Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

クロスプレーン・コンセプトの3気筒バイク MT-09 が気になる!

ジョージマンです。

 

クロスプレーンエンジンについての記事にも書きましたが、

現在ヤマハの公式ページのMT-09、MT-07製品トップ画面んで謳われている

『クロスプレーン・コンセプト』は = クロスプレーンクランクシャフトをもつクロスプレーンエンジンではありません。

 

そして、MTシリーズで特に気になるのは2017年にマイナーチェンジした、

MT-09です。

MMD MODEL:ゴリマ式_野分「艦これ」ファンアートモデル

◆ MMD MODEL:ゴリマ式_野分「艦これ」ファンアートモデル

>>【実録】バイク王のお試し査定で最高額を聞き出す方法とは?

 

2017 MT-09のスタイリング

まず私が『クロスプレーン・コンセプト』よりも気になるのがマイナーチェンジしたMT-09のスタイリングの方ですw

 

おそらくMTシリーズの上位モデルMT-10のデザインを踏襲したと思われますが、もう完全にトランスフォーマーにしか見えませんw

 

 

f:id:kokubu_ou:20170909162045j:plain

 

でも、MT-09のデザインはかなり好きです!

f:id:kokubu_ou:20170909162311j:plain

 

f:id:kokubu_ou:20170909162428j:plain

 

また、なんとなく諸外国の3気筒バイクデザインへのオマージュも見受けられますね。

f:id:kokubu_ou:20170817113534j:plain

By order_242 CC BY-SA 2.0 via Wikimedia Commons

 

f:id:kokubu_ou:20170817113546j:plain

By Klaus Nahr CC BY-SA 2.0 via Wikimedia Commons

 

『クロスプレーン・コンセプト』の3気筒エンジン

MT-09は直列3気筒DOHC12バルブ 845ccエンジンを搭載。

3気筒エンジンって珍しいですよね。

 

この珍しい3気筒エンジンこそが『クロスプレーン』へのツッコミどころです。

クロスプレーンというのはクロス(十字)プレーン(面)だと説明しました。

クランクシャフトの端から見るとクランクピンが十字に交差しているからでしたよね。

f:id:kokubu_ou:20170815144258j:plain

クランクピンが3本しかない3気筒エンジンはクロスプレーンにできない!

 

もちろん、2気筒であるMT-07やMT-03 / MT-25もクロスプレーンにはなりえません。

 

じゃあ、ヤマハのいう『クロスプレーン・コンセプト』ってなんなの?っていうのを調べてみると、下記のような文章がありました。

慣性トルクが少なく、燃焼室のみで生み出される燃焼トルクだけを効率良く引き出す設計思想を、私たちヤマハでは「クロスプレーンコンセプト」と呼び、・・・

引用:開発ストーリー:MT-09 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社

 

ということは、クロスプレーンエンジンで得られる特徴である

『慣性トルクが少なく、スロットル操作に対するリニアな反応』

という 結果が得られればOK!という事ですね。

 

更にヤマハはMT-09に
「Synchronized Performance Bike/シンクロナイズド・パフォーマンス・バイク」
という似たようなコンセプトもカブせてきています。

 

ウーム・・・逃げてる?w

 

で、3気筒エンジンはその『クロスプレーン・コンセプト』に合致するかどうか?

というと、コンセプト合致すると思います。

元々3気筒エンジンは下図で見てわかる通り、クランクピンが均等に配されています。

f:id:kokubu_ou:20170817122341j:plain

 

ということは4気筒でのクロスプレーンと同じように『慣性トルク』が発生しにくく、『エンジンの燃焼によって発生するトルク』に対してクランクシャフトが反応しやすくなるということです。

f:id:kokubu_ou:20170817123009g:plain

 

さらに3気筒エンジンは等間隔爆発なので滑らかなトルク発生を可能としながらも高回転での伸びも得られやすく、部品点数が少なので小型軽量化しやすいという特徴を持っています。

 

これだけ聞くと4気筒よりも3気筒の方が良さそうですよね?

でも実は、3気筒は4気筒よりも振動が発生しやすいという弱点があります。

排気量や出力が大きくなると振動も大きくなるので、バランサーが必要になり、結局効率が悪いとされています。

 

また、直列4気筒のクロスプレーンエンジンと違って、

等間隔爆発なので

ポンピングアクセルは発生しません。

>>ポンピングアクセルは私が勝手に使ってる言葉です

 

スーパーモタード要素=扱いやすさ?

