Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

カムギアトレーンの駆動音が独特 CBR250RR(MC22)が気になる!

ジョージマンです。

 

若い頃、毎週走りに行った夜の埠頭には2サイクル音に混じってモーター音のような独特の甲高いが混じって響き渡っていました。

やはりこのバイクも調べておきたいところです。

CBR250RR(MC22)

f:id:kokubu_ou:20170712103239j:plain

 ◆ MMD MODEL:ぽんぷ長式夕立改二「艦これ」ファンアートモデル(一部改造)

>>【実録】バイク王のお試し査定で最高額を聞き出す方法とは?

 

 モーターのような音は一体なに?

CBR250RRに限らず、同系統のエンジンを搭載する

  • CB250Fジェイド
  • ホーネット

これらのバイクが走り出すと共通して聞こえる

 

ヒュイィーーーーーーーーーーーン! 

 

 

www.youtube.com

 

という、ひょっとしたら

排気音より大きいモーターが駆動するような甲高い音。

それの原因は

カムギアトレーンという独特な技術によるものです。

 

カムギアトレーン

4ストロークエンジンの場合、吸気・排気のバルブを開閉する為にカムシャフトという部品が構成部品としてあります。

このカムシャフトというのはクランク(回転軸)と連動して作動するようになっていて、多くのエンジンはこの連動の為にチェーンやベルトを使用しています。

 

よく聞くカムチェーンとかタイミングベルトというのはこの連結用のチェーンやベルトのことです。

このチェーンやベルトの代わりにギアを利用してクランクと連動させるのが

カムギアトレーン

という技術です。

 

カムギアトレーンは連結部をギアにすることによってチェーンやベルト方式と比べて摩擦抵抗が少なく、高回転時の馬力損失が少ない上にバルブタイミングの精度を高めることも可能です。

また、チェーンの伸びやベルト切れによるリスクも軽減できます。

その反面コストは高く、騒音(ギア鳴り音)が大きいというデメリットを持ちます。

 

迫りくるメカノイズと排気音

CBR250RRも以前ご紹介したZXR250のような

超高回転型エンジンです。

 

CBR250F(MC14)からCBR250R(MC17、MC19)と引き継がれ、CBR250RR(MC22)で更に高回転特性にチューニングされています。

 

タコメーターは21,000rpmまで刻まれ、

18,000rpmだったレッドゾーンは19,000rpmからに変更されています。

f:id:kokubu_ou:20170712080257j:plain

CBR250R ハリケーン(MC17)
CC BY-SA 3.0 ウィキメディア・コモンズ経由

 

 f:id:kokubu_ou:20170712080801j:plain

 CBR250R ハリケーンII(MC19)
CC BY-SA 2.0 CC BY-SA 2.0 ウィキメディア・コモンズ経由

 

ちなみに、

CBR250F(MC14)、CBR250R(MC17)は1986年と1987年のそれぞれ1年間

CBR250R(MC19)は1988~1989年の2年間でモデルチェンジしています。

超短命ですねw

 

そして、そんな不人気バイクは若いころ

f:id:kokubu_ou:20170712091049j:plain

 

ガソリンスタンドでバイトしていたら

社員さんがCBR250R(MC17)くれましたw

 

当時はホント、バイクとかクルマって『無料でもらえる物』だったんです。

捨て猫みたいな『捨てバイク』がウチには4~5台置いてありましたw

 

話をエンジン音に戻しましょう。

このCBRに積まれたエンジンはカムギアトレインの音も大きいですが、超高回転エンジンの為排気音も非常に甲高く大きいです。

 

NSR250RやTZR250Rで走っていてもコーナーでツメられるとカムギアの音や排気音が耳に入ってきます。

 

プッシュされている緊迫感も受けるのですが

特にカムギアトレインの音の方は

 

2ストエンジンが焼きついた時の音にも似ているので

「やっちまったか!?」と思わせる紛らわしい音でした

 

シャーシも豪華装備になったCBR250RR(MC22)

エンジンは基本を継承しつつ、

MC22にフルモデルチェンジしてRR(ダブルアールって呼んでました)と名前にも変化があったCBR250RR。

 

シャーシにもお金がかかっています。

まず外観からすぐわかるのが『ガルアーム』と呼ばれるスイングアーム。

ガルはカモメという意味でへの字型をしたカモメの翼に似ているからですね。

 

4輪のスーパーカーにも『ガルウィングドア』というものがありましたが、ベンツSLのドアがへの字だったことからこう呼ばれていたものがいつの間にか跳ね上げ式のドアを指すようになっています。

 

また、話がそれましたねw

 

このガルアームの目的はマフラー設計の自由度をあげるためです。

同年にモデルチェンジを受けたNSR250Rにも採用されていました。

このガルアームあってこそのエンジン性能の向上といえます。

 

f:id:kokubu_ou:20170712080321j:plain
CC BY-SA 4.0
 ウィキメディア・コモンズ経由

 

そして大幅に変更されたメインフレーム

LCGフレーム:ロー・センター・グラビティ・フレーム

つまり低重心が特徴のフレームです。

 低重心になると何が良いかと言いますと、安定性が増すという事です。

 

私の車のブログでも説明していますが、低重心になれば走りに急激な変化が起りにくく、安定した走りができます。

 

低重心のメリットを説明しています▼

www.xn--ihq5po14ehz4a.com

 

CBR250RR(MC22)まとめ

ここ最近のSS250ブームで再注目され始めたCBR250RR(MC22)。

非常に売れたバイクで中古車のタマ数は多めです。

しかしながらその超高回転型エンジンが発するメカノイズや排気音、そしてパワー。そこに魅力を感じる人も多く、少しづつ価格が上昇しています。

 

当時は女性にも人気があり、エンジンの程度が良いことも多いです。

その反面走り込んだ車体も多く存在するのも事実なので大きな転倒が無いものを探すようにしましょう。

 

簡単なチェック方法としてはハンドルをきってもガソリンタンクやカウルに干渉がないか?

カウルビスがカウルステーにうまく入っていないところはないか?

などです。

 

以上、ヒュイィーーーーーーーーーーーン!が気になる!でしたw

 f:id:kokubu_ou:20170928113110j:plain

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com