ジョージマンです。

またまた、
ヤフオクでNSR250Rの新車

NSR250R SP
レプソルカラーです。

写真の背景から察するに、
同じ方が出品されているようです。

何台も
ストックしてらっしゃる
のでしょうか・・・

持ってる人も
買ってる人もウラヤマシイ。

f:id:kokubu_ou:20170313084438j:plain

NSR250Rの希少性

NSR250R SPは
20年以上前のバイクで、
年間1000台の限定生産車両。

しかも当時は
レースで使用する人が
たくさんいましたから、
かなりその数を減らしたでしょう。

また、今後絶対製造されることが
ないであろう
2サイクルエンジンです。

その希少性を考えると
この価格は納得です。

2サイクルが
製造されないデメリットは
コチラの記事を参照下さい。▼

 

当時の新車価格は80万円ですから、

3倍以上です

ただこういう車両を買っても、
もったいなくて
乗れないんじゃないでしょうか?

私としては
あの2サイクルの加速感や排気音を
もう一度楽しみたいと思っているので、
やはり中古車が現実的でしょう。

 

中古バイクを探そう

「じゃあ中古バイクを探そう」
とは言ってもやはり特殊な車両です。

2サイクルエンジンは
ハイパワーですが
耐久性は4サイクルに比べると
劣ります。

いわゆる腰上と呼ばれる
シリンダーから上の部分は
構造が簡単で
特殊な工具も必要ないので、
私でも分解、組み立てができます。

ピストンや
ピストンまわりの
リング、ピン、ベアリング
このあたりは
2サイクルの場合、
数千キロでの交換は常識なのです。

レース車両になると
数百キロで交換です。

20年経った2サイクル車で
心配なのはどちらかというと、
腰下の方。

つまりクランクまわりです。

クランクまわりは
ハイパワーゆえに
ベアリングなどのガタが出やすく、
熱によるシール類の劣化も
激しいです。

しかも、

少なくとも20年経っていますから
シールの類は
経年劣化しているでしょう。

NSR250Rの場合、
クランクは
アッセンブリ(組みあがった部品)
で交換となり部品代も15万円ほど。

値段もさることながら、

分解、組み立てるのは
非常に面倒くさい。

 

2ストバイク専門店に行ってみた

やはり買うとしたら、
バイク屋さんで買う方が良いです。

お金がかかってでも
修理してもらえます。

見てしまったら
買っちゃうんだろうな~

そんな風に思いながらも
衝動を抑えきれずに
この時は見に行ってしまいましたw

私の住む大阪には
2サイクル車を
得意とするお店が数件あります。

そのうちの1件、

南大阪にある
『チャレンジフォックス』
さんにお邪魔しました。

f:id:kokubu_ou:20170313100602j:plain

見てください。

宝の山です。

 

宝の山の中で見たもの

この時お店にあったNSR250Rは
ほとんど売れてしまって、
TZR250R(3XV)が
多く目立っていました。

今回のお目当ては
NSR250Rだったので、

このNSR250R SE、MC21と

f:id:kokubu_ou:20170313100901j:plain

f:id:kokubu_ou:20170313100905j:plain

 

このNSR250R SE、MC28

f:id:kokubu_ou:20170313101000j:plain

 

この2台のNSRを見に行った
つもりだったのですが・・・

おおおおおおお!!!!?

1994年式 TZR250R SP !!!!!

f:id:kokubu_ou:20170313101047j:plain

 

私が若いころに
乗りこなせないまま手放した
同じ年式の
TZR250R SPが置いてあったのです!

f:id:kokubu_ou:20161228141521j:plain

※当時ライト、ミラーの保安基準が緩く、極小の物を取り付けています。

 

TZR250R SPは
NSRよりも更に生産台数の少ない

年間500台。

希少車です。

 

TZR250R(3XV)でも部品供給される?

私の乗っていたTZRじゃないか!?
と本気で思いましたが、

違いましたw

でも、それぐらいの希少性が
このバイクにはあります。

店頭に並んでいたTZR250R SPは
コレクターの方が
新車で購入して、室内保管。

コンディション維持のために
近距離だけを乗り回していたそうです。
錆も見当たらず、極上車です。

しかし、TZRとなると心配なのが、
この先乗っていけるのか?です。

前述した通り、
2サイクルエンジンは消耗部品が多いです。

ピストンやクランクまわりのパーツなど
このあたりの
補修部品が供給されないと
乗り続けることは出来ず、
オブジェとして飾るしかありません。

その点NSR250Rは昨年、
ホンダが部品生産を再開したのと、
中古部品や社外部品が多いので
心配いりません。

この点を店長さんに聞いてみると、

「3XVなら部品供給してもらえますよ。」
「当店で何台もオーバーホールしてます。」

とのこと。

TZR250Rのパーツは生産中止ではなく、
『欠品』しているだけなのだそうで
ある程度まとめて発注すれば
部品は出してくれるそうです。
このあたりが専門店の強みですね。

 

NSRかTZRか・・・

色々なお話を
1時間ほど聞かせてもらって、
信頼出来そうなお店
だというのはわかりました。

そして、

TZR250Rという
ちょっとあきらめていた
選択肢が復活してしまいました

しかし、
1994年式 TZR250R SP(3XV)の
お値段は

148万円。

f:id:kokubu_ou:20170314084857j:plain

 

希少性から考えると
高い値段とは言えません。

でも高いw

納車整備費用が更にかかります。

おそらくこれを逃したら
二度と94年式TZR250R SPは
手に入れられないでしょう。

めっちゃ悩みますw

何とかして
このTZR250R SPは
手に入らないものなのだろうか・・・

>> 続き

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。