FZ-1やZ1000、GSX-S1000などのストリートファイターとは違い、MT-09はネイキッドマシンとスーパーモタードマシンの「異種交配造形」というもの。

 

『スーパーモタード』というのは簡単に説明すると、アスファルト路面(ターマック)とダート路面を両方走るレースのことで、モトクロスの様なオフロードバイクを改造したマシンで競われます。

通常フロントホイールの方が大径なモトクロスバイクを前後17インチに変更、オンロードタイヤもしくはモタード用タイヤを装着し、サスペンションに手が加えられます。

『スーパーバイカーズ』『ターミネーター(ターマック専用)』などの呼び方もあります。

 

1990年代初頭はカスタムバイクでしか存在しなかったスーパーモタードですが、その後国産車としてはカワサキからD-トラッカーが発売され(実は50ccのKS-1が元祖という見方も)、ホンダ XRモタードやヤマハ WR250X、スズキからはDR-Z400SMなどの車種がバイクメーカーから発売されました。

 

ヤマハのMT09開発ストーリーの文中では途中から、

スーパーモタードがなぜか『トレールバイク』という言葉に置き換えられています。

 

「どっちやねん!!」

とおもわずツッコミを入れたくなりますw

 

オンロードの17インチタイヤを装着したスーパーモタードマシンはモトクロッサーよりも全高が低くなり足つき性が良くなります。

そして元々柔らかめのサスペンションは乗り心地がは良く、細くて軽い車体は小柄な方でも扱い易いと思います。

 

また、ハイグリップになったタイヤとストロークの長いサスペンションによってオンロードでの走行安定性は非常に高いです。

 

ヤマハが言いたいスーパーモタードの要素というのは、

3気筒エンジン搭載で軽量した車体の取り扱いやすさや旋回性が高い。

ロングストロークサスによる走行安定性が高い。

この事なんだと私は勝手に解釈します。

 

更にマイナーチェンジ後のモデルはABS装備が標準となり、2016年からABS車にのみ装着されていたトラクションコントロールも付いていて、ユーザーの間口を拡げています。

 

ツーリングにはスクリーン・カウル付のMT-09 TRACER

何度も言いますが、カウルのありなしで高速道路の快適性が雲泥の差です。

MT-09にもMT-09 TRACER(トレーサー)というモデルがあります。

f:id:kokubu_ou:20170817132957j:plain

By DanielvdCC BY-SA 4.0 via Wikimedia Commons

 

燃料タンクの容量も14Lから18Lにアップされていて、シートやスクリーンも調整可能なツーリング向けのMT-09です。

ホイールの変更やサスペンションとエンジンのセッティングも異なるようです。

 

オシャレさんにはXSR900

こちらはビンテージルックバージョンのMT09であるXSR900。

昔でいうところの『ネオレトロ』。

今でいうところの『ヘリテイジデザイン』です。

 

デザイン優先でお金がかかっていていますね~カスタムバイクみたいです。

XSRにはMT-07ベースのXSR700もあります。

f:id:kokubu_ou:20170909163212j:plain

 

RZをイメージしたカラーリングの外装キットがオプションで用意されている点がすごく気になります!

www.yamaha-motor.co.jp

 

MT-09のまとめ

クロスプレーン・コンセプトとは、

クロスプレーンエンジンの搭載ではなく、

慣性トルクを抑えたリニアに反応するエンジンの搭載。

おそらくコレであっていると思います。

 

MT-09のデザインやカラーリングも好みですが、XSR900のヘリテイジデザインも完成度が高くてすごくカッコイイです。

日本国内向けも販売されていて、

 

MT-09の価格は
¥1,004,400 [消費税8%含む] (本体価格 ¥930,000) 

MT-09 TRACERの価格が
¥1,069,200 [消費税8%含む] (本体価格 ¥990,000) 

XSR900の価格が
¥1,042,200 [消費税8%含む] (本体価格 ¥965,000)

 

馬力規制が無くなったといっても、各バイク180km/hのリミッターがついていますのでサーキット走行など180km/hを超えるような走行をする人は逆輸入車がオススメです。

FZ1 FAZERのように簡単にはリミッター解除できないようなので気をつけましょう。

 

うーん、気になる!

 f:id:kokubu_ou:20170928113110j:plain

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com