Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

ZRX1200 DAEG(ダエグ)が気になる!ZRX1200Rと違いは?

ジョージマンです。

 

日々、中古バイクを探しながらいつも思っていたことがあります。

なんで日本国内仕様しかないZRX1200 DAEGはこんなに価格が高いのか・・・

 

普通同じバイクで、国内仕様、輸出仕様があれば輸出仕様の方が高いですし、CB1300SFやMT-07の様に基本国内向けしかないバイクはそんなに価格が高くなることはありません。

 

同年式のオーバー1000ccネイキッドのなかでもZRX1200 DAEGだけが高いのです。

気になったので、今回はその魅力について調べてみました。

ZRX1200 DAEG MMD MODEL:らば式利根改二 「艦これ」ファンアートモデル

◆ MMD MODEL:らば式利根改二 「艦これ」ファンアートモデル

>>バイクブログランキング参加中!

 

不人気バイクのエンジンを受け継いだロングセラー

ZRX1200 DAEGの歴史をさかのぼっていくとZRXと最初に名前のついた大排気量バイクはZRX1100です。

f:id:kokubu_ou:20170927145706j:plain

▲ZRX1100
By b10lm CC BY 2.0 via Wikimedia Commons

 

ホンダがCB1000SF、CB400SFというヒット作を世に放ち、他のメーカーもこれに続くようにネイキッドバイクを開発。

ヤマハはXJR、スズキはインパルス。

そしてカワサキはゼファー1100と400でこのブームの波に乗った(ゼファー750は不人気だった・・・)のですが、空冷エンジンのゼファーよりも水冷エンジンを搭載したスポーティなバイク、ZRX1100とZRX400を発売します。(発売はZRX400が先)

 

ZRX1100のベースエンジンは1年前の1995年に発売された『GPZ1100』というツーリング向けバイク。

このGPZ1100はツーリングをメインとした廉価版ZZR1100として開発された様なのですが、ラムエアが取っ払われてトルクに振られたエンジンは97PS / 8500rpmと数字で見ると物足りなさが否めません。

そこに重い鉄フレームが組み合わされ、車両重量は乾燥重量でも242kg。

そしてGPZの名前を持ちながらもNinjaというペットネームはついていない・・・

GPZ1100は現在も不人気まっしぐらで中古バイクは激安で探せます。

 

対してZRX1100はこのGPZ1100のエンジンをベースにパワー、トルク共にアップ、車体もGPZ1100に比べると20Kgも軽い乾燥重量222kg。

スタイリングもローソンレプリカで往年のファンに知られるZ1000R風。

ZRX1100は大ヒットのバイクになりましたw

f:id:kokubu_ou:20170927161432j:plain

 ▲ローソンレプリカ Z1000R (エディ・ローソンが1981年度「AMAスーパーバイク」シリーズのシリーズチャンピオンを獲得したことを記念して1982年に発売された。)

 

その後、各社このジャンルでの排気量アップがトレンドとなり、ZRX1100もZRX1200Rへとモデルチェンジします。

f:id:kokubu_ou:20170927150047j:plain

▲ZRX1200R
By Aaryana8 CC BY-SA 4.0 via Wikimedia Commons

 

ZRX1200Rのエンジンンも実は、人気のなかったZZR1200がベース。

なんか不人気バイクエンジンの受け皿?w

という感じもしますが、ZRXでも丸目ヘッドライドにしてオーソドックスなデザインにしたZRX1000-IIやホンダのCB1300スーパーボルドールのようなハーフカウルを取り付けたZRX1200Sという不人気モデルを生み出しています。

まぁ、カワサキってリサーチが下手なのかこういう失敗が多いです。

f:id:kokubu_ou:20170927145255j:plain

▲不人気だったZRX1200S
By Bitman GFDL  CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons

 

 ZRX1200RとZRX1200 DAEG何が違うの?

f:id:kokubu_ou:20170927151001j:plain

▲ZRX1200 DAEG
By PekePONCC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons

 

2009年に ZRX1200RはRがとれて代わりにDAEGの名がつきます。

DAEG(ダエグ)というのはゲルマン人が使っていた古い文字体『ルーン文字』のひとつ。英語の『DAY』の語源になった言葉で「一日」という意味を持っています。

 

ZRX1200RとZRX1200 DAEGは見た目にほとんど差がないことから、違いがわからないという人は多いです。(まぁZRX1100からでもわかりにくいですが・・・)

そして、その見た目の差からは思いもよらない値段差に驚きます。

 

外観で決定的に違うのはホイール。

ZRX1200Rでは3本の太いスポークだったのがZRX1200DAEGになると5本から枝分かれる10本の細いスポークデザインになっています。

あとはビキニカウルボリュームが大きく、尖っているデザインになったのもわかりやすいかな?

 

機能面ではミッションが5速から6速に変更され、山道などでのスポーツ走行も楽しめるようになっています。

また、パワー面で言うとZRX1200Rの時は

  • 最大出力が100PS / 8000rpm
  • 最大トルクが10.4kg-m/6000rpm

ZRX1200 DAEGは馬力規制がなくなった後にモデルチェンジしているので、

  • 最大出力が110PS / 8000rpm
  • 最大トルクが10.9kg-m/6000rpm

また、フューエルインジェクションの採用による細やかなセッティングでコントロール性を向上させています。そして結果としては燃焼効率の向上にもつながり、燃費へも影響がでているはずです。

 

ZRX1200 DAEG人気の理由は?

色々調べてみてわかってきた人気の理由は

  • ZRX1200Rや他の車種と比べて十分ハイパワー。
    フルパワー(逆車)である必要がない。
  • しかしながらトルク重視の扱いやすいエンジン。
  • 6速ミッションの装備。
  • Z1000RやZRX1200Rをブラッシュアップしたような飽きの来ないデザイン。

そして価格がつりあがってしまう原因は

  • 人気モデルだったのに生産終了していて、次期モデルもまだ発表されていない。

これではないでしょうか?

中でもやはりファイナルエディションと銘打たれたライムグリーンのローソンレプリカカラーは特に値段が落ちていません。

 

スタンダードなネイキッドなので、あまり視野にいれていませんでしたが、こうして調べてみるとホンダ CB1300SFよりもスポーティでパワフルなバイクでした。

もちろんスポーティすぎることはなく落ち着いた風格や快適性を持ち合わしたバイクなので長く付き合えそうな気がします。

 

うーん、気になる!

 f:id:kokubu_ou:20170928113110j:plain

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com