Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

GooBikeの『GooBike鑑定』って信用できるの?使い方や見方をよく知ってうまく利用しよう。【バイクを買う】

ジョージマンです。

普段、あなたはバイクを探す時どうやって探していますか?

 

私の場合は『ヤフオク』と
大手ポータルサイト『GooBike』と『BikeBros』を使っています。

f:id:kokubu_ou:20170909164648j:plain

>>【実録】バイク王のお試し査定で最高額を聞き出す方法とは?

 

ヤフオクは個人売買、購入後は整備が必要。

やはりヤフオクは個人売買やバイク店が出品していても整備前のバイクが多く、ノークレームであることがほとんどです。

購入後の整備や修理が必要であることを覚悟して購入する必要があります。

f:id:kokubu_ou:20170908142046j:plain

 

私のように、ある程度自分で消耗部品を交換したり、修理のできる人は安くバイクを手に入れる方法として良いかもしれませんが、購入後の故障に悩んだり、思わぬ修理費用がかかってしまい「騙された!」と怒り出す人もいまだに多いです。

 

例えばそれが走行距離改ざんバイクだったり、逆輸入車と聞いて買ったのに国内仕様だったなど明らかな『詐欺』である場合は別として、

ヤフオクは基本的に個人売買であり、現状のまま(未整備)で受け渡しされています。昨日まで動いていたバイクが今日動かなくなっても文句は言えません。

 

GooBikeやBikeBrosの方はどうでしょうか?

こちらに掲載されているバイクはバイク販売店が運営会社に掲載をお願いしているバイクです。なので、売り手はプロの販売店という事になり、個人売買が中心のヤフオクと比べればリスクは低そうですよね?

しかし、バイク店と言っても全てが信用できるとは言えませんよね。

 

GooBikeに掲載されていれば安心。ではない。

GooBikeとBikeBrosを運営しているのは同じ株式会社プロトコーポレーションです。

元々は雑誌がメインだったと思いますが、インターネットの普及によってポータルサイトでの検索が主流になってきましたよね。

「雑誌発行しているのにインターネットに同じ内容載せたら雑誌が売れなくなって困るんじゃないの?」

と思う人もいるかもしれませんが、バイクの中古車雑誌に限らず多くの雑誌の収入源は本の販売によるものではありません。

雑誌の収入源は広告収入によるものです。

 

つまり、インターネット等を使って広告効果が高ければその雑誌は広告主から信用され、毎月広告料を頂けるのです。

車やバイクの中古車雑誌は全ページ広告と言っても過言ではありません。

 

つまり、お金さえ払えばGooBikeやBikeBrosにお店の情報やバイクを掲載することは可能なので、「雑誌やWebに載っている店だから安心」という考え方はやめてください。

 店頭に並んでいる ”のぼり” もある程度掲載しているともらえる販売促進グッズです。

 

GooBike鑑定とは?

こうした情報を元にお店やバイクを選ぶとなると

「どうやって良いお店やバイクを見分ければいいの?」と思いますよね。

そこで気になるのが黄色く目立つように表示された

『GooBike鑑定』のアイコン

これがついてるとなんとなく良さげですよね?? 

f:id:kokubu_ou:20170908164806j:plain

 

このGooBike鑑定というのはGooBikeを運営しているプロトコーポレーションが2014年より開始したサービスです。

業者間のオークションで使われていた5段階の評価提示を一般ユーザーにもわかりやすく情報開示しようというものです。

『GooBike鑑定』を運営しているのはプロトコーポレーションの100%子会社である『株式会社カークレド』という会社で、検査項目や基準の作成にはバイク王の関連会社である『ジャパンバイクオークション(JBA)』が関わっています。

 

GooBike鑑定はバイク店がバイクを鑑定したものではなく、カークレドのスタッフが鑑定したバイクという事になります。

売り手であるバイク店、買い手であるユーザーの間に立ち、

第三者としての目で鑑定、評価を開示するというのも目的の一つだからです。

 

GooBike鑑定は信用してもいいのか?

バイク王もそうでしたが、

GooBike鑑定もネット上では酷評ですw

「信用するな!」とか「騙された!」とかの情報が多いです。

 

信用しても良いかどうかと言えば、どちらでもありません。

中古バイクを購入するにあたっての基準の一つとして利用すれば良いだけです。

 

なんで評価が悪いのかなぁ?と思って調べてみましたが、GooBikeホームページ上での説明がわかりにくいことにあるかもしれません。

www.goobike.com

 

上記ページには各項目の検査基準と評価というタブがあって、

各項目の検査基準と評価

●外観
S問題はありません。
★★★★★傷や凹みが無く、もしくは補修済みですが、小さな傷や凹みが残っている場合もあります。
★★★★気になるような傷は凹みは補修済みですが、小さな傷や凹みが残っています。
★★★気になるような傷や凹みがあります。
★★外観を気にしない方向けの車両です。
★補修を必要とする車両です。


●エンジン
S問題はありません。
★★★★★目立った異常は見られませんが、調整が必要な場合がありす。
★★★★軽微な整備や調整が必要な場合があります。
★★★整備や調整で走行に支障がない状態になります。
★★分解整備や交換が必要な場合があります。
★そのまま使用できる状態ではありません。

 

