Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

CB1300 SUPER FOUR / CB1300 SUPER BOL D'ORが気になる!

ジョージマンです。

 

私がこれまで乗ってきた大型バイクというと、ほとんどがカワサキのバイクです。

理由理由の半分以上はデザインが気に入って選んできましたw

 

ただ、カワサキのバイクって正直壊れやすい印象です。

 

なので、次に買う大型バイクは

あんまり手がかからない印象のホンダ

のバイクもアリかなぁ~と考えています。

 

そんな視点でバイク選びをしていると気になるのが今回ご紹介する

CB1300 SUPER FOUR スーパーフォア(CB1300SF)

CB1300 SUPER BOL D'OR スーパーボルドール(CB1300SB)です。

 

f:id:kokubu_ou:20170803225918j:plain

◆ MMD MODEL:大淀改 「艦これ」ファンアートモデル(モデル製作:槭樹)

>>バイクブログランキング参加中!

 

新時代ネイキッドスポーツモデルのベンチマーク

CB1300SFは1993年に発売されたCB1000SFの後継モデルです。

 

CB1300SFは1998年にデビューして、2003年にフルモデルチェンジ。

2003年のフルモデルチェンジ後も2014年にもう一度モデルチェンジを受けて、現行モデルが三代目のモデルになります。

 

f:id:kokubu_ou:20170804111338j:plain

▲CB1300スーパーフォア(二代目)

By Khepel.topol CC BY-SA 4.0 via Wikimedia Commons

 

コンセプトにはCB1000SF制作時に掲げられた『PROJECT BIG-1』というコンセプトを引き継いでいます。

 

『プロジェクトBIG-1』とは、

  • 水冷4バルブインライン4エンジンを心臓にもつこと 
  • その体躯はあくまでもセクシー&ワイルドであること 
  • 走る者の心を魅了する感動性能を有すること

この3つのキーコンセプトを元にしたバイク作りのことです。

 

「4バルブインライン4エンジン」

と聞いて、

え??と思った人もいるでしょう。

私は思いましたw

 

だって4バルブの4気筒エンジンなんておかしいんですよ。

エンジンというのは基本的に燃料混合気を吸い込む吸気バルブと排気ガスを吐き出す排気バルブという2本のバルブが必ず1気筒ごとについています。

 

なので4気筒なら最低でも8バルブになるはずなんです。

 

で、やはり調べてみたら4バルブというのは1気筒当たりのバルブの数で、

4気筒16バルブでしたw

 

似たような表現でヤマハには『5バルブ』というのもあります。

こっちはまたヤマハ車を紹介するときに詳しく説明しようと思いますが、4気筒20バルブという事です。

 

 で、ついでにCB1300のエンジンスペックを見てみると

  • 最高出力 :101PS / 7,000rpm
  • 最大トルク:11.7kgf・m / 5,500rpm

と、まぁまぁ控えめなスペックで低回転で最大出力、トルクを発生させる設定になっていますから、扱いやすさはとても良いでしょう。

そして当然ですが、無理のないエンジンパワーは壊れいにくいです。

 

最新モデルのCB1300は6速ミッション

 

2014年にモデルチェンジしたCB1300の主な変更箇所は下記の通りです。

  • ヘッドライトLED化、ボルドールのカウル形状変更
  • シフトインジケータ付きの多機能メーターへに変更
  • ホイールの変更
  • マフラーの小型化
  • 5速ミッションから6速ミッションへの変更
  • ポジション、足つき性の向上
  • テールランプをクリアレンズに変更
  • ABS標準採用

中でもホイールの変更と6速ミッションへの変更は大きいですね。

とても軽そうに見えるホイールは細身の10本で、社外品ホイールのようにも見えます。

 

そして、6速ミッションへの変更。

CB1000SFの時から、ずっと5速だったミッションを6速に変更しています。

ユーザーの間では6速化の希望が多かったようです。

 

高速道路など直線の多い道でのツーリングではあまり変速を使わないで走る方が、楽ですよね?

