ジョージマンです。

シャリーのオイル交換をしたので
レポートしておきます。

小排気量バイクのオイル交換は
オイル量が少なく、作業も簡単、
楽チンなので初心者ライダーの方も
挑戦して下さい。

 

スーパーカブやモンキー、シャリーにオススメのオイルは?

スーパーカブのエンジンは
モンキー、ゴリラや
ダックスやシャリーなど
様々なホンダ4サイクル
ミニスポーツ車に搭載されています。

そして、私のシャリーは
スーパーカブ90のエンジンに
換装されています。

オイル交換の基本作業は
同じなので
他の車種の方も参考にして下さい。

で、カブ系エンジン
オススメのオイルですが

ホンダ純正のHONDA ULTRA G1
をオススメします。

f:id:kokubu_ou:20170906213532j:plain

 

改造して、
10,000rpm前後を常用する人でも
半化学合成油のHONDA ULTRA G2 で
いいんじゃないかなと
私は考えています。

詳細はグロムの記事に書いていますので
参考にしてみてください。

 

センタースタンドがない時

私のシャリーには
センタースタンドがありません。

軽量化とドレスアップの為に外しました。

でも、オイル交換時には
センタースタンドがあった方が便利です。

そこで登場するのが、

『車用のジャッキスタンド』

『三角スタンド』とか
『ウマ』とかとも言います。

f:id:kokubu_ou:20170808214218j:plain

 

これを左右のステップバーのところに
掛けます。

サイドスタンドのない右側からやると
やりやすいです。

f:id:kokubu_ou:20170808214556j:plain

 

この通り直立してくれました。

チェーン調整や
チェーンオイルを注油するときも
便利です。

f:id:kokubu_ou:20170808215654j:plain

f:id:kokubu_ou:20170808223023j:plain

 

バイク王 評判 帰らない 買取

オイルドレンボルトを緩める時の注意

エンジンの下側にあるボルトが
エンジンオイルを抜くボルトです。

ドレンボルトといいます。

進行方向に対して右側から
覗き込んだ時にある
17HEX(17mm頭)ボルトです。

f:id:kokubu_ou:20170808221239j:plain

 

左側にも似たような
14HEXのボルトがありますが、

これはカムチェーンの
テンショナーボルトなので
絶対に間違わないようにしましょう。
面倒なことになります。

f:id:kokubu_ou:20170808221422j:plain

 

オイル交換作業開始

ついたてがあるので、
ソケットレンチの方が外しやすいです。

メガネレンチでも
外せないことはありません。

f:id:kokubu_ou:20170808221751j:plain

 

下にオイルの受け皿を
用意するのを忘れないようにしましょう。

スーパーカブ系エンジンなら
容量が少ないのでオイルの受け皿は
100均コンテナでもOKです。

f:id:kokubu_ou:20170808222832j:plain

 

ある程度オイルが抜けたら、
オイルゲージを外して
オイルを拭っておきましょう。

ティッシュとかでやるとやぶれるので、
メカニック用ペーパータオルや
キッチンペーパーで拭き取るのが
良いです。

f:id:kokubu_ou:20170808223505j:plain

 

ポタポタとオイルが抜けきるまで
10分ほど放置&休憩。

f:id:kokubu_ou:20170808223703j:plain

 

ドレンボルトを締めます。

アルミワッシャーは
交換するのがベストですが、
私はあまり交換しません。

オイル漏れとかも今までにないです。

f:id:kokubu_ou:20170808224005j:plain

 

ブレーキクリーナーで
ボルトまわりを洗浄します。
逆さ噴射OKのスプレーが
便利です。

f:id:kokubu_ou:20170808224020j:plain

 

廃油は廃油パックなどに入れて
ゴミとして出す方法が一般的です。

私は空きオイル缶に溜めておいて、

近所のガソリンスタンドに
引き取ってもらっています。

f:id:kokubu_ou:20170808224312j:plain

 

新しいオイルを入れましょう。

オイル缶に注ぎ口を指して
直接入れても良いですが、
オイルジョッキがあると入れやすいです。

スーパーカブ系エンジンの
オイル交換時のオイル量は
0.6Lなので
ひとまず0.5L入れて様子を見ます。

f:id:kokubu_ou:20170808225145j:plain

f:id:kokubu_ou:20170808225508j:plain

 

オイルゲージを差し込み、
ネジを回さないでそっと引き抜きます。

f:id:kokubu_ou:20170808225337j:plain

 

0.5L入れた状態がコレです。
もうちょっと足したいかな?

f:id:kokubu_ou:20170808225433j:plain

 

少しずつ慎重に足しましょう。

f:id:kokubu_ou:20170808225213j:plain

 

良い感じのオイル量になりました。
これでOKです。

f:id:kokubu_ou:20170808225619j:plain

 

その後はオイルゲージを締めて、
1度エンジンを掛けます。

数分したらエンジンを切って、
1分ぐらい置き、
再びオイルゲージを確認します。

OK、問題なし。
オイルゲージを締めこんで
作業終了です。

f:id:kokubu_ou:20170808225855j:plain

 

カブ系エンジンオイル交換のまとめ

ドレンボルトとカムテンショナーの
ボルトの間違いさえ注意すれば、
あとは簡単にできる作業だと思います。

オイル交換の時期は
3000kmごとか6ヶ月に一度ぐらいが
良いと言われています。

私の場合はあまり距離を乗らないので、
6ヶ月に一度
交換するようにしています。

ぜひみなさんも
オイル交換に挑戦してみて下さいね。

【今回の使用した商品】

HONDA [ ホンダ純正オイル ] ULTRA G1 [ ウルトラ G1 ] 10W-30 [ SL ] 鉱物油 [ 1L ] (4サイクル用) 08232-99961 [HTRC3]

価格:898円
(2017/12/8 15:22時点)
感想(0件)

>>Amazonでの購入はコチラ

【エーモン 1604】ポイパック 4.5L【オイル交換】 バイクパーツセンター

価格:232円
(2017/12/8 15:25時点)
感想(14件)

>>Amazonでの購入はコチラ

 




最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。