Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

Zシリーズの最小モデル Z125 PROが気になる!

ジョージマンです。

 

以前ご紹介した
ミニモタードバイク

『グロム』

も気になりますが、
Z1000に乗っていたことからも
Z125 PROは気になりますね~

f:id:kokubu_ou:20170717084907j:plain

◆ MMD MODEL:響「艦これ」ファンアートモデル(モデル作成:エボシ)

>>バイク買取査定で高く売る
『5つの攻略法』とは?

 

Z125 PROはグロムの対抗馬か?

Z125PROは
タイカワサキで生産される
125ccの
12インチスポーツバイクです。

 

そう、生産国はグロムと同じ
タイなんです。

 

タイを中心とした
東南アジア小型バイク市場は
ホンダとカワサキが
ずっと熱い戦いを続けていますから、

後から出た
Z125 PROは
グロムと対抗馬と思われがちです。

 

私がZ125 PROを初めて目にしたのは
カワサキワールド(神戸海洋博物館)

ちょうど新商品として
展示されていた時でした。 

f:id:kokubu_ou:20170717083823j:plain

 

Z125PROを見ながら
友人がおもむろに言った

 

「ホンダ グロムのカワサキバージョンかぁ~」

 

友人が
Z125 PROを見て放ったこの言葉に
カワサキワールドのスタッフが
駆け寄ってきます

 

「カワサキには元々KSR110というバイクがあってウチの方が元祖です!」

 

言われてみればそうです。

グロムもZ125PROも
KSR110も
12インチミニモタードです。

 

デザイン的にKSRは
アップタイプのフロントフェンダーや
小さなヘッドライトなど
オフロード車っぽくて
同じジャンルに見えませんでした。

f:id:kokubu_ou:20170717084512j:plain

▲KSR110

CC BY-SA 3.0 ウィキメディア・コモンズ経由で

 

ちなみにZ125 PROの

『PRO』

はこのKSRのころの名残で、
KSR110は発売された当初は
遠心クラッチを採用したバイクでしたが、

カスタムして
ハンドクラッチに改造するユーザーも多く、

その後ハンドクラッチを標準装備した
KSR110 PROが発売されます。

 

Z125も実は遠心クラッチの『Z125』と

ハンドクラッチの『Z125 PRO』

の2種類が存在しますが、
日本で正規販売されているのは
ハンドクラッチタイプの
Z125 PROのみです。

 

Z125PROのカスタムはブレーキから

各サイトで、
Z125 PROについて
インプレッションが書かれていますが、

共通しているのが
「ブレーキがとにかく効かない」
という意見。

f:id:kokubu_ou:20170717132842j:plain

写真提供:
Z125 PROのガレージ

 

それもそのはずで、
フロントキャリパーは片押しの1POD。

50ccの原付並みです。

 

これはKSR110からそうなのですが、
今後のマイナーチェンジとかで
是非とも
改善してもらいたいところですね。

 

ブレーキパッドで
いくらか効きをよくすることは
可能だと思いますが、

根本的に改善したければ
キャリパーを2POD以上に変更する
必要があります。

 

Gクラフトから
ブレンボ用のキャリパーサポートが
発売されていますので、

マフラーや外装部品よりも
まずはココに
お金をかけた方が良さそうです。

 

G-Craft Gクラフト ジークラフト キャリパーサポート カニブレンボ Z125PRO

価格:5,984円
(2017/7/17 13:35時点)
感想(0件)

Brembo ブレンボ リアブレーキキャリパー 新カニ P2 32 84mm カラー:ゴールド

価格:13,910円
(2017/7/17 13:40時点)
感想(0件)

スタイリングはしっかりストリートファイター『Z』シリーズそのもの

Z125 PROの
最大セールスポイントは
そのスタイリングでしょう。

しっかりZシリーズの
デザインになっています。

 

中でもエンジン下に備えられた
マフラー口のなんて
シリーズ中でも
最高にカッコイイと思います。 

f:id:kokubu_ou:20170717134432j:plain

写真提供:
Z125 PROのガレージ

 

テールランプはZ800と共通かな?
『Z』をあしらったデザインに
なっています。

f:id:kokubu_ou:20170717134758j:plain

写真提供:
Z125 PROのガレージ

 

ホイールもちゃんと
アルミホイールになっています。
(KSR110の初期はスチールホイール)

f:id:kokubu_ou:20170717135007j:plain

写真提供:
Z125 PROのガレージ

 

Z125 PROまとめ

4速ミッションが組み合わされた
エンジンンは

最高出力9.7PS / 8000rpm

最大トルク0.98kgf・m / 6000rpm

でグロムとほとんど同じ。

ただ力強く感じると
多く評価されているのは
Z125 PROの方です。

 

デザインもしっかりしていて、
アルミホイールや
倒立フォークなどの装備もバッチリです。

この辺りもグロムと大差はありません。

 

まぁ最終的には

カワサキ党?かホンダ党か?

が一番重要なのかな?

これで選んでも良さそうですw

 

うーん、気になる!

 

【PR記事】

f:id:kokubu_ou:20171205134111j:plain

f:id:kokubu_ou:20171205134147j:plain

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com