基本的にCB1300はそういう使い方が想定されているのでCB1000の頃からも5速ミッションが採用されてきたわけです。

 

しかし、CB1300のトータルバランスの良さや運動性能の良さは白バイでの採用を見てもわかる通り、非常に高いところにあります。

 

f:id:kokubu_ou:20170804110548j:plain

▲白バイ仕様のCB1300P 

 

やはり峠道、ワインディングロードを楽しみたいユーザーからの声が上がるのもうなずけます。ギア比を比べて見ても、単純に高速道路での巡航速度を上げるため変更ではなさそうです。

まぁ、高速道路での巡航速度での回転数を落としたいと思ったり、最高速を向上させたいのならスプロケットの設定変えればユーザーでも簡単に改善できますからね。

CB1300SF/SB 2003年~2013年モデルのギア比

  • 1速 3.083
  • 2速 2.062
  • 3速 1.545
  • 4速 1.272
  • 5速 1.130

CB1300SF/SB 20014年~モデルのギア比

  • 1速 3.083
  • 2速 1.941
  • 3速 1.478
  • 4速 1.240
  • 5速 1.074
  • 6速 0.964

 

ツーリング用としてならスーパーボルドールが望ましい

CB1300 SUPER BOL D'OR(CB1300SB)スーパーボルドールは2005年のマイナーチェンジの際に追加されたカウルを装着したモデルです。

 

f:id:kokubu_ou:20170804110303j:plain

▲CB1300スーパーボルドール(MC前)

By Tom Wess GFDL CC-BY-SA-3.0 via Wikimedia Commons

 

私がこれまで所有した大型バイクのほとんどはフルカウルタイプのバイクばかりだったのですが、Z1000に乗った時にカウルのありがたさが身にしみました。

高速道路での快適性が全く違います。

 

なので、高速道路を使ったツーリング用として考えるなら当然カウル付きのスーパーボルドールの方が良さそうです。

 

ボルドールってどんな意味?

『スーパーボルドール』という名前はCBX750Fに大型フルカウルを装着して1985年に発売された限定車『CBX750Fボルドール』からのなごりだと思われます。

 

BOL D'OR(ボルドール)はフランス語で「金の杯」という意味です。

 

フランスにはボルドール24時間耐久レースというレースが毎年秋ごろに開催されており、第1回は1922年に開催、現代もなお続いています。

ボルドール24時間耐久ロードレース公式サイト(フランス語)

 

ホンダは1970年代にヨーロッパ耐久選手権へ積極的に参加しており、技術を磨いてきました。

その中でもこのボルドール24時間耐久レースは印象深く、レースをイメージさせるフルカウルタイプのCBX750Fへ名前を与えたと思われます。

 

パニアケース付のCB1300 SUPER TOURING スーパーツーリング (CB1300ST)もあるけど・・・

2009年に追加されたスーパーボルドールをベースにしたツーリングモデルです。

29リットルのパニアケース(シートカウルの横に装備される樹脂製の収納BOX)を標準装備したモデルなのですが、フレームが強化されていたり、ハンドルもアップハンドルになっていて白バイちっくです。

パニアケースはあれば非常に便利なんでしょうけど、私は好きではありません。

理由は「すり抜けしにくいから」ですw

 

▼パニアケース

 

 CB1300SB/SBのまとめ

個人的には峠用と割り切ってNSR250Rを買ってしまったので、ツーリング用と割り切るとマイナーチェンジ前のスーパーボルドールが中古バイクの価格もこなれていてすごく魅力的に思えます。

 

人気バイクなのでタマ数も多く、大事に乗ってこられた車体も多いみたいでキレイなバイクを見つけるのも容易です。

 

また、数年経ってバイクを売ろうと思ったときもCB1300SF/SBのようなロングセラーモデルなら値落ちもしにくく、リセールバリューは高いでしょう。

 

 

うーん、気になる!

 f:id:kokubu_ou:20170928113110j:plain

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com