Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

Zシリーズの最小モデル Z125 PROが気になる!

ジョージマンです。

 

以前ご紹介したミニモタードバイク『グロム』も気になりますが、Z1000に乗っていたことからも

Z125 PROは気になりますね~

f:id:kokubu_ou:20170717084907j:plain

◆ MMD MODEL:響「艦これ」ファンアートモデル(モデル作成:エボシ)

>>バイクブログランキング参加中!

 

Z125 PROはグロムの対抗馬か?

Z125PROはタイカワサキで生産される125ccの12インチスポーツバイクです。

そう、生産国はグロムと同じタイなんです。

 

タイを中心とした東南アジア小型バイク市場はホンダとカワサキがずっと熱い戦いを続けていますから、後から出たZ125 PROはグロムと対抗馬と思われがちです。

 

私がZ125 PROを初めて目にしたのはカワサキワールド(神戸海洋博物館)の中。

ちょうど新商品として展示されていた時でした。

 

f:id:kokubu_ou:20170717083823j:plain

 

Z125PROを見ながら友人がおもむろに言った

「ホンダ グロムのカワサキバージョンかぁ~」

 

この言葉にZ125 PROを見て行った言葉にカワサキワールドのスタッフが駆け寄ってきます

 

「カワサキには元々KSR110というバイクがあってウチの方が元祖です!」

 

言われてみればそうです。

グロムもZ125PROもKSR110も12インチミニモタードですが

 

デザイン的にKSRはアップタイプのフロントフェンダーや小さなヘッドライトなどオフロード車っぽくて同じジャンルに見えませんでした。

 

f:id:kokubu_ou:20170717084512j:plain

▲KSR110

CC BY-SA 3.0 ウィキメディア・コモンズ経由で

 

ちなみにZ125 PROの『PRO』はこのKSRのころの名残で、KSR110は発売された当初は遠心クラッチを採用したバイクでしたが、カスタムしてハンドクラッチに改造するユーザーも多く、その後ハンドクラッチを標準装備したKSR110 PROが発売されます。

 

Z125も実は遠心クラッチの『Z125』とハンドクラッチの『Z125 PRO』の2種類が存在しますが、日本で正規販売されているのはハンドクラッチタイプのZ125 PROのみです。

 

Z125PROのカスタムはブレーキから

各サイトで、Z125 PROについてインプレッションが書かれていますが、共通しているのが「ブレーキがとにかく効かない」という意見。

 

f:id:kokubu_ou:20170717132842j:plain

写真提供:
Z125 PROのガレージ

 

それもそのはずで、フロントキャリパーは片押しの1POD。

50ccの原付並みです。

 

これはKSR110からそうなのですが、今後のマイナーチェンジとかで是非とも改善してもらいたいところですね。

 

ブレーキパッドでいくらか効きをよくすることは可能だと思いますが、根本的に改善したければキャリパーを2POD以上に変更する必要があります。

 

Gクラフトからブレンボ用のキャリパーサポートが発売されていますので、マフラーや外装部品よりもまずはココにお金をかけた方が良さそうです。

 

G-Craft Gクラフト ジークラフト キャリパーサポート カニブレンボ Z125PRO

価格:5,984円
(2017/7/17 13:35時点)
感想(0件)

Brembo ブレンボ リアブレーキキャリパー 新カニ P2 32 84mm カラー:ゴールド

価格:13,910円
(2017/7/17 13:40時点)
感想(0件)

スタイリングはしっかりストリートファイター『Z』シリーズそのもの

Z125 PROの最大のセールスポイントはそのスタイリングでしょう。

しっかりZシリーズのデザインになっています。

 

中でもエンジン下に備えられたマフラー口のなんてシリーズ中でも最高にカッコイイと思います。 

f:id:kokubu_ou:20170717134432j:plain

写真提供:
Z125 PROのガレージ

 

テールランプはZ800と共通かな?

『Z』をあしらったデザインになっています。

f:id:kokubu_ou:20170717134758j:plain

写真提供:
Z125 PROのガレージ

 

ホイールもちゃんとアルミホイールになっています。

(KSR110の初期はスチールホイール)

 

f:id:kokubu_ou:20170717135007j:plain

写真提供:
Z125 PROのガレージ

 

Z125 PROまとめ

4速ミッションが組み合わされたエンジンンは最高出力9.7PS / 8000rpm、最大トルク0.98kgf・m / 6000rpmでグロムとほとんど同じ。

ただ力強く感じると多く評価されているのはZ125 PROの方です。

 

デザインもしっかりしていて、アルミホイールや倒立フォークなどの装備もバッチリです。

この辺りもグロムと大差はありません。

 

まぁ最終的には

カワサキ党?かホンダ党か?

が一番重要なのかな?

これで選んでも良さそうですw

 

うーん、気になる!

 

バイク王 バイク買取 バイク査定 バイク売る バイク売却

 

【関連記事】

www.ride-write.com