ジョージマンです。

大人気の新型バイク
ホンダ CBR250RRですが

タイやインドネシアといった
東南アジア地域では
レプソルカラー(REPSOL EDITION)が
発表され、発売となっているようです。

「しまった~!」

なんて思っている人も
いるじゃないでしょうか?

◆ MMD MODEL:ままま式GUMI 

 

CBR250RR REPSOL EDITION の国内販売は?

今のところ日本国内販売は
告知されていませんが、

これまでCBR1000RR、CBR600RR、
CBR250Rには
歴代レプソルカラーが限定色として
設定されてきて大人気でしたから
CBR250RRにも
設定される可能性はあると思われます。

f:id:kokubu_ou:20171024145730j:plain

youtu.be

 

現在、輸入バイクで有名な MSLゼファーや
全国大手のバイカーズステーションSOXに
並行輸入で入ってきている模様です。

入ってきているのはインドネシア仕様のようで

  • ハンドガード
  • シングルシートカバー
  • カーボンフェンダー

が特別装備されています。

また、日本の交通法規に合うように
日本仕様のウィンカーを追加装備して
販売しているお店もあります。

※インドネシア仕様は
ポジションランプが
ウィンカーランプ兼用になっていて
日本の法規と合わない。

 

NSR250R、NSR50 / 80にも採用されていたレプソルカラーとは?

以前の記事でご紹介した
ヤフオクに出品されていたNSR250Rも
レプソルカラーでしたね。

日本国内向けのバイクに
このカラーリングが採用されたのは
NSRが初めてではないでしょうか。

1995年のスペシャルカラーです。

f:id:kokubu_ou:20170620174139j:plain

▲NSR250R SP

 

f:id:kokubu_ou:20170620174150j:plain

▲NSR50

 

レプソルカラーは
ホンダ・レーシング(HRC)が1995年から
ロードレース世界選手権に参戦する
ワークス・レーシングチーム
『レプソル・ホンダ (REPSOL HONDA)』
のマシンにペイントされた
カラーリングです。

1995年のロードレース世界選手権に
参戦していたNSR500のレプリカとして
市販のNSR250RやNSR50/80にも
採用されたというわけです。

つまり

REPSOLカラー = HONDAのレーシングマシン

というイメージがあるのです。

 

バイク王 評判 帰らない 買取

REPSOL(レプソル)って何のメーカー?

レースを走っているバイクに
入っているロゴは
そのチームに出資や
商品提供をしている
企業のロゴです。

チーム名にも入っているぐらいですから、
REPSOLは
ホンダレーシングの
メインスポンサーです。

REPSOL(レプソル)は、
スペインに5カ所、
アルゼンチンに3カ所、
ペルーに1カ所の
計9カ所の製油所を持つ

スペインの石油・ガス業界の企業

37カ国で事業を展開する
総合エネルギー会社であり、
90カ国に製品を販売しています。

ヨーロッパや中南米を中心に
6,900カ所以上の
販売拠点ネットワークを持ち、
石油製品を販売。

日本でも流通量は少ないですが
エンジンオイルが販売されています。

REPSOL MOTO RACING 4T 4L 10W40 レプソル エンジンオイル 100%化学合成油(007077J)

価格:5,980円
(2017/6/20 18:58時点)

公式サイト(英語/スペイン語):https://www.repsol.energy/en/

中でも
事業の65%を占める中核事業は
ガス事業で、
液化天然ガス(LPG)では
年間300万トン程の販売実績があり、
世界で第3位の企業となっています。

 

チーム レプソル・ホンダ

現在、レプソル・ホンダのライダーは

マルク・マルケス

ダニ・ペドロサ

2人ともレプソルが拠点をおく
スペインのライダーで、
今回のCBR250RR REPSOL EDITION
PVに出演していますね。

マルケスは
2013年~2016年のチャンピオンを飾り、
『ヒジスリ』コーナーリング
を世に知れ渡らせた
天才ライダーとしても有名です。

過去にも

ミック(マイケル)・ドゥーハン
アレックス・クリビーレ
バレンティーノ・ロッシ
ニッキー・ヘイデン
ケーシー・ストーナー

といったライダーが
レプソルカラーのホンダマシンで
ワールドチャンピオンに輝いています。

 

中国製のカウルセットにもレプソルカラーは多いけど

現在、NSR250Rや
CBR1000RR、CBR600RR、
旧CBR250RR用に
レプソルカラーの中国製カウルセットが
販売されていて、
価格的にはお手軽に
レプソルカラーのバイクを
作ることは可能です。

NSR250R,MC28,外装セット タンクカバーあり レプソル repsolフルカウルキット

価格:50,800円
(2017/6/20 19:52時点)
感想(0件)

CBR1000RR 06-07 用 外装セット repsol レプソル フルカウルキット

価格:50,760円
(2017/6/20 19:51時点)
感想(0件)

CBR600RR 05-06 用 外装セット repsol レプソル フルカウルキット

価格:50,760円
(2017/6/20 19:54時点)
感想(0件)

CBR250RR MC22 用 タンクあり 外装セット repsol レプソル フルカウルキット

価格:51,624円
(2017/6/20 19:52時点)
感想(0件)

ですが、

取り付けとなるとカウルの精度が悪く、
穴の開け直しはもちろん。

フレームやマフラーの接触部分の加工や
ヘッドライトの光軸合わせなど
作業的には
お手軽にとはいかないようです。

私としては
TYGAのフルカウルキットに
REPSOLカラーを施したりするのが
かっこいいんじゃないかな~
なんて思いました。

TYGA PERFORMANCE タイガパフォーマンス フルカウル・セット外装 フルカウルキット ストリート向け NSR250R GP-T 素材:GRP/ホワイト NSR250R

価格:120,620円
(2017/6/20 19:58時点)
感想(0件)

うーん、気になる!

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。