Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

アドベンチャーツアラー V-Strom250(Vストローム250)が気になる!

今年2017年に入って、

ホンダからは
「CRF250 RALLY」

カワサキからは
「VERSYS(ヴェルシス)-X 250」

 

そしてスズキからは

「V-Strom(Vストローム)250」

と次々に
250ccアドベンチャーツアラー
が発売されています。

これはやっぱり気になるでしょう 

MMD MODEL:陽炎 「艦これ」ファンアートモデル(モデル製作:お宮)

◆ MMD MODEL:陽炎 「艦これ」ファンアートモデル(モデル製作:お宮)

>>バイク買取査定で高く売る
『5つの攻略法』とは?

 

Vストロームはオンロード特性の強いアドベンチャーツアラー

アドベンチャーツアラー
というジャンルのバイクは、
高速道路を使っての
長距離ツーリングや
荷物をたくさん積んでのツーリング、

さらにはタンデムツーリングにも
向いているという
ツーリングには最適なバイクです。

ちょっとした未舗装の道路でも
走れてしまうのも特徴ですね。

 

アドベンチャーツアラー、
アドベンチャーバイク
という呼び方以外にも

デュアルパーパス、マルチパーパス、
という呼び方もあって
本当は細かく違うのかもしれません。

 

でもまぁ、
オンロード・オフロード兼用の
ツーリング向きバイクだと
思って頂ければ
間違いではないです。

 

「CRF250 ラリー」

「ヴェルシス-X 250」

「Vストローム 250」

この3車種は同タイミングで
同じ250ccという排気量で発売され、

アドベンシャーツアラーと呼ぶには
間違いないバイクですが、

メーカーが違うだけの
似たようなバイクではないです。

面白いことに
オンロード・オフロード特性が
3段階キレイに
分かれているように思えます。

 

その中でも
Vストローム250は
オンロード・オフロードでいえば

 

3車種の中で
いちばんオンロード特性が
強いバイクです。

 

その特性のわかりやすいのが
タイヤ・ホイールの設定。

CRF250 ラリー、

ヴェルシス-X 250は

スポークホイールを装着していますが、

Vストロームは
前後17インチ アルミキャストホイール。
タイヤはオンロード用のタイヤ

を装着しています。

 

アルミキャストホイールと
オンロード用のタイヤの組み合わせで
本格的なオフロード走行は
どう考えても難しいでしょう。

 

本格的なオフロードを走らないとなれば
最低地上高を
上げる必要はなくなります。

その代わりに
低めで足つき性の良い

800mmのシート高が
セールスポイントです。

各メディアも
小柄な女性ライダーを起用して
特集していますね。 

www.youtube.com

 

GSX250Rのツーリング特性を継承して向上

エンジンは
GSX250Rと同じ
直列2気筒エンジン。

最高出力 :24PS / 8,000rpm
最大トルク :2.2kgf・m / 6,500r/min

と、スペックも同じで
おそらく
同じセッティングでしょう。

 

高回転での高出力よりも
低回転での
トルク発生が得意なエンジンですから、

トコトコゆっくり走るツーリングや、
荷物をのせての
走行の方が向いています。

 

メーターもGSX250Rと同じで、

デュアルトリップメーター、

ギアポジションインジケーター(何速に入っているかの表示)、

平均燃費計

などなど
ツーリングの際には
便利な機能が満載です。

GSX250Rと違うのは
Vストロームの
メーターすぐそばには
12V36WのDC電源ソケットがあり、

携帯電話やポータブルナビ、
LED懐中電灯などの充電に
重宝しそうです。

 

ポジションは
アップタイプのバーハンドルで
乗車の姿勢が起き上がり、
楽な姿勢がとれるといえるでしょう。

シートもGSX250Rは
タンデムシートがセパレートで
一段高くなっていますが、

Vストロームの方はダブルシート。

この点は
タンデムシートに座る人にとって
安心感が大きく変化するところです。

 

ガソリンタンクも
容量が15L から
17L と2L 増えています。

燃費が約30km/1Lのバイクですから、

 

2Lガソリンタンク容量が増えれば、
60kmも航続距離が伸びるんです。

 

Vストローム250も価格は控えめ

Vストロームの車体価格は
¥570,240[消費税8%含む] (本体価格 ¥528,000)

GSX250Rがベースなので
Vストロームの価格も
控えめになっていますね。

 

ただやはり、
GSX250Rと同様ABSの設定がない。

ここまでよくできた
アドベンチャーツアラーなので、
ABSは追加設定してほしいところです。

 

ライバルの価格と比べてみても
一番低価格です。

CRF250ラリー車体価格
¥648,000円[消費税8%含む](本体価格600,000円)

CRF250ラリー(ABS付)車体価格
¥702,000[消費税8%含む]
(本体価格650,000円)

ヴェルシス-X 250(ABS標準)車体価格
¥629,640[消費税8%含む]
(本体価格583,000円)

 

ツーリングメインでバイクを探していて
スペックや価格的には
GSX250Rなんだけど、

SSなスタイリングが好みじゃないなぁ

なんて考えていた人にとっては
打ってつけの
アドベンチャーツアラーモデル
なんじゃないでしょうか?

 

うーん、気になる!

 

【PR記事】

f:id:kokubu_ou:20171205134111j:plain

f:id:kokubu_ou:20171205134147j:plain

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com