AGです。

本日2018年3月16日より開催の
大阪モーターサイクルショー
早速行ってきました!

今回は見どころも多くて
全てを見切れないほどでしたよ!