Ride&Write

ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなど

オールマイティな12インチスポーツ グロムが気になる!

ジョージマンです。

 

先日、1年近く友人に借りていたグロムを返却しました。

 

新車購入したもののあまり乗る時間がなく、

私が車両コンディション維持の為に乗っていたのですが、

モデルチェンジによって価格が落ちる前に売ってしまう事になったようです。

 

f:id:kokubu_ou:20170714214103j:plain

◆ MMD MODEL:暁「艦これ」ファンアートモデル(モデル作成:エボシ)

 

>>【実録】バイクを高く売る5つの攻略法

 

友人のグロムはマフラーやサスペンション、バックステップ

が変更されたカスタムバイクでした。

 

グロムはこういうカスタムも楽しいバイクです。

 

f:id:kokubu_ou:20170715113244j:plain

 

f:id:kokubu_ou:20170715113654j:plain

 

タイで生まれた12インチスポーツ

f:id:kokubu_ou:20170715113906j:plain

▲マイナーチェンジ前のノーマルはアップマフラーです。

写真提供:

HONDA GROM 放浪の旅

 

グロムはタイホンダで製造が行われる世界市場向けバイクです。

12インチホイールを装着した一般市場向けスポーツバイクなんて

ホンダではNSR50 / 80以来じゃないでしょうか?

 

グロムは日本以外で

『MSX125』という名前で販売されています。

 

MSXと聞いて懐かしいと感じるアラフォー世代の方は多いと思います。

そうです。

あのMSXと商標がぶつかってしまうので、

日本向けには『グロム』という名前がつけられているのです。

 

f:id:kokubu_ou:20170715095124j:plain

▲パナソニック FS-A1WX(MSX2+)

By No machine-readable author provided. Xxmasaxx~commonswiki assumed (based on copyright claims). [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY-SA 2.5-2.0-1.0], via Wikimedia Commons

 

コッチのMSXの話はあまり詳しくないですし、脱線するのでWikipediaをご参照下さい。

MSX - Wikipedia

 

エンジンは『横型』だけど

グロム(MSX125)の話に戻します。

 

グロムのエンジンは

4サイクル空冷単気筒の125エンジン。

燃料噴射はフューエルインジェクション。

 

f:id:kokubu_ou:20170715113727j:plain

写真提供:

HONDA GROM 放浪の旅

 

これまでのホンダの4サイクル原付スポーツバイクは

  • モンキー・ゴリラなどの横型エンジン
  • エイプ、XRなどの縦型エンジン

とシリンダーの向きで大きく二分されていましたが、グロムに搭載されたエンジンはこれまでの横型エンジンとは別物です。

 

モンキー・ゴリラやダックス、シャリーなどに使われてきたエンジンは、

日本のスーパーカブをベースにしたもの。

 

グロムのエンジンはタイで人気の『WAVE125i』

というスーパーカブとスクーターを足して2で割った様なバイクのエンジンがベースになっています。

 

なので、これまでのマフラーやエンジンパーツの流用が効かなくてあまりカスタムできないバイクかな?と発売当初思いました。

 

しかし、冒頭でもお話しした通り、

現在は非常に多くのカスタムパーツが開発されて販売されています。

 

特に生産国のタイではカスタムバイクがブームの様で、

アルミ削りだしパーツを中心としたカスタムパーツがたくさん販売されていて、

日本にも低価格なパーツが入って来ています。

品質も悪くないと私は思いますよ。

 

グロムのインプレ

グロムを1年ほど乗った私の感想としては、

 

良い言い方をすればオールマイティ。

悪い言い方をすれば中途半端w

 

遅くないけど速くない?

特にギア比(二次減速比)です。

ノーマルで走っていると、

「もうちょっと元気よくスタートできないかな?」

「エンジンまわってるのにイマイチスピード出てないな」

と感じることが多かったです。

 

他の方のブログなども拝見していると、

 

グロムでサーキットや峠道など、

スポーツ走行をする人は加速の時のパンチが欲しいので

フロントスプロケをノーマルの15丁から14丁へ交換

 

通勤やツーリング、また最高速度に不満がある人は

フロントスプロケをノーマルの15丁から16丁へ交換

 

 と、スプロケット交換する人が多いです。

フロントスプロケットの交換は下記リンクで見て解る通り、

部品の価格が安く、作業も簡単なのでとてもオススメのカスタムなのですが、

 

グロムの場合はスピードメーターのセンサーがフロントスプロケットの回転数から計測されています。

 

【KITACO[キタコ]】 HONDA[ホンダ] 系 ドライブスプロケット(フロント) 14T (420サイズ)[530-1010214]

価格:1,155円
(2017/7/15 10:43時点)
感想(9件)

>>Amazonでの購入はコチラ

 

スプロケットを交換してしまうとスピードメーターが実際のスピードと異なってしまう為、注意しましょう。

 

リアホイールの回転からスピードを読み取ってスピードメーターを補正する商品も
SP武川から発売されています。

 

SP武川 SPタケガワ その他メーター関連 純正メーター用スピードセンサーキット GROM [グロム] (MSX125)

価格:14,614円
(2017/7/15 10:41時点)
感想(0件)

>>Amazonでの購入はコチラ

 シートが硬い

ノーマルシートが非常に硬いです。

乗り位置を探し出すまでは数十キロでお尻が痛くなってしまいました。

 

私は身長が大きいのでなかなかポジションがとれず、

最終的にはタンデム用のシートベルトを取り外してかなり後ろに座ることになりました。

 

f:id:kokubu_ou:20170715113807j:plain

写真提供:

HONDA GROM 放浪の旅

 

シフトチェンジペダルがグニャグニャ

グロム全体のつくりは悪くないのですが、

なぜかシフトチェンジペダルがグニャグニャで気持ちの良いシフトチェンジができません。

 

これを改善するパーツとして

Gクラフトから『シフトガイド』というパーツが出ています。

これはホント標準装備してもらいたいです。

 

Gクラフト Gcraft 35015 シフトガイド ブラック GROM グロム

価格:8,003円
(2017/7/15 10:56時点)
感想(0件)

まとめ

オールマイティな特性の為、

乗り手を選ばずトコトコよく走るグロム。

ノーマルは街乗りが一番向いているバイクでしょうね。

12インチなので小回りがききます。

 

燃費も非常によく50km/L~60km/L。

最大トルク発生付近の5000rpmをキープして走れば心地よく燃費もすごく伸びました。

 

使い方によってカスタムをしていけば、

ハイグリップタイヤを装着してのサーキット走行も可能になりますし、

ツーリングやちょっと距離のある通勤にも向いていると思います。

 

 

ちなみにモデルチェンジ後グロムの変更点はヘッドライトやマフラー形状、

外装でスペックや基本構造にはほとんど変更はないようです。

 

価格もお手頃なグロム、

記事を書いてたらまた乗りたいな~って思えるバイクです。

う~ん、気になる!

 

【乗り換えの時 高くバイクを売る方法】

www.ride-write.com

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com