Ride&Write

ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなど

軽量スパルタンは絶対楽しい Ninja250SLが気になる!

ジョージマンです。

 

気になるSS250(フルカウル 250cc)はまだありました。

 

実はSS250の中ではこれが一番気になるかもしれません。

Ninja250SLです。

f:id:kokubu_ou:20170709162951j:plain

◆ MMD MODEL:神通改二 「艦これ」ファンアートモデル
(モデル作成:cham、モデル改変:ディプスペ☆彡、もずく) 

 

>>【実録】バイクを高く売る5つの攻略法

 

Ninja250SLはなにも説明がなければ、Ninja250の単気筒、廉価版なのかな?と勘違いしてしまいそうですが、そうではありません。

 

もちろん、GSX250Rよりも更に安い

車体価格459,000円 [消費税8%含む] (本体価格425,000円)

は魅力です。

 

高回転型にチューニングされた単気筒エンジン

エンジンはKLX250、DトラッカーX というオフロード、スーパーバイカーズモデルのエンジンをベースにロードスポーツ向きにチューニングされ、最大出力、最大トルクをともに向上させた単気筒250ccエンジン。

 

f:id:kokubu_ou:20170709204005j:plain

写真提供:
Ninja250SL 紳士のバイク生活

 

NINJA250SL

最高出力 :29PS/9,700rpm

最大トルク :2.2kgf・m/8,200rpm

車体重量:149kg

 

DトラッカーX

最高出力 :24PS/9,000rpm

最大トルク :2.1kgf・m/7,000rpm

車体重量:138kg

 

スペックを見比べてみても特に最大トルクの発生回転数が1200rpmも上に設定されています。

 

高回転型にチューンされていて、オフロードバイクの様な低速からグイッと加速するような力強さは感じられず、初心者がより扱いやすい様なエンジン特性ではありません。

 

そういった『扱いやすさ』という点では以前ご紹介したGSX250Rや同じ単気筒250ccであるCBR250R(MC41)の方が勝るでしょう。

 

www.ride-write.com

 

軽いバイクは扱いやすいのか?

スペックの中で際立つのはその車体重量。

 

名前の最後にある『SL』もSuper Light の意味。

 

Ninja250(ABSなしモデル)の車体重量:172kgと比べてみても車体重量:149kgと33kgも軽いです。

 

f:id:kokubu_ou:20170709204025j:plain

写真提供:
Ninja250SL 紳士のバイク生活

 

車体の軽いバイクは重いバイクに比べると、初心者向けバイクと思われがちですが、一概にはそうとも言えません。

 

もちろん街中での渋滞やエンジンを切った状態での移動など、そういったシーンの方は重いバイクに比べれば扱いやすいのですが、いざ走り出すとなると扱いやすさという点で

 

重要なのはトータルバランスです。

 

軽いバイクは車体が軽い分方向転換などの操作がしやすい反面、トラクション(地面を駆る力)が掛からない分コントロールの難しさが出てきます。

 

実際私はZ1000というビッグバイクからNSR250Rとういう軽量バイクに乗り換えましたが、回転数のキープなどコーナーリングでの操作はNSRの方が多く、難しいです。

 

Z1000はコーナーに侵入してからでもアクセルコントロールで修正がききますが、NSRではコーナー進入前にキッチリとブレーキしつつも回転数をキープしていないと思うように曲がってくれません。

 

NSRの場合は2サイクルエンジンという特異なエンジンも相まっているのですが、

 

車体が軽いバイクで高回転型特性のエンジンでは似たような現象が起こりえます。

 

走りを意識した装備

まず、サーキットや峠でスポーツ走行を楽しもうと思う人がまず気になるのは

タイヤです。

 

はっきり言ってバイクの性能はタイヤでがらりと変わりますし、

 

タイヤを変えることでバイクと人との相性も変わります。

 

Ninja250SLに標準装備されているタイヤはダンロップ『TT900J』バイアスタイヤの中では定評のあるハイグリップタイヤTT900GPのメーカー供給版です。

 

f:id:kokubu_ou:20170709204049j:plain

写真提供:
Ninja250SL 紳士のバイク生活

 

TT900GPに比べると、ロングライフ特性となっており、グリップは劣るものの、同クラスのバイクに標準装備されているタイヤよりはハイグリップタイヤです。

 

このタイヤセレクトからみれば、スポーツ走行でコーナリングを楽しむ人向けに設計されたバイクであることは確かです。

 

そして

 

 いろんな人のレビューを見ていると目立つのが

 

ポジションがキツイという意見。

 

ハンドルも低く取り付けられ、足つき性も悪いようです。

 

f:id:kokubu_ou:20170709204142j:plain

 写真提供:
Ninja250SL 紳士のバイク生活

 

ハンドルを低くする意味というのは単純に空気抵抗の削減だといわれています。

ハンドルが低ければ前かがみとなり、自然と空気抵抗が減らされます。

 

最大出力がNinja 250と比べて少ないので、その点を補うためなのか?

 

それともよりスパルタンなNinja に仕上げようとしたのか?

 

どちらかと言えば後者の意味が強いようです。

 

シートも他のSS250に比べて薄く硬いです。

 

f:id:kokubu_ou:20170709204159j:plain

写真提供:
Ninja250SL 紳士のバイク生活

 

薄く硬めに設定されたシートはぶ厚く、柔らかいシートに比べて乗り心地が悪い代わりに着座位置を移動させやすく、コーナーリング中の荷重変更をしやすいです。

 

つまりはどっしりと座りっぱなしという乗り方よりも積極的に着座位置を動かして重心を変える乗り方を想定しているという事になります。

 

90年代のレプリカに近いのはNinja250SL

軽い車体。

ブン回さないと思い通りに走ってくれないエンジン。

更には標準でハイグリップタイヤ採用。

 

これらの言葉を並べてみるとまるで90年代の250ccレーサーレプリカです。

 

f:id:kokubu_ou:20170709204218j:plain

写真提供:
Ninja250SL 紳士のバイク生活

 

50~125ccのライトウェイトスポーツの楽しみ方を知っているベテランライダーであればこのバイクが非常に楽しいバイクであることは、乗らなくてもわかります。

 

決して初心者向けではない、ブン回して乗るタイプのバイクのようです!w

 

Ninja250SLは2017年で生産終了

一部情報によるとNinja250SLの生産は2017年で終了のようです。

2015年に販売開始されてからたった2年。非常に短いです。

 

おそらく、オールマイティな特性が好まれる現代の市場で、かなりスポーツ特性を強めた尖ったキャラクターにしてしまったのが短命の理由でしょう。

 

こういった時代の市場に合わずに短命で消えていくモデルは後になって見直され、『希少車』として価格が上がることもあります。

 

現在は新車価格が安いので中古車価格も非常にリーズナブルです。

 

手に入れたいと思っているのなら、今がNinja250SLの買い時といえるかもしれません。

 

うーん気になる!

 

【乗り換えの時 高くバイクを売る方法】

www.ride-write.com

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com