ジョージマンです。

遠方の友人から
ツーリングのお誘いがあり、
参加表明したものの
大排気量バイクとの
長距離&高速道路メインツーリングに
NSR250Rでは少々不安があります。

そこで親戚が
ZX-14(ZZR1400)に乗っていることを
思い出し、
今回のツーリングは
このバイクを借りることにしました。

>>バイク王で高く売る5つのコツ

 

整備が必要だったZX-14

早速、
親戚に連絡を取ってみると

「貸してもいいけど、フロントブレーキが握り込まないと効かないよ。」

「たぶんブレーキフルードを新車で購入してから1度も交換していないので原因はそれだとおもう。」

症状からして
ブレーキラインの
エアかみが原因だろうと考え、
私は修理して返却を条件に
ZX-14を借りることにしました。

NSRを預け、
ZX-14を引き取り
自走で自宅へ戻ります。

・・・なんか臭う。

ラジエター液の臭いがします。

どこかしらから
漏れてるレベルの臭いで、
リザーブタンクの容量も
不安な量です。

カワサキっぽいな・・・w

f:id:kokubu_ou:20171016170007j:plain

 

ZX-14のアンダーカウルを外そう

まずはアンダーカウルを外さないと
ホース類は見えませんし、
ラジエターキャップは外せたものの、
給水するには口が遠すぎます。

ボルトが多くて面倒ですが、
左右のアンダーカウルを外します。

f:id:kokubu_ou:20171016170519j:plain

 

順番があるZX-14のカウルの外し方

人のバイクなので
ヘタなことは出来ませんが、
マニュアルもありません。

なのでZX-14のカウルを外すのは
時間がかかりました。

特にセンターとボトムのつなぎ方が
下の写真のように
真ん中で折るような
組み方になっていて苦労しました。

f:id:kokubu_ou:20171016171149j:plain

 

どこで苦労したかというと、
左側です。

折りたたもうとしても
床やサイドスタンドに接触して
折りたためません。

もう一人バイクを
支えてくれる人か
メンテナンススタンドが
あれば楽勝ですけどね。

最悪センターと
つないだまま外しましょう。
(カウルの爪が折れるかもしれないので推奨しません)

f:id:kokubu_ou:20171016171423j:plain

 

次にハンドル下のカバーと
タンク前方のカバーを外します。

ハンドル下のカバーは
ボルト3本で止まっているだけで
ピンなどはありません。

f:id:kokubu_ou:20171016172634j:plain

 

タンクカバーは
センターと左右の合計3本のボルトと、
ゴムブッシュに押し込むタイプの
ピンが左右で合計4本ありますので
気をつけましょう。

f:id:kokubu_ou:20171016173256j:plain

 

サイドカバーも
ゴムブッシュに押し込むタイプの
ピンが左右に2本ずつあります。

f:id:kokubu_ou:20171016174608j:plain

 

残るはセンター部分。
アッパーカウルとの
つなぎ目に気をつけます。

まずはプラスチックピン。
真ん中を六角レンチなどで
押し込むと外れます。

f:id:kokubu_ou:20171016175332j:plain

 

次に穴の奥にある
六角ボルト外します。

f:id:kokubu_ou:20171016175455j:plain

 

サイド側のボルトを
外していきます。

f:id:kokubu_ou:20171016175735j:plain

 

アッパーとの継ぎ目は
ひっかけるようになっているので
ムリヤリ引っ張らないように
注意しましょう。

f:id:kokubu_ou:20171016175832j:plain

 

ウィンカーのカプラーにも注意。

f:id:kokubu_ou:20171016213428j:plain

 

やっと取れました。

大量のビス!

f:id:kokubu_ou:20171016184403j:plain

 

ZX-14の特徴である
バックボーンフレームが
丸見えです。

f:id:kokubu_ou:20171016184302j:plain

 

行きどころを無くした
バッテリーやエアクリーナーは
フレームの中という
思い切ったことをやってます。

f:id:kokubu_ou:20171016202128j:plain

 

ラジエター液漏れの修理

カウルを外すと、
ラジエター液漏れの箇所は
すぐに見つかりました。

左側下部のホースから
漏れて乾燥した跡があります。

f:id:kokubu_ou:20171016184619j:plain

 

まずはホースを外してみます。

ラジエター液も
ドス黒くなっているので
交換しましょう。

f:id:kokubu_ou:20171016184757j:plain

 

ホース自体はひび割れもなく、
まだ柔らかかったので
ジョイント部分の
塗装はがれや腐食を
ワイヤーブラシと
サンドペーパーでならします。

f:id:kokubu_ou:20171016185143j:plain

 

キレイになりました。

f:id:kokubu_ou:20171016185202j:plain

 

ホースをつないで
新しいラジエター液を注ぎます。

カウルを取って正解です。

f:id:kokubu_ou:20171016185353j:plain

f:id:kokubu_ou:20171016185411j:plain

 

エンジンをかけてエア抜き

f:id:kokubu_ou:20171016185443j:plain

 

リザーブタンクも
適量にしておきます。

f:id:kokubu_ou:20171016185526j:plain

 

これで今のところは
漏れの再発もなく大丈夫です。

ブレーキフルードの交換

さて、ここからがメイン(?)
のブレーキフルードです。

新車購入から
1度も交換していないという事は
約10年交換していない
という事なので、

前後ブレーキと
油圧クラッチのフルードも
交換することにしました。

ブレーキフルードが
塗装部分にかかると
塗装が変色します。

もし、カウルなど
塗装面にブレーキフルードが
かかってしまった場合は
すぐに水でよく洗い流しましょう。

水で中和、洗い流せます。

今回は先にカウルを外したので
念のため外したまま作業します。

もうフタを開ける前から
嫌な予感がしますw

f:id:kokubu_ou:20171016185845j:plain

 

コーヒーはいかが?w

スゴイ!
ブレーキフルードって
ここまで黒くなるんですね!

f:id:kokubu_ou:20171016185958j:plain

 

底に汚れも沈殿しちゃって
新しいフルードを注いでも
溶けません。

本来なら
マスターシリンダーを
オーバーホールしたいところですが
ツーリングまで時間がないので
フルードの交換だけにします。

f:id:kokubu_ou:20171016190238j:plain

 

ブレーキフルードを
交換する儀式はオイル選び同様
宗教化しているので、
色々な方法があります。

今回ご紹介するのは
私が一人で作業する場合に
良いと思っている方法です。

まず、注射器と
ワンウェイバルブ付ホース
を用意します。

f:id:kokubu_ou:20171016190621j:plain

 

注射器を使ったエア抜きは、
キャリパー側から抜くという人と、
キャリパー側から
フルード入れるという人がいますが、
私はキャリパーから抜く派です。

キャリパー側から
フルードを注射器で抜くと、
注射器のピストンが
戻される事が多いので、
逆流を防ぐため
ワンウィバルブを
途中に入れるのです。

f:id:kokubu_ou:20171016190907j:plain

 

マスターシリンダーカップに
新しいフルードを注いで、
ブレーキキャリパーの
ブリーダーにホースをつないで
スパナでブリーダーを緩めます。

ブレーキレバーの操作はしません。
緩める前に
ちょっと注射器をひいておくと
勢いよくフルードが流れます。

f:id:kokubu_ou:20171016191220j:plain

 

カップの中のフルードが
なくならないか
確認しながらやりましょう。

なくなっているのを見落として
作業を続けると
またエアをかむことになります。

ブレーキフルードの色が
新しい色になるまでやりましょう。

f:id:kokubu_ou:20171016191356j:plain

 

反対側も色が変わるまでやります。

f:id:kokubu_ou:20171016191552j:plain

 

エアがなかなか抜けない
(ブレーキのあたりがでない)
ときはマスターシリンダーの
ブリードバルブや
バンジョーを緩めてエアを抜きます。

マスターシリンダーから抜く時は
ブレーキレバーを握ったまま
ブリーダーを緩めます。

※バンジョーを緩める場合は
フルードが飛び散るので
濡れたウェスなどで
バンジョーのまわりを抑えましょう。

何度も言いますが、
ブレーキフルードは塗装を変色させます。

何度かやってあたり(ブレーキの感触)
を出して
気泡がでなくなるまで
やりましょう。

f:id:kokubu_ou:20171016191821j:plain

 

気泡がでなくなって、
ブレーキの握りしろに問題がなければ
(あたりが出たら)エア抜き完了です。

マスターシリンダーカップに
フルードを適量補充して~

f:id:kokubu_ou:20171016192323j:plain

 

ダイヤフラム(ゴムのフタ)
を戻して~

f:id:kokubu_ou:20171016192333j:plain

f:id:kokubu_ou:20171016192342j:plain

 

フタをします。

ブレーキの効きも良好です。

f:id:kokubu_ou:20171016192353j:plain

 

次にリアブレーキです。

コッチは
まだ紅茶ぐらいの色合いですw

f:id:kokubu_ou:20171016192513j:plain

 

基本的にはフロントと同じ作業です。

f:id:kokubu_ou:20171016192620j:plain

 

ブレーキパッドの面取りもやっておこう

ブレーキをかけた時に
少しキーキー音がするので
パッドの面取りをしておきます。

ブレーキキャリパーの汚れは
酷くなかったので
歯ブラシと中性洗剤で洗いました。

f:id:kokubu_ou:20171016225203j:plain

 

ZX-14の
フロントブレーキのキャリパーは
1つのキャリパーにつき
4枚のパッドが入っていました。

f:id:kokubu_ou:20171016225320j:plain

 

角が立っているので
金ヤスリで削ります。

f:id:kokubu_ou:20171016225421j:plain

 

こんな感じです。

f:id:kokubu_ou:20171016225455j:plain

 

油圧クラッチのフルード交換

次はクラッチです。

こちらも
エスプレッソみたいになっています。

f:id:kokubu_ou:20171016211726j:plain

 

クラッチは
レバーを握っていないと
キャリパーから
フルードが出てこないので、
ゴムチューブで縛りました。

f:id:kokubu_ou:20171016212532j:plain

 

注射器で抜いていきます。

f:id:kokubu_ou:20171016212708j:plain

 

カップが小さいので
フルードがなくならないように
気をつけましょう。

私はミスって
エアが入っちゃいましたw

f:id:kokubu_ou:20171016212828j:plain

 

このクラッチマスターは
ブリードバルブがついているので
上からエアを抜きます。

何度かレバーを握って
ある程度あたりを出し、
レバーを握りながら
ブリードを開けてエアを抜きます。

f:id:kokubu_ou:20171016213018j:plain

 

エアが抜けきって、
あたりがでたら
ダイヤフラムと
フタを元に戻して完了です。

カウルを

センター

ボトム

サイドカバー

タンクカバー

ハンドル下カバー

の順で戻しましょう。

お疲れ様でした。

f:id:kokubu_ou:20171016214759j:plain

 

【今回使用した商品】

AZ 注射器(シリンジ)60ml[耐油チューブ50cm付] *郵送で送料無料

価格:540円
(2017/12/8 13:46時点)
感想(13件)

>>Amazonでみる

AP ワンウェイ バルブ【工具 DIY】【アストロプロダクツ】

価格:961円
(2017/12/8 13:46時点)
感想(4件)

>>Amazonでみる

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。