Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

カワサキ最高速への拘り ZZR1400 / Ninja ZX-14とNinjaZX-14R

ジョージマンです。

 

隼の回でもお話ししましたが、

私の周りでバイクに乗っている人たちは、大排気量のバイクばかりです。

 

しかもSSやカスタムされたGPZ900などなかなか速いバイクです。 

 

やはりツーリング用には

ノーマルで速いバイクが理想です。

 

そして、今回ご紹介するのが

ZZR1400 / Ninja ZX-14 です。

f:id:kokubu_ou:20170726085351j:plain

◆ MMD MODEL:まめる式武蔵 「艦これ」ファンアートモデル 

>>バイクブログランキング参加中!

 

隼に先を越されたカワサキの答え

スズキ GSX1300隼がノーマル状態での実測300km/hを実現した翌2000年、

カワサキは対抗馬としてZX-12Rを完成させ、発売しています。

 

f:id:kokubu_ou:20170726092301j:plain

 

実際、1年でこんな高性能スポーツが開発できるはずはなく、

カワサキとしては1996年発売のホンダ CBR1100XXスーパーブラックバードに標準を合わせていたところへ隼が先を越したのだと思います。

 

ただやはり、隼の登場で焦ったのでしょう。

前期型のフロントのラムエアダクトを見てもわかる通り、粗削りになってしまったのは否めません。

 

私が乗っていた後期型は初期型よりもマイルドと言われていましたが、

エンジン特性は高回転型であり扱いにくいバイクという印象です。

 

f:id:kokubu_ou:20170726093826j:plain

 

そこで、扱いやすい特性のエンジンを搭載してきたのが

2002年に発売されたZZR1200です。

 

f:id:kokubu_ou:20170726094416j:plain

GFDL CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons

 

ところが、ユーザーが求めていたのは、

カリカリに尖ったZX-12Rでも、

おとなしく丸めたZZR1200でもなく、

オールマイティなGSX1300R隼のようなバイクだったのです。

 

特にZZR1200の方はカワサキらしからぬ丸を基調としたデザインも相まって全然売れませんでした。

(格安中古車が欲しい人はZZR1200という選択肢もアリだと思います。)

 

真打の登場

ZX-12RとZZR1200の失敗を踏まえて、2006年カワサキから真打が登場します。

それが『ZZR1400』です。

 

f:id:kokubu_ou:20170726103637j:plain

GFDL  CC BY-SA 3.0 ウィキメディア・コモンズ経由で

 

Ninja ZX-14という名前はアメリカ輸出向けのZZR1400の名前です。

2012年に発売される『ZX-14R』はモデルチェンジ後の別物なので注意が必要です。(ヨーロッパ向けだけはずっとZZR1400。)

 

ZZR1400はZX-12Rのエンジンをベースに排気量を1352ccまで上げ、ロングストローク化やスロットルボディの小径化などによって低回転域を改良。

 

最大出力は190PSでラムエアがかかった状態では200PSを超えると言われ、

車重も乾燥重量で210kg台と1400ccのバイクとしては非常に軽いです。

 

まさに、

隼キラー

 

熟成のZX-14R

隼キラーを完成させたカワサキは追従も許しません。

2012年にはZZR1400をモデルチェンジさせ、『ZX-14R』を完成させます。

 

f:id:kokubu_ou:20170726110319j:plain

CC BY-SA 3.0 ウィキメディア・コモンズ経由で

 

排気量は1441ccとなり、ロングストローク化されたエンジンは更に使いやすく、

パワー面においてもラムエアがかかっていない状態で200PSのスペックを誇ります。

 

車体の方もスイングアームやホイールの変更、さらに3モードのトラクションコントロールが可能になりました。

 

上級グレードの『High Grade』も用意され、ブレンボ製フロントブレーキシステム、リヤサスペンションにはオーリンズと共同開発したTTX39サスを装備しています。

 

モデルチェンジ前がお買い得

隼の方もそうなんですが、

こういう高性能を競い合いながら発売される車種って、

「スペック命!」みたいなユーザーがやはり多くて、

モデルチェンジ前の物が急激に価格を下げます。

 

現在、ZZR1400の初期型なら

70万円台の乗り出し価格から見つけることが可能ですね(2017年7月現在)

ZX-14Rの新車だと200万円近い価格ですから、そう考えるとこの価格でこのスペックは非常に魅力的ですね!

 

突貫工事で完成したモンスターマシンZX-12Rは壊れまくったけど、

ZZR1400は特にトラブルが多いという話も今のところ聞きません。

 

 

うーん、気になる!

 f:id:kokubu_ou:20170928113110j:plain

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com