●フレーム
S問題はありません。
★★★★★目立った傷や凹みは見られませんが、小さい傷や凹みがある場合もあります。
★★★★傷や凹みが見られます。
★★★軽微な修理や修復が必要な場合があります。
★★分解を伴う修理や修復が必要な場合があります。
★そのまま使用できる状態ではありません。


●足まわり
S問題はありません。
★★★★★目立った異常は見られませんが、軽微な整備や調整が必要な場合があります。
★★★★軽微な整備や調整が必要な場合があります。
★★★パーツ交換を伴う整備やオーバーホールが必要な場合があります。
★★パーツ交換を伴う整備やオーバーホールが必要な状態です。
★そのまま使用できる状態ではありません。
電気・保安部品
正常問題はありません。
要整備メーター、テールランプ・ウィンカー、ヘッドライト、ミラーのいずれかに整備、補修が必要な状態です。

 

こういう説明がされており、

これでは結局は業者向けオークション評価と大差がありません。

この星の数だけを頼りにバイクを選ぶと「騙された!」みたいなことになります。

 

例えば外装が4つ星だった場合を見てみると、気になるような傷、小さな傷や凹みという表現はあいまいで、人によって捉え方が違います。

「この傷が4つ星かよ!?」って怒る人が出るのがわかります。

それに、よく見ればSランク以外はどうとでも言い逃れできるような文言になっていますよね。

 

しかし、実際にGooBikeの画面を見てみると、

星の表記以外に、

『車両状態をみる』というボタンがあり、クリックすると

『GooBike鑑定コンディションシート』という詳しい情報が表示されます。

f:id:kokubu_ou:20170908165740j:plain

f:id:kokubu_ou:20170908155508j:plain

 

コンディションシートのページを開き、見てみましょう。

例えば上記の例ではオール5点ついていて、星だけで判断すれば何も問題は無さそうに見えますが、特記事項に問題点が非常に細かく書かれていて、

『エンジン右側スライダー削れ』、『フロントフォークダストシールひび』など、気にする人は気にする内容だと思います。

 

さらに傷の大中小は下に一覧表があって、

  • 小→3cm程度
  • 中→10cm程度(未満)
  • 大→10cm以上

このように具遺体的な大きさが詳しく書かれています。

f:id:kokubu_ou:20170908160754j:plain

 

もちろん、鑑定するのは人間ですから見落としもあるでしょう。

しかし、通常ではわかりにくい部分やお店側が見落としている部分、伝え忘れている部分が第三者によって文字情報として明記されているのは良いことではないでしょうか?

 

要するに、星の数だけを見て選ぶのではなく、コンディションシートをよく見て、疑問に思った点はお店に相談するというのが本来の使い方でしょう。

疑問に思った部分はお店に聞くという点は特に大事ですよ。

 

例えばコンディションシートでエンジン評価は5でもエンジンヘッドのオイル漏れという問題があったとします。

この症状は車種によっては新車でも発生しますし、走行には支障をきたしません。

(Z1000やZX-12Rがそうでしたw)

でも、嫌な感じはしますよね。

そこで、この問題をを購入後どう保証してもらえるか?

例えば1年以内にオイル漏れが原因で走行不能になった場合どうする?とかを購入前にきちんとお店と相談することが可能ですよね。

 

このように中古車を選ぶ際の判断材料が多いと考えれば良いだけのことです。

最終的に購入するかしないかは、あなた次第です。

 

また、GooBike鑑定を依頼したり、バイクに表記するためには

『GooBike鑑定加盟店』である必要があるようです。

 GooBike鑑定加盟店は

地方運輸局長から認証を受けた整備工場を持ち、

二輪自動車公正競争規約に遵守している必要があります。

少なくとも購入後に「ウチでは修理できない」なんて事態にはならないでしょう。

 

デメリットは車体価格に影響してしまうこと

GooBike鑑定バイクとして掲載するにはバイク店が鑑定料を支払い、鑑定してもらう必要があります。

また、加盟店として登録するためにも設備投資や様々な費用がかかるでしょう。

その分はやはりバイクの販売価格にのってきます。

なので、ほかのバイクよりも若干割高なバイクが多いです。

 

Goobikeサイトと GooBike鑑定の活用法

ここで私なりのGooBike鑑定活用法をご紹介します。

まずは欲しいバイクが見つかったら、同じ車種、近い年式でGooBike鑑定バイクを検索しましょう。

そしてコンディションシートをできるだけ多く見ていきます。

特に4以下の星がついているバイクを見て、どういう症状が出ているのかを見ていきます。同じようなものが多ければそのバイク特有の『壊れやすい部分』かもしれません。

この壊れやすい部分を見つけておいて、本命のバイクがどうなっているか自分で確認するかお店の人に確認してみましょう。

 

またコンディションシートの項目に従って現車を確認してみるのも良いでしょう。

これなら初心者でも確認すべきところがわかりますよね。

 

まとめ

  • GooBike鑑定はバイクを選ぶ基準の一つ。
  • GooBike鑑定がついているかいないかで購入を決めるものではない。
  • コンディションシートをしっかり読んで、状態を確認する。
  • 同じ車種のコンディションシートを見比べて弱点を探す。
  • GooBike鑑定がついていないバイクでもマネして自分でみれば良い。

 

以上参考にしてみてください。

f:id:kokubu_ou:20170928113110j:plain 

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com