ジョージマンです。

レンタル819年間会員
マイガレ倶楽部を利用しての
インプレッション&ツーリング
レポートです。

今回は
CB1300 SUPER BOL D’OR
(スーパーボルドール)
正直に言うと、
「まぁシンプルなバイクだろう?」
と、あまり期待していなかったのですが
実際に乗ってみると、

このバイク
すごく気に入っちゃいましたw

◆ MMD MODEL:大淀改 「艦これ」ファンアートモデル(モデル製作:槭樹)

 

スタンダードだけど充実の装備

今回レンタルしたCB1300SBは
2014年モデルです。
モデルチェンジで
5速ミッションから
6速ミッションに
変更されたモデルです。

f:id:kokubu_ou:20180305111418j:plain

 

見た目の印象は「デカい」
またがった印象も
見た目通りの重量感です。
小柄な方は
ちょっとしんどいかも
しれません。

f:id:kokubu_ou:20180305120417j:plain
▲レンタルバイクについていたリアキャリアは社外品です。

 

20年ぶりぐらいにセンタースタンドを
立ててみましたが、
体重60kgでは苦労しました。

f:id:kokubu_ou:20180305111823j:plain

 

エンジンは水冷直列4気筒1284cc
最高出力 :101PS / 7,000rpm
最大トルク:11.7kgf・m / 5,500rpm
低回転からトルクが発生し、
非常に滑らかで扱いやすいです。

f:id:kokubu_ou:20180305112547j:plain

 

サスペンションは
正立フロントフォークに
ツインショックのリアサス
しかしながら
リアの減衰力は伸び縮みの
イニシャルが調整可能。

f:id:kokubu_ou:20180305113411j:plain

 

スイングアームも
軽量なアルミ製のものを採用。

f:id:kokubu_ou:20180305113421j:plain

 

ブレーキも2014年モデルからは
ABSが標準装備。
派手さはありませんが、
不満を感じるところはありません。

f:id:kokubu_ou:20180305113433j:plain

 

収納性が高いシート下やグローブボックス

シートはフェンダー内の鍵で
簡単に取り外せます。

f:id:kokubu_ou:20180305115742j:plain

 

シート下には
収納スペースがしっかりあって
財布や携帯なら余裕で入ります。
ツーリングの時の荷物を減らしたり
普段のチョイ乗りにも重宝しそうです。

f:id:kokubu_ou:20180305115625j:plain

 

アッパーカウルの左側にも
鍵付きのグローブボックスがあって、
ETC車載機をここに取り付けたり、
サービスエリアなどでETCカードを
ここに一旦入れておいたりなど
いろいろ使えます。

f:id:kokubu_ou:20180305120129j:plain

 

バイク王 評判 帰らない 買取

メーターはシンプルで見やすく機能も充実

メーターは
カウルに固定されていますが、
CB1300SFの砲弾型メーターが
そのままカウルに
埋まっているような感じです。

昔ながらの左スピードメーター
右タコメーター。
スピードは270km/hまで
目盛りがありますが、
リミッターは180km/hです。

真ん中の液晶パネルは上から

  • 時計
  • ギアポジション
  • 距離や燃費などマルチ
  • 燃料計

となっています。
ギアがニュートラルの時は
液晶には何も表示されず、
スピードメーター内に
Nのランプが点灯します。

私としてはNって表示して欲しいなぁ

マルチ部分は下記の通りで
充実しています。

  • ODO(総走行距離)メーター
  • トリップメーターA、B
  • トリップメーターに連動の平均燃費A、B
  • トリップメーターに連動の燃料消費量A、B
  • 外気温
  • 水温
  • 瞬間燃費

f:id:kokubu_ou:20180305123328j:plain

 

ギアを入れるとこんなカンジ

f:id:kokubu_ou:20180305122346j:plain

 

切り替えは
メーターにあるスイッチなので
走行中は切り替えにくいです。

f:id:kokubu_ou:20180305125513j:plain

 

どこで乗っても楽しい

CB1300SBにあまり期待していなかった
というのは
普通過ぎて退屈なバイク
なんじゃないかな?
と思っていたからです。

しかし、1日乗り終えてみると
『どこでも普通であるという凄さ』
に気付くことができました。

 

市街地

低回転トルクがしっかりあるので
発進はスムーズそのもの。
クラッチも油圧クラッチですが
非常に軽くきれます。

クラッチがつながった後は
とにかくスムーズ。
低回転でギクシャクするような事は
ありません。

重量も走り出すと
あまり感じることはなく
ハンドリングは軽快です。

ただ、ボルドールの場合は
渋滞のすり抜けとなると
カウルのミラー幅を確認して
もう一度ハンドル幅を
確認する事になります。

f:id:kokubu_ou:20180306210611j:plain

 

結構これが神経を使ったので、
白バイのように
ハンドルへミラーを取り付ける方が
良いのかもしれません。

f:id:kokubu_ou:20180305131141j:plain

 

左右のマスターシリンダーの
メクラを外せばネジ穴はあるので、
ミラーは簡単に変更できそうです。

f:id:kokubu_ou:20180305132207j:plain

 

高速道路

f:id:kokubu_ou:20180305133053j:plain

大型のカウルがあるので、
走行風が当たらないという
わけではありませんが、
走行風による
疲労感はありませんでした。

また、
車体重量がしっかりとあるので
少々の横風にも
ふらつくような事はなく、
安心して高速走行を楽しむことが
できました。

モデルチェンジで変更になった
6速ミッションは
推進力を心地よく感じられる
3000rpmあたりで走るのであれば
5速までで十分に感じました。
100km/hを超えるようなスピードで
巡行したり、
燃費向上を神経質に狙う人でなければ
あまり必要ないかな?
と思います。

モデルチェンジ前の前期型でも
スプロケを調整すれば、
十分なのかもしれません。

 

峠道

f:id:kokubu_ou:20180305135230j:plain

これは意外なほど走れました。
タイトコーナー、高速コーナー
意のままに曲がれます!

重量があるので
もっとモッサリしているかと
思いましたが、
アクセルを開ければ
十分に速く走れますし、
重量がある分、
路面のギャップなどにも恐怖を感じず
しっかり操作できます。

走りに集中することが出来、
バイクをコントロールできることが
非常に楽しいと感じました。

 

CB1300SBインプレまとめ

シンプル&スタンダード=退屈
と、私は勝手に思い込んでいましたが
これは大きな間違いでした。

むやみにエンジンパワーを上げたり
軽量化するのではなく、

バランスを上手くとることで
どんなステージでも
コントロールを楽しめるのが
今回のCB1300SBでした。

カスタマイズパーツも豊富ですから
自分仕様に味をつけていくのも
楽しそうです!

ロングセラーということが
うなずけるバイクでした。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。