Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

アドベンチャーツアラー VERSYS-X 250(ヴェルシス-X 250)が気になる!

ジョージマンです。

『Vストローム250』がオンロード特性の強いアドベンチャーツアラー。

『CRF250RALLY』 がオフロード特性の強いアドベンチャーツアラー。

そして、今回ご紹介するカワサキの

『VERSYS(ヴェルシス)-X 250』

はちょうどその中間的な特性のアドベンチャーツアラーと言えるでしょう。

気になります。

MMD MODEL:黒潮 「艦これ」ファンアートモデル(モデル製作:お宮)

◆ MMD MODEL:黒潮 「艦これ」ファンアートモデル(モデル製作:お宮)

>>【実録】バイク王のお試し査定で最高額を聞き出す方法とは?

 

ノーマルタイヤはオンロードタイプだけど

アドベンチャーツアラーは、簡単に言うと、長距離ツーリングや荷物をたくさん積んでのツーリングを得意とするオンロード・オフロード兼用バイク。

VERSYS-X 250はまさにその通りのバイクです。

youtu.be

 

まずはやはり前後のタイヤ、ホイールの設定。

標準で装着されているタイヤはオフロードタイヤの中ではオンロード指向のもの。

カワサキのホームページでも注意書きされている通り、著しく路面状況が悪い場所は走れないでしょう。

 

しかしながら、ホイールはフロント19インチ、リア17インチのワイヤーホイールなので、わだちや段差でもハンドルがとられにくく、少々のオフロードなら走破できそうです。

 

カワサキ・メキシコのプロモ―ション動画ではガンガンオフロード走っちゃていますw

(日本以外では300ccのヴェルシス-X 300が発売されています。)

youtu.be

 

NINJA250譲りのハイパワーエンジン搭載

エンジンは最近発売された250ccクラスアドベンチャーツアラーの中では最大出力の

33PS/11,500rpmを発生。

高速道路などで余裕ある走りを楽しめます。

このエンジンは定評のある並列2気筒のNINJA250エンジンベースで、

アシスト&スリッパークラッチシステムも兼ね備えています。

アシストカムはクラッチレバーの操作感を軽くスムーズにするとともにエンジンの出力を確実に後輪へと伝達。
スリッパークラッチは急激ななシフトダウンなどでエンジンブレーキが大きくかかった時、クラッチプレートの圧着を弱めてリヤタイヤのホッピングやスリップを抑制します。

 

充実の装備品

ヴェルシス-X 250には上記したアシスト&スリッパ―クラッチシステムもそうですが、充実の装備品が与えられています。

その中でもやはりABSが標準装備というのは良いですね。

カワサキは2018年モデルよりABS装着車はモデル名称から『ABS』を除いて表記しますと公表しており、このヴェルシス-X 250も発表当初は『ヴェルシス-X 250 ABS』でした。

 

メーターパネルには

視認しやすいアナログタコメーターとデジタルスピードメーター。

何速で走行しているかが確認できるギヤポジションインジケーター。

それに、

オドメーター、デュアルトリップメーター、

航続可能距離、

瞬間/平均燃費、

燃料計、水温計、時計、

ETCインジケーター、

エコノミカルライディングインジケーター、

が表示され、ツーリングするにはもってこいの内容です。

 

さらに充実装備の『TOURER』の方がお買い得

ヴェルシス-X 250には『VERSYS-X 250 TOURER(ヴェルシス-X 250 ツアラー)』というモデルも用意されています。

標準タイプよりも¥54,000(消費税8%込み)ですが、

  • パニアケース(サイドケース)(オプション価格:¥52,164(税込み)
  • エンジンガード(オプション価格:¥19,656(税込み)
  • ハンドガード(オプション価格:¥10.368(税込み)
  • センタースタンド(オプション価格:¥26,028(税込み)
  • DC電源ソケット(オプション価格:¥7,711(税込み)

部品代だけでも合計¥115,927の装備が初めからついていて、

絶対お得です!

 

あと、オプションを見ていて面白いなと思ったのは、『ハイシート』の設定です。

ヴェルシス-X250の標準シート高は815mm。

ちょうどVストロームのシート高800mmとCRF250RALLY Type LDのシート高830mmの中間というのも面白いですが、これを25mm高く設定するオプションがあります。

ハイシートをつけるメリットは厚みが増した分のクッション性でしょう。

シート自体は簡単に付け外しができますので、ツーリングの距離やシチュエーションに応じて交換するのも良いかもしれませんね。

 

アドベンチャーツアラーらしくてお買い得なのはヴェルシス-X 250

ヴェルシス-X 250 車体価格
¥629,640[消費税8%含む](本体価格583,000円)

ヴェルシス-X 250 ツアラー 車体価格
¥683,640[消費税8%含む](本体価格633,000円)

 

CRF250ラリー車体価格
¥648,000円[消費税8%含む](本体価格600,000円)

CRF250ラリー(ABS付)車体価格
¥702,000[消費税8%含む](本体価格650,000円)

 

Vストローム250
¥570,240[消費税8%含む] (本体価格 ¥528,000)

 

最安値のVストローム250にオプションのサイドケース、サイドケース取付用のケースプレートをつけると¥55,080(税込み)。車両価格と合わせて¥625,320(税込み)です。サイドケース付のヴェルシス-X 250 ツアラーより6万円弱安くて、ヴェルシス-X 250の標準モデルと同じぐらいの値段になります。

 

しかし、ABSの有無やエンジンパワー、アシスト&スリッパ―クラッチの装備を考えると、コストパフォーマンスはヴェルシス-X 250の方が勝ります。

また、少々のオフロードも走りたいと考えているならフロント19インチのスポークホイールを装着したヴェルシス-X 250が良いのは言うまでもありませんね。

 

また、CRFと比べてみてもツアラーという面ではメーター情報が充実している点やサイドケースの設定などで向いています。

 

オンロード、オフロードが走れてどこにでもツーリングへ行ける。

こんなアドベンチャーツアラーらしい250ccバイクを探している人に一番オススメしたいのはこの『ヴェルシス-X 250』です。

 

うーん、気になる!

 f:id:kokubu_ou:20170928113110j:plain

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com