ジョージマンです。

バイクの輸入車というと
ドゥカティやアプリリアなど
イタリア製のバイクが多いですが、
根強い人気でファンも多いのが

ドイツ製のバイクBMWです。

そしてBMWのバイクで
伝統的に愛され続けているのが
ボクサーツイン(水平対向2気筒)
のエンジンを搭載したモデルです。

そんな
ボクサーツイン搭載したモデルで
カスタムされる事を前提とした
R NINE T シリーズ
が2014年に発売され、
注目を浴びました。

今回ご紹介するバイクは
そのR NINE T シリーズの中でも
『カフェレーサー』タイプの
R NINE T Racerです。

 

BMW R NINE T Racer

 

>>下取りよりも高くバイクを売る方法

 

 

なんといってもデザインがカッコイイ!

ここ最近は、
『ネオレトロ』や『カフェレーサー』
というスタイルが流行っていて、
まるでカスタムバイクの様なバイクが
各メーカーから発売されています。

この R NINE T Racer も
メーカー発のカスタムバイクと
言えるモデルですが、
「さすがBMW!」と言いたくなる
スタイリングの良さです。

低く構えたハンドル
丸く小さなシングルシート
そして、
大きなロケットカウル

どっからどう見ても
これはカフェレーサーです。

BMW R NINE T Racer 1

 

さらに
両側に突き出たエンジンヘッド
シャフトドライブ
片持ちスイングアーム
などなど、BMWらしさも
しっかりアピールされています。

BMW R NINE T Racer 2

 

タンクにはもちろんBMWマーク

BMW R NINE T Racer 3

 

シートカウルにもBMWマーク

BMW R NINE T Racer 4

 

そしてヘッドライトの中にも!
BMWマーク!!
所有する歓びを
引き立ててくれます。

BMW R NINE T Racer 5

 

装備はシンプルだけど充実

この R NINE T Racer の新車価格は

¥1,896,000 (消費税8%込み)
BMWの中ではお値打ち価格です。

無印の R NINE T の価格
¥2,058,000 (消費税8%込み)
と比べてみても少々価格は低く
なっています。

▼R NINE T

BMW R NINE T Racer 6

 

R NINE T シリーズは
カスタムしてもらうことを
前提に用意されたシリーズなので
これはあえてそうしているのでしょう。

BMWはテレレバー、デュオレバー
という特殊な
フロントサスペンション技術を
持っていますが、
フロントフォークは正立タイプ
テスコピックという、
いわゆる普通のタイプです。

BMW R NINE T Racer 7

 

ステアリングダンパーを
標準装備

BMW R NINE T Racer 8

 

フロントブレーキキャリパーは
brembo社製。
こちらも
ラジアルマウントではありません。

BMW R NINE T Racer 9

 

リアはBMWロゴ入りキャリパー。

BMW R NINE T Racer 10

 

メーターまわりも実にシンプル
潔さが感じられます。

BMW R NINE T Racer 11

 

ヘッドライトもハロゲンランプ

BMW R NINE T Racer 12

 

しかしながら、ABSやETC2.0、
グリップヒーターは標準装備されており、
不足は感じません。

 

バイク王 評判 口コミ

空油冷ボクサーツインエンジン

エンジンスペックは

DOHC水平対向2気筒
排気量 1,169cc

最大出力:110PS / 7,750 rpm
最大トルク:11.8kg・m(116Nm)/ 6,000rpm

BMW R NINE T Racer 13

 

BMWは創業90年を節目に
ボクサーツインエンジンを
水冷エンジンへとスイッチしています。

つまりこの R NINE T シリーズの
エンジンが最新にして最後の
空油冷ボクサーツインエンジンになる
可能性は高いです。

BMWのボクサーツインエンジンは
シリンダーを左右に突き出し、
クランクシャフトは縦置き
チェーンではなく
ドライブシャフトでリアホイールを駆動
というレイアウト。

その特徴は小さく、軽く、低重心

また、エンジンヘッドが車体左右に
飛び出ている為、
走行風が当たりやすく
冷却効果も高いです。

 

R NINE T Racerまとめ

とにかく見た目は最高のバイクでしょう。
シンプルでカッコイイ。

エンジンパワーは110PSで
車両重量は218kgと比較的軽く、
『Racer』というのは
名前や見た目だけではなさそうです。

戦闘的なポジションと
低重心の組み合わせは
どんな走りになるのか?

うーん、気になる!

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。