Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです


▲ 車検証、保険証券をお手元にご用意下さい ▲

 

 

YZF-R1譲りの150PSネイキッドFZ1 FAZERが気になる!

ジョージマンです。

 

私はこれまで色々乗ってきて、ツーリングに使う大型バイクはパイプハンドルでカウルの付いたモデルが良いと考えています。

 

パイプハンドルならポジションは自在にカスタムできますし、

走行風が当たらないというのは圧倒的に楽です。

 

しかし、前回ご紹介したCB1300よりも車体が軽量コンパクトでエンジンにパワーに余裕がある方が良いという人もいるんじゃないでしょうか?

 

そんな視点で候補にあがるのが今回ご紹介するFZ-1 FAZERです。

f:id:kokubu_ou:20170807161705j:plain

◆ MMD MODEL:ぽんぷ長式村雨(夏.ver) 「艦これ」ファンアートモデル

 

>>今乗っているバイクはいくらで売れるか知っておこう

 

R1のエンジンのストリートファイター FZ1 FAZER

FZ1 FAZER(フェーザー)とFZ1(カウルなしモデル)は私がZ1000購入時にも候補にあがったバイクです。

FZ1 FAZERはヤマハのSSモデルYZF-R1のエンジンベースをベース作られたネイキッドモデルです。

 

ヨーロッパの方では1990年代の後半ごろからレーサーレプリカや今でいうところのSSといったフルカウルバイクからカウルを取り払ってパイプハンドルをつけるカスタムが流行していました。

 

そういった人たちは何を目的にそんなことをしていたかというと、

ウィリーやジャックナイフ(フロントブレーキでリアタイヤを浮き上がらせる技)、テールスライド走行をするためです。

 

今でこそ『エクストリームバイクスタント』なんて公式に世界大会ができてしまっていますが、 1990年代当時『エクストリーム』なんて公式競技はなく、夜な夜な人通りの少ない倉庫街なんかに集まって技を披露しあっていました。

 

そんなカスタムバイクは『ストリートファイター』という呼び方がされていました。

 

ちなみに、そのまんま名前につけられたのが、DUCATI Superbikeからカウルを外してパイプハンドル装着の『DUCATI STREETFIGHTER』です。

 

そして、いち早くそういうユーザーニーズにヤマハが答えたのが2001年発売の

FZ1 FAZERの先代モデルである『FZS1000 FAZER』でした。(アメリカ向けにはこのFZS1000FAZERの時代から『FZ1』という名前で販売。)

 

f:id:kokubu_ou:20170807152611j:plain

▲FZS1000
By Arkadiusz Zarzecki
GFDL, CC-BY-SA-3.0  CC BY-SA 2.5 via Wikimedia Commons

 

エンジンはヤマハが誇る5バルブエンジン

ヤマハは1985年に1シリンダーに吸気3、排気2の5バルブ、前傾45度の4気筒エンジンを世界初で搭載したFZ750というモデルを発売し、

この機構を『GENESIS』と名付けます。

 

5バルブエンジンは通常の4バルブと比べて、球状に近い、バルブ配置が鋭角、プラグ周りの容積が大きい、全体的にコンパクトといった特徴を持っていて、より大きなパワーとトルク、そして燃費の経済性を両立が可能とされています。

 

1シリンダーに5バルブですから、20バルブ4気筒エンジンという事ですね。

 

GENESISエンジンは改良を加えられながらFZR750、FZR1000、YZF1000サンダーエースなどへ採用され、5VY型のYZF-R1までヤマハのトップクラスバイクに採用され、YZF-R1エンジンベースであるFZS1000 FAZER、FZ1 FAZERも同じ機構を持つエンジンです。

 

前モデルFZS1000 FAZERはスチールフレーム

そんなYZF-R1譲りのスポーティな高出力エンジンを搭載しておきながら、

FZS1000のフレームはスチール製パイプフレームでした。

 

FZS1000はイギリスを中心に大ヒットバイクになっています。

当時はイギリスの付加価値税(VAT)がまだ整理されておらず、アルミフレームに比べてスチールフレームのバイクであれば税金が格段に安かったという話を聞いたことがあります。

真意はわかりませんが、R1エンジンをあえてスチールフレームに搭載したのはこの為だったのかもしれませんね。

 

FZ1 FAZERは日本国内仕様がほとんど

2006年にFZS1000 FAZERはFZ1 FAZERへとフルモデルチェンジされました。

アルミフレームに倒立フォーク、軽量5スポークホールの採用など、よりR1のストリートファイターに近い状態になっています。

 

f:id:kokubu_ou:20170807153120j:plain

By Aneesh JoyCC BY 2.0 via Wikimedia Commons

 

同時にアッパーカウル(フロントカウル)のないFZ-1も登場しています。

f:id:kokubu_ou:20170807153323j:plain

Arkadiusz Zarzecki GFDL CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons

 

しかし、翌2007年には日本国内モデルが販売開始され、フルパワーの逆輸入車の正規取り扱いが終了してしまいます。

 

Z1000購入時、私はこれを知らなかったので、新車を見比べていて「なんだかFZ1の方が、かなり安いなぁ」と感じたのを覚えています。

今思えばFZ1の新車が国内仕様だったため大幅に安かったのですね。

 

フルパワー仕様のFZ-1 FAZERは 150PS/10000rpm

に対して

国内仕様のFZ-1 FAZERは 94PS/9500rpm。

56匹も馬が逃げてます!

 

FZ1 FAZERのフルパワー化は簡単?

と、まぁたった1年しか正式輸入されていないのでFZ1 FAZERのフルパワーモデルは中古車市場でもタマ数が少ないです。

ほとんどが日本国内仕様です。

 

中にはECU(コンピュータ)をEU仕様に交換してあるからスピードリミッターが効かず『フルパワー仕様』と謳っているお店もあります。

昔と違ってインジェクションだからECU設定で大幅に出力が変わるのかな?

そこで、ちょっと調べて見たのですが、

国内仕様のFZ1 FAZERでもフルパワー化は結構簡単にできてしまうようです。

 

リンクを貼っておきますが、フルパワー化については自己責任でお願いします。

故障の発生やメーカー保証が受けられなくなった時などの責任はもてません。

matome.naver.jp

 

FZ1 FAZERまとめ

中古バイクを見ていると50万円前後で走行距離も少なくキレイなモデルがたくさん見つかります。

Z1000と比べてもカウルが大きく高速ツーリングでの防風性も高そうです。

国内仕様であってもフルパワー化は簡単な作業でできてしまいそうですし、R1譲りの倒立フォークやアルミフレームの採用で峠道などのウィンディングでも高い運動性能を発揮できそうです。

 

うーん、気になる!

 

【乗り換えの時 高くバイクを売る方法】

www.ride-write.com

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com