Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

遂に発売開始!Z900RSは現代版Z1なのか? カスタムされたZ900RSやZ900RS CAFEにも注目!

【2017年1月10日更新】

ジョージマンです。

2017年の東京モーターショーの
数ある出展バイクの中でも、
発売間近とされつつ
ティーザー(チラ見せ)ムービーしか
公開されておらず、
みんなが気になっていたバイクと言えば

Kawasaki Z900RS

ですよね。

Z900RS MMD MODEL:ゴリマ式_加賀「艦これ」ファンアートモデル

◆ MMD MODEL:ゴリマ式_加賀「艦これ」ファンアートモデル

>>バイク買取査定で高く売る
『5つの攻略法』とは?

 

TMS開催と同時にカワサキのホームページで公開されてた

東京モーターショーが開始された
2017年10月25日には
カワサキ モーターサイクルの
公式ページに
ラインナップとして
Z900RSが
掲載されていました。

https://www.kawasaki-motors.com/

 

 

しかも360°ビューで見れます!

 

価格は

キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ(火の玉カラー)
メーカー希望小売価格¥1,328,400(税込)

 メタリックスパークブラック
メーカー希望小売価格¥1,296,000(税込)

 

見た目はZ1をかなり意識

Z900RS は
900というカワサキ伝統のマジックナンバーが
与えられていたり、
デザインもどう見たって
Z1を意識しています。

 

RSというのは
Z1の弟分である
Z2の正式名称750RS(Road Star)
から持ってきたのでしょうか?

Z1の正式名称は900Super4
ですから、

正直ネーミングに関して
Z1とZ2を
ごちゃまぜにしちゃっている感が
ありますね。

 

デザインは
Z1を意識していると言っても、
111PSを発生させる水冷エンジンに

サスペンションは倒立フォークと

カワサキのスポーツモデルで
多く採用されている
ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンション
を採用するなど、
スポーツを強く意識した
バイクのようです。

 

簡単なスペックは下記の通りです。

エンジン:水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ 948cc

最高出力:82kW(111PS)/8,500rpm

最大トルク:98N・m(10.0kgf・m)/6,500rpm

車両重量:215kg

燃費:20.0㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)

 

他にもトラクションコントロールや
スリッパ―クラッチなど
最新の技術が装備されています。

f:id:kokubu_ou:20171025161253j:plain

f:id:kokubu_ou:20171025161303j:plain

 

ベースはZ900という海外向けモデル

Z900RSには
ベースになったモデルがあって、
2016年に発表され
2017年から発売が開始された

Z900

がそれです。

f:id:kokubu_ou:20171025154540j:plain

New Kawasaki MY18 Z900 - Unleashed for A2 riders | Official Video - YouTube

 

Z800よりも
エンジン排気量が大きく
パワーも上がっているのに
20kg以上軽量になっているという
スーパーネイキッドです。

 

価格が100万円前後
になるのではないかと言われていて、
私も注目していたのですが、
今のところ日本での発売は決定していません。

 

東京モーターショーでのZ900RS

東京モーターショーで
Z900RSの現車を見た感想は

写真で見るよりもだいぶカッコイイ!

写真で見る印象よりも
私にはコンパクトで
シャープに見えました。

細かい部分の作り込みも
非常にこだわっています。

f:id:kokubu_ou:20171106143545j:plain

f:id:kokubu_ou:20171106143558j:plain

 

細部を見てみましょう。

 

ヘッドライトや
ウィンカーテールランプはLED。

ウィンカーの細いデザインが
シャープな印象を強めています。

 

ミラーはやはりと言って良いのか
『 Z2タイプ』
と呼ばれる丸型タイプ。

 

マスターシリンダーカップは
H2やZ1000など
最近のKawasaki車でよく使われている
スモークタイプのカップが
採用されています。

f:id:kokubu_ou:20171106142047j:plain

 

フロントフェンダーは
パーツが分かれていて、
クラシカルな印象を与えつつも
高級感を出しています。

 

倒立フォークは
アウターケースが
ブラックになっていて
雰囲気を崩していません。

f:id:kokubu_ou:20171106140901j:plain

 

ホイールは
Z1の
ワイヤーメッシュホイールを
感じさせる細いスポークで、
軽そうな見た目になっています。

 

バイクのホイールで
こういったデザインは
かなり
珍しいのではないでしょうか?

f:id:kokubu_ou:20171106141249j:plain

 

音にこだわったというマフラー。

900ccという
大排気量ですが
サイレンサーはスリム
になっています。

 

おそらく
奥に見えるキャタライザー部分で
しっかり
消音出来ているのだと思います。

f:id:kokubu_ou:20171106142747j:plain

 

Z900RS カスタム【ドレミコレクション】

今回の東京モーターショーでは

最新のZ900RSの
カスタム仕様が3台展示されていました。

 

まずは旧車カスタムや
現行バイクの見た目を外装キットで
旧車ルック
に変身させてしまうカスタムを
得意とする
ドレミコレクションの
カスタムZ900RSです。

ドレミコレクション | カワサキZを始めとするパーツの製造・販売

f:id:kokubu_ou:20171106144514j:plain

 

各所を変更して
Z1ルックに仕上がっています。

 

ヘッドライトと
ウィンカーを変更するだけでも
かなり印象が違いますね。

ヘッドライトは
Z1の物を加工したものに
LEDバルブを装着しているようです。

 

フロントフォークの
アンダーブラケット部分にも
カバーが取り付けられ、
Kawasakiのロゴが入っています。

f:id:kokubu_ou:20171106144857j:plain

 

そしてなんと言っても
この4本出しマフラーでしょう。

 

これに交換するだけで
イッキにZ1ルックになりますよね!

