでゲットしました。

メーカーは不明です。

 

f:id:kokubu_ou:20170610185434j:plain

 

チョットへっこんでます。

f:id:kokubu_ou:20170610185501j:plain

 

RISE ON製 強化チャンバーブッシュ

今回手に入れたチャンバーはサイレンサー部分をステーなどで固定しないタイプの物でした。

サイレンサーのステーがないと見た目が非常にレーシーになってカッコよいのですが、振動でよくチャンバーが割れます。

 

割れたチャンバーは排気漏れを起こして混合気が薄くなり、エンジンの焼き付きにもつながります。

その対策として、フレーム下のチャンバーブッシュを強化タイプに変更するのが有効です。

 

そこで用意したのが

RISE ON製 強化チャンバーブッシュです。

 

RISEONはJha(城北ホンダオート)で工場長兼レース監督を務めた井場 氏が代表を務める会社なのです。

RISE ONの製品はメーカーから直接購入するのが基本みたいです。

しかし、どうも少人数でレース活動の方も忙しいらしく、メールオーダーしても返信が来ませんでした・・・

 

そこで調べてみるとコチラもNSRでは有名なショップ『 i-factory 』で取り扱いがあって、ホームページから注文出来ました。

i-FACTORY:パーツ NSR250R用

 

f:id:kokubu_ou:20170610190448j:plain

 

ついでに特価になっていた強化クラッチスプリングも購入。

Swift製という点や説明内容がRISE ONと同じなので、同じ商品だと思います。

 

f:id:kokubu_ou:20170610191621j:plain

 

チャンバーブッシュの交換 

チャンバーブッシュの交換には本来専用工具が必要です。

しかし、工夫すれば専用工具が無くても交換も可能なので

 

▼コチラの方のやり方を参考にさせて頂きました。

http://gmw2.web.fc2.com/nsr250r/maint44.htm

 

※本来のやり方ではありませんので、やりたい人は自己責任でやってください。

作業による事故については何の責任も負いません。

 

上記ページを参考に道具を揃えました。

アストロツールで『薄口』の21mmレンチがチャンバーブッシュとちょうど同じ大きさでした。

他にはM8の長ネジやワッシャー、ナット等です。

合計¥657でした。

f:id:kokubu_ou:20170610190122j:plain

 

もう一つ、受け側のソケットを用意します。

手持ちの27mmレンチがぴったりでした。

f:id:kokubu_ou:20170610200403j:plain

 

チャンバーを外して、ステップすぐそばにあるこの黒い部分がチャンバーブッシュです。

f:id:kokubu_ou:20170610195927j:plain

 

写真のようにM8の長ネジをブッシュにさして、レンチ等をかけていきます。

ブッシュは内側から外側へ抜いていきます。

f:id:kokubu_ou:20170610201035j:plain

 

私は内側に使用する薄口21mmレンチの『ソケット差し込み口側』をブッシュにあてて、抜いていきました。

この方がテーパーがかかって自然に中心が出るからです。

f:id:kokubu_ou:20170610201215j:plain

そんなに力は必要ありませんでした。

ちょっとでも固いなと感じたり、違和感がある時は後戻りして確認しましょう。

無理に力をかけてアルミフレームを割ってしまうと取り返しがつきません。

 

外れました。

f:id:kokubu_ou:20170610201913j:plain

 

反対側はカウルステーが邪魔で受け側の27mmレンチが収まらなかったので、もう一つ大きな32mmレンチとナットを足にして作業しました。

f:id:kokubu_ou:20170610202218j:plain

 

次に強化ブッシュを入れます。

ピンの長く出ている方が内側です。

説明書の通り、外側部分だけを押し込んでいくので、でっかいワッシャーで押していきます。

内側は薄口21mmレンチでガイドしつつ、後ろを27mmで支え、ブッシュをまっすぐに締めこんでいきました。

f:id:kokubu_ou:20170610202557j:plain

 

f:id:kokubu_ou:20170610202847j:plain

 

交換完了です。

反対側も同じ要領で取り付けました。

f:id:kokubu_ou:20170610202856j:plain

 

チャンバー取り付け前にミッションオイル交換

ミッションオイルの交換はチャンバーがあると、オイルがかかって面倒なので、ついでに交換します。

思ったよりも汚れていました。

使用オイルは鉱物油の ホンダウルトラ G1 を使用しました。

ミッションオイルは自論ですが、耐衝撃性やミッション内のギアなどのクリアランスを考えても化学合成オイルよりも鉱物油の方が向いていると思います。

f:id:kokubu_ou:20170610203258j:plain

 

強化クラッチスプリングの交換

ついでに買った強化クラッチスプリングも交換します。

チャンバーが入るとパワーアップするのでこの部品は効果的でしょう。

 

カバーを外したら、スプリングをとめているボルトを外します。

クラッチが回転するのでインパクトレンチの方が楽に外せます。

f:id:kokubu_ou:20170610204005j:plain

 

インパクトレンチがない人はメガネレンチをかけてプラスチックハンマー等で叩けば外れると思います。

 

外すと中から赤いスプリングが出てきました。

もしかしてすでに強化スプリング入っていた??

f:id:kokubu_ou:20170610204147j:plain

 

でも並べてみると明らかにスプリングの長さが違いました。

f:id:kokubu_ou:20170610204231j:plain

 

クラッチのプッシュプレートがなんだか汚かったので、軽く研磨しました。

鏡面仕上げにしようかと思いましたが、今後の楽しみに置いておきます。

(本当は途中で面倒くさくなった)

f:id:kokubu_ou:20170610204547j:plain

 

スプリングを取り付けます。

星のマーク(☆)を描くように対角に締めていきます。

締め付けトルクは説明書の通り12N・m

f:id:kokubu_ou:20170610204558j:plain

 

チャンバーをキレイにしよう

中古チャンバーはステンレスじゃない場合だいたい錆びてます。

なのでまずは錆びを落とします。

電動工具などでやるのが良いでしょう。

f:id:kokubu_ou:20170610205638j:plain

 

適用に錆びを落としたら

f:id:kokubu_ou:20170610205702j:plain

 

耐熱スプレーで塗ります。

定番のツヤ消しブラックです。

f:id:kokubu_ou:20170610205743j:plain

 

仮組してみました。

カチアゲタイプじゃなくてカッコ良さそうです。

f:id:kokubu_ou:20170610205941j:plain

 

チャンバーの取り付けと部品の取り寄せ

メーカーがわからないものの、フランジ形状やチャンバーラインがドッグファイトチャンバーと少し似ていたので、DFRのブログを参考に取り付けました。

NSR DFRチャンバー取付手順|DFRスタッフ日記

 

フランジのOリングが傷んでいたので新品に交換したいところです。

どうしようかと思いましたが、楽天で『Oリング総研』というショップを発見。

耐熱のOリングも扱っていて、今後も何かと便利そうなお店です。

サイズを測って新品を手に入れることが出来ました。

 

バイクや車のエンジンによく使われるのは『バイトン』という素材です。

Oリング総研のカテゴリーで『4D』とされているものです。

 

Oリング 4D G-45(4種D G45)桜シールOリング1個

 

f:id:kokubu_ou:20170610210512j:plain

 

ノーマルのガスケットは使用しません。

f:id:kokubu_ou:20170610210237j:plain

 

フランジに液体ガスケットを塗って取り付けます。

f:id:kokubu_ou:20170610210359j:plain

 

f:id:kokubu_ou:20170610211155j:plain

 

スプリングはキタコで同じ長さの物がありました。

f:id:kokubu_ou:20170610211431j:plain

 

遂に装着完了。

 

f:id:kokubu_ou:20170610211710j:plain

f:id:kokubu_ou:20170610211757j:plain

 

うーんアンダーカウルが無いとノスタルジーな気分に浸れるw

でもこのまま走るとライトが揺れまくるし、アッパーカウルが割れるんですよね~

 

 音も大きすぎずイイ感じ

youtu.be

 

少し走ってみましたがパワー感もなかなかでした!

またオイルの減りが早くなりそうですw

 

よし、じゃあアンダーカウルをつけて作業終了だ

f:id:kokubu_ou:20170611093027j:plain

 

・・・あかんがな

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com