Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

シャリー(カブ系横型エンジン)のフロントスプロケット交換は振動対策にもなります!

ジョージマンです。

先日、シャリーでトコトコと走っていたら

 

エンジンが止まって、かからなくなってしまいました

 

またかよ・・・( ̄д ̄;)

f:id:kokubu_ou:20170906213838j:plain

>>バイク買取査定で高く売る『5つの攻略法』とは?

 

エンジンが止まった原因はたった1本の配線

家の近くだったので、仕方なくシャリーを押して帰り原因を探りました。

家に帰ってエンジンのかからない原因を調べてみると、

 

スパークプラグの火花が飛んでいない!

 

プラグの点検方法はプラグをエンジンから抜いてプラグキャップにはめ、エンジンヘッドにあてた状態でキックペダルもしくはセルモーターを回します。

※この時プラグコードやプラグを手で持っていると感電するので注意!

 

下の動画は正常時の火花です。

火花がはっきり見えてパチパチと音が聞こえますよね?

youtu.be

 

火花が飛んでいない場合、故障個所として考えられるのは

  • スパークプラグ
  • プラグコード、キャップ
  • イグニッションコイル
  • CDI
  • バッテリー(デジタルCDIの場合)

等々です。

 

まずはスパークプラグを手持ちの物に交換。

→ 交換してもダメでした。

 

プラグコード、プラグキャップ。

→ 特にゆるみなどもない

 

イグニッションコイル。

→ コード(アース線)が1本向けている

f:id:kokubu_ou:20170808172835j:plain

 

ハイ、原因はこれ。

 

おそらく振動で抜けたのでしょう。

プラス側の配線と束ねて揺れにくく対策します。

f:id:kokubu_ou:20170808173301j:plain

 

配線はできるだけ太い配線とテープやタイラップで束ねて行くと抜けたりちぎれにくくなりますよ。

写真で使っているTesaテープは配線を束ねるのに超オススメです。

ビニールテープのようにベタベタになりにくいです。

 

振動対策をしよう

カブ系のエンジンは元々振動が大きいですが、

実は私のシャリー、スーパーカブ90エンジンを搭載していて、以前はキャブとマフラーだけカスタムしていたのですが、オーバーホールついでに『 SP武川 Sステージボアアップキット105cc』でパワーアップしております。

 

12,000rpmまで回って、シャリーのノーマル車体には更なる振動が加わります。

youtu.be

 

ノーマルの時には

「3速全開 10,000rpmぐらいで90km/hも出れば十分」

と、最高速を基準にスプロケットの設定をしていました。

具体的にはフロント:15T、リア31T。

9,500rpmで90km/h出るという計算です。

 

ちなみにスプロケやミッション交換による速度計算は下記のサイトが便利です。

>>最高速計算機(cookie対応版)

減速比や変速比、タイヤ外径などをしらべて入力すればどんなバイクでも6速まで自動計算できます。

 

スーパーカブ90のノーマルミッションの減速比や変速比はホンダのホームページに掲載されています。

>>ホンダ スーパーカブ シリーズ 主要諸元

 

で、最高速を基準に設定いていたのでスピードが出ていない状態でも結構高回転になってしまっています。

60km/hで巡行するにしても6,000rpm~7,000rpm。

本来のスーパーカブ90のピークパワーは7,000rpmですから、な振動が大きいです。

 

ボアアップしてからは1速ならアクセルをあおるだけでウィリーしてしまう程の加速なので、加速には余裕が有り余っています。

巡行時の回転を落とすためにもスプロケットの設定を変更することにしました。

 

フロントスプロケット交換でバイクの性格は激変

グロムの記事を書いた時にもご説明しましたが、スプロケットはバイクの性格を簡単に変えることのできる部品です。

www.ride-write.com

 

フロントスプロケットは

  • T数(歯車の歯の数)を小さくすれば加速重視
  • T数(歯車の歯の数)を大きくすれば最高速重視

リアスプロケットは

  • T数(歯車の歯の数)を小さくすれば最高速重視
  • T数(歯車の歯の数)を大きくすれば加速重視

になります。

そして、フロント1Tはリアの3Tとほぼ同等に減速比を変化させます。

 

つまり、フロントスプロケットで大まかなセッティングをして、細かなセッティングやフロントだけでまかない切れない時やチェーンのコマ数が合わない時にリアスプロケットを変更させるのが良いという事です。

 

今回は最高速重視にふって、巡行時の回転数を落としたいので

フロントスプロケットを15Tから16Tに変更します。

 

あまりT数を大きく変えるとチェーンのコマ数が足りず、チェーンを交換する必要も出てきますので注意してくださいね。

あと、チェーンは偶数でしか変更できませんよ。

f:id:kokubu_ou:20170808190425j:plain

あとフロントスプロケットは原付クラスなら¥1,000前後、大型車でも¥3,000前後と部品代がリーズナブルなのも良いですね。

 

今回のスプロケット変更で

6,000rpmで60km/hが出せる計算です。

 

カブ系エンジンのフロントスプロケット交換方法

それでは作業に入っていきましょう。

リアホイールアクスルシャフトのナットを緩めて、チェーン調整ナットを左回しに緩めていって、可能な限りチェーンを緩めておきます。

f:id:kokubu_ou:20170808200006j:plain

 

次にシフトチェンジペダルとアルミカバーを外します。

f:id:kokubu_ou:20170808193630j:plain

 

するとスプロケットが現れます。

f:id:kokubu_ou:20170808193720j:plain

 

そのまま緩めようとするとバイクが前に進んで転倒してしまいますので、フロントブレーキにゴムなどをかけて効かせておき、ギアを1速に入れ、スプロケットをとめている2本のボルトを緩めます。

※初心者の方はブレーキを誰かに握っておいてもらうのが一番良いです。

f:id:kokubu_ou:20170808193927j:plain

 

スプロケには油性ペンなどでT数を書いておくと後で確認しやすいです。

f:id:kokubu_ou:20170808194406j:plain

 

新しいスプロケットを取り付けてチェーンの張りを調整すれば完了です。

f:id:kokubu_ou:20170808194626j:plain

 

チェーンの張りはチェーン調整ナットを右回しに締めていけば、張りが強くなり、左に緩めれば張りは緩みます。

目盛りを見ながら、左右均一に調整しましょう。

f:id:kokubu_ou:20170808200020j:plain

 

調整後、アクスルナットを締めた状態で、チェーンの中間地点でだいたい20mm上下できるようになっているか確認して完了です。

 

スプロケットを交換した結果

今回スプロケットを交換した結果は

大成功。

加速も程よくできて、巡行時の振動もかなり減りました。

カブ系のエンジンはステップがエンジンにボルト留めされていますので、乗り心地が非常に良くなりますよ。

 

加速に余裕が感じられ、振動が気になるようならまずはフロントスプロケットを1T上げてみるのがオススメです。

ぜひ試してみてください。

 

【今回使用した商品】

【あす楽対応】キタコ ドライブスプロケット(16T) モンキー ゴリラ スーパーカブ50 JAZZ マグナ50 (530-1010216)

価格:1,312円
(2017/12/8 15:41時点)
感想(2件)

>>Amazonでの購入はコチラ

 

tesaテープ異音防止・緩衝・中耐熱[105℃]テープテサテープ(tesa51608)配線結束用 19mmx15m使い切りの長さ配送方法の選択■飛脚メール便(送料無料)指定限定

価格:594円
(2017/12/8 15:39時点)
感想(168件)

 >>Amazonでの購入はコチラ

 

【PR記事】

f:id:kokubu_ou:20171205134111j:plain

f:id:kokubu_ou:20171205134147j:plain

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com