Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

GSX250Rも気になる! 最後発は街乗りに最適なSSだった

ジョージマンです。

 

ホンダ、ヤマハ、カワサキと250cc のSSを紹介してきて

スズキだけ紹介しないわけにはいかないでしょう。

 

気になるので調べてみました。

f:id:kokubu_ou:20170707211959j:plain

◆ MMD MODEL:航巡鈴谷改二「艦これ」ファンアートモデル(モデル製作:つみだんご)

>>バイクブログランキング参加中!

 

国内メーカー最後発SSは最弱?

日本の4大オートバイメーカーの中で一番最後にSS250(フルカウル 250cc) を用意したのがスズキです。

最後発でしかもスズキの最高峰SS GSX-R1000をモチーフにした、やる気満々のスタイリングなのでスペックにも期待しましたがヤマハのYZF-R25と比べると・・・

 

GSX250R

最高出力 :24PS / 8,000rpm

最大トルク :2.2kgf・m / 6,500r/min

車体重量:178kg

 

YZF-R25

最高出力 :36PS / 12,000rpm

最大トルク :2.3kgf・m / 10,000r/min

車体重量:166kg

 

最大出力と車体重量に大きな差があります。

名前もよくみると

 

GSX-R250

ではなく

 

GSX250R

GSX-Rシリーズではないという事でしょうか?

 

YZF-R25と比べて車重に12kgも差があるので

ABS標準装備かな?と思いましたが、ABSは付いていません。

 

それどころかABSの設定がありません。

 

しかし、価格は527,040円 [消費税8%含む] (本体価格 488,000円)

と、本体価格は50万円を下まわり、初代Ninja250Rよりも1万円安く

最安値です。 

 

マイルドスーパースポーツ

スズキの公式ホームページを見てみると

アーバンアスリート

という言葉が使われていて、

セールスポイントは

『スタイリング』『扱いやすさ』です。

 

スタイリング

確かにスタイリングを見ていくと、よくできています。

上手くコストを抑えながらもGSX-R1000に似せた H4 一灯ヘッドライト

f:id:kokubu_ou:20170706084737j:plain

写真提供:
スズキ GSX250R 紳士のバイク生活

 

最近のBMWやベンツ、レクサス等の高級車のテールランプでも使われていて、LEDをシリコンチューブに感光させる最新トレンドである

LEDチューブライトテールランプの採用

f:id:kokubu_ou:20170706084910j:plain

f:id:kokubu_ou:20170706085127j:plain

写真提供:
スズキ GSX250R 紳士のバイク生活

 

全体のフォルムもスリムでちゃんとカッコいいです。

f:id:kokubu_ou:20170706085411j:plain

写真提供:
スズキ GSX250R 紳士のバイク生活

 

扱いやすさ

扱いやすさについては、単純に最高出力が低いということもありますが、

ポイントはその最大発生時の回転数と他車種と同レベルの最大トルクの数値です。

f:id:kokubu_ou:20170706101351j:plain

写真提供:
スズキ GSX250R 紳士のバイク生活

 

SS(スーパースポーツ)というと、高回転、高出力のエンジン特性のバイクが多いです。

これはもちろんサーキットや峠道でのスポーツ走行を楽しくするためです。

 

ところが、

「別に速く走りたいとか、そんなんじゃなくて、カッコいいフルカウルのSSバイクに乗りたい。」

 

という人は私のまわりでも実際多いです。

そして、こういう人の多くが

「エンジンの回転数が上がった時の音が怖い。」

という意見を持っています。

 

しかし実は、

高回転型のエンジンの回転数をあまり上げずに走ってみると、バイクは思うように走ってくれません。

 

250ccのような小排気量の場合はなおさらです。

ライテクの話をし出すとかなり長くなりますし、意見がかなり分かれますので、ポイントだけを自論でお話ししますが、後輪にある程度の進む力が掛かっていないと、バイクは倒しやすいですが頭の向き(進行方向)を変えてくれません。

 

倒れているのに曲がってくれない(進んでくれない)。

つまり不安定な状態になりやすいという事です。

 

初心者で運転に慣れていない人やカーブが苦手だという人は、その苦手意識や回転をあげると怖いという意識から余計に曲がりにくくなってしまっていることが多いです。

 

もう一度、GSX250RとYZF-R25のスペックを見比べてみましょう。

 

GSX250R

最高出力 :24PS / 8,000rpm

最大トルク :2.2kgf・m / 6,500r/min

 

YZF-R25

最高出力 :36PS / 12,000rpm

最大トルク :2.3kgf・m / 10,000r/min

 

GSX250Rは最高出力も最大トルクも発生する回転数がかなり低いですよね。

という事は、あまりエンジンを回していない状態でもトルクが上がって、バイクにとって動きがとりやすい状態になっているという事なんです。

 

さらに、低回転から加速力を発生させられるという事は、赤信号からの発進時にもスムーズな発進と交通の流れに乗れる十分な加速が得られるという事です。

 

街乗りやツーリングだけならオススメ

私みたいに峠道を走ったり、高回転エンジンの甲高い排気音が好きだという人はやはりスペック数値を中心にバイク選びをやってしまいます。

 

しかし、バイクの楽しみはそれだけではありません。

燃費も他のSS250と比べて非常に良く、カウルがついているので高速道路を使っての長距離ツーリングなんかも得意なバイクだと思います。

 

普段乗りとツーリングがメインでスタイリングを楽しみたいという人にはオススメのバイクです。

ただ、こういう特性のバイクならABSの設定はして欲しかったなぁw

 

バイク王 バイク買取 バイク査定 バイク売る バイク売却

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com