 

しかし、

会場にあったスペックボードで確認してみると、
Z2タイプ4本出しマフラー』
という商品名になっていました。

何かこだわりがあるのでしょうね。

f:id:kokubu_ou:20171106150929j:plain

f:id:kokubu_ou:20171106145541j:plain

 

さらには
サイドカバーやチェーンケース、
テールカウルに加え、

エンジン下に伸びる
ダミーフレームや

アルミ角タイプスイングアーム、

スリットタイプのブレーキディスク
といった
ハードパーツが変更されていて、

かなりの再現が
出来ているのではないでしょうか。

 

Z900RS カスタム【ビトー アール アンド ディー】

次に
カワサキのバイクを中心に
旧車のリビルドエンジンや
コンプリートバイクを制作している
ビトーアールアンドディー
のカスタムです。

ビトー アール アンド ディー BITO R&D

FCRキャブレターのキットや
マグネシウム鍛造ホイールでも有名です。

f:id:kokubu_ou:20171106153844j:plain

 

ドレミコレクションの
重厚感ある4本出しとは
雰囲気の違う
JB-POWERチタンマフラー

 

ビンテージなニュアンスは持ちつつも、
焼け色も美しいチタンの使用で
軽量化された
フルエキゾーストマフラーは
走りを意識させます。

 

バックステップは
アルミ削り出し、
14ポジションを
選択可能になっています。

f:id:kokubu_ou:20171106160109j:plain

 

そして、
見るからに軽そうな
マグネシム鍛造ホイール『MAGTAN』

 

大径ブレーキディスクローター、
6PODブレーキキャリパーなど
性能向上へ向けた贅沢なパーツが
惜しげもなく装着されています。

f:id:kokubu_ou:20171106155550j:plain

 

Z900RS カスタム【モトコルセ】

主にドゥカティや
MVアグスタなど
イタリアンバイクの
マフラーやスペシャルパーツで有名な
モトコルセがカスタムしたZ900RS。

ドカティ(DUCATI)のスペシャルパーツのモトコルセ(motocorse) 

f:id:kokubu_ou:20171106161607j:plain

 

チタン製マフラーは
サイレンサーが小ぶりで軽そうです。
MOTO GPマシンの様な
エンドキャップが装着されていて
レーシーです。

 

ホイールもカーボン製で
かなりの軽量化が期待でき、

モトコルセの特別仕様
オーリンズ製のサスペンションで
足回りのチューニングは
パーフェクトでしょう。

f:id:kokubu_ou:20171106161745j:plain

 

もちろんフロントまわりも
大変豪華です。

オーリンズ製フロントフォークに
ブレンボキャリパー、
カーボンフェンダー、
カーボンホイール
などなど抜かりはありません。

f:id:kokubu_ou:20171106162517j:plain

 

カラーリングは
チタニウムゴールドというという色で
火の玉カラーのデザインを残しつつ
オシャレな感じがしますね。

f:id:kokubu_ou:20171106163111j:plain

 

メーカー発のカスタムモデル Z900RS CAFE

ミラノで開催された
モーターサイクルショー「EICMA」
で発表された
『 Z900RS CAFE』
その名前の通り、
カフェレーサーをイメージした
カスタムZ900RSです。

f:id:kokubu_ou:20171204132719j:plain

f:id:kokubu_ou:20171204132840j:plain

 

ビキニカウルに
ドロップダウンして
低く構えたバーハンドルが
スポーティです。

f:id:kokubu_ou:20171204132828j:plain

 

国内向けにも発売が予定されている様で、
雑誌社向けには試乗会が
九州のオートポリスサーキットで行われ、
グリーン以外にもグレーカラーが用意され、
3月ごろの発売を予定している模様です。

young-machine.com

www.youtube.com

 

ライバルはXSR900?

このZ900RSとZ900の関係は
ヤマハのMT-09とXSR900の関係に
似ていますよね。

MT-09、XSR900も
かなりスポーツを意識した
ネイキッドバイクです。

 

ネオクラシカルやヘリテージと呼ばれる
クラシック
を思わせる雰囲気をかもし出しつつ

最新の機能や
デザインを上手く取り入れている点でも
Z900RSとXSR900は
ライバルと言えるでしょう。

f:id:kokubu_ou:20171025161417j:plain

 

ただ、やはり大きく違うのは
Z900RSにはZ1というモチーフがあって、
XSR900には明確なモチーフがない点です。 

 Youtubeにアップされた
Z900RS カワサキオフィシャルビデオでも
Z1がしきりに出てきます。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

XSR900用に
RZカラーの外装は用意されましたが、
RZはバイクの大きさも全然違いますし、
XSR900のデザインモチーフには
なっていないでしょう。

こういった点を考えると、
同クラスの
スーパーネイキッドバイク
としてはライバルですが、

Z900RSの方は
カワサキの歴史を楽しめる
年齢層や旧来のファン向けで、

XSR900とは
ターゲットユーザーが
少し違ってくるのかもしれませんね。

 

2018年のトレンドはネオクラ、カフェレーサーか

Z900RS CAFEのライバルとして

ホンダのCB1000Rや
スズキのSV650Xといった
カフェレーサーコンセプトのバイクを
発表しています。

2018年のトレンドは
ネオクラ、カフェレーサー
になるのでしょうか??

f:id:kokubu_ou:20171204134834j:plain

▲スズキ SV650X(東京モーターショーコンセプトモデル)

 

うーん、気になる!

 

【PR記事】

f:id:kokubu_ou:20171205134111j:plain

f:id:kokubu_ou:20171205134147j:plain

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com

www.ride-write.com