ジョージマンです。

カワサキ公式ホームページ
にも発表された

Ninja250・Ninja400の
2018年モデル

Ninja250の
スペックを見てみると
現行のSS250では最強スペック!

Ninja400はNinja250ベースの
400ccバージョンで

軽量ハイパワーモデルとなって

かなり魅力的です!

Ninja250 Ninja400

 

 

>>下取りよりも高くバイクを売る方法

 

 

33年ぶりの
新型パラレルツインエンジン

▼Ninja250・2018年型

Ninja250 Ninja400 1

 

今回の
Ninja250・400のモデルチェンジで
一番大きなところはエンジンです。

Ninja250に関しては
GPZ250から
33年間ず~っと使い続けていた
パラレルツインエンジンから脱却して
新型エンジンを採用となりました。

※Ninja250の旧型エンジンについては
下記事を参照ください。

 

旧型エンジンに比べて
新型エンジンが大きく違うのは

これまでの
ホリゾンタル吸気から
ダウンドラフト吸気
となったことです。

ダウンドラフト吸気というのは
ヤマハがGENESISエンジンでやった
前傾シリンダーエンジンの事です。

つまりは
吸気をストレートにすることができ、
ハイパワーと低燃費を
両立させることが可能なのです。

 

結果としては

前型モデルより
最高出力8psアップ、最大トルク0.3kg-m
アップ!

これまでの
クラス最強スペックだった
CBR250RR(MC51)と比べても

1psアップ、最大トルク0.1kg-m
とわずかですが上回ります。

さらに
ホリゾンタル吸気の欠点でもある
シート下のエアボックスが
ダウンドラフトになることによって
燃料タンク下へ移動となったため、

シート幅がスリム=足つき性が良くなった
というメリットもあります。

▼Ninja400・2018年型のリアビュー

Ninja250 Ninja400 2

 

Ninja400はNinja650のダウンサイジングから
Ninja250のバージョンアップ版に

Ninja400については
新型エンジンの採用
というところだけではありません。

根本的な概念が大きく変わっています。

これまで
Ninja400は
Ninja650のダウンサイジング版でした。

ところが今回のNinja400は
新型のNinja250をベースに
したものになっています。

結果として

211kgから168kgと

−43kgの軽量化になっています!

新型Ninja250と比べても
たった1kg重いだけ!!

しかもエンジンスペックは

45ps/10,000rpm・3.9kg-m/8,000rpm
ですから

2st 250ccのNSR250Rなみのスペックと言えるでしょう。

▼Ninja400・2018年型

Ninja250 Ninja400 3

 

バイク王 口コミ 評判 買取 査定バイク王 口コミ 評判 買取 査定

価格にも注目!

ホンダが最新技術をブチ込んだ
CBR250RR(MC51)は

ABSなしで

756,000円 [消費税8%含む] (本体価格 700,000円)

ABSを標準装備した
新型Ninja250(標準カラーモデル)は

629,640円 [消費税8%含む](本体価格583,000円)

なんと10万円以上も安いです!

さらに
新型Ninja400(標準カラーモデル)も

699,840円 [消費税8%含む](本体価格648,000円)

とCBR250RRに比べると
5万円以上安いです!

じゃあ安っぽいのか?
といえばそうではありません。

まずエンジンのスペックに関しては
先程も言った通り
CBR250RRよりも優れています。

また、

車体重量についても
CBR250RRと同じ167kgです。

シャーシについては
新作の鉄製トレリスフレームを採用、
フロントフォークはφ37→41mm に
大径化と手抜きはありません。

ハンドル・メーターまわりを見ても
質感高くまとまっています。

Ninja250 Ninja400 4

 

Ninja250・Ninja400まとめ

CBR250RR(MC51)よりも
高いスペックを持ちながら
10万円以上も安いNinja250。

650ccからのダウンサイジングという
キャラクターから脱却し、

250ccのバージョンアップ版
300ccを超える400cc
という革命を起こしたNinja 400.

これは2018年の
大ヒット間違いなしでしょう!

うーん、気になる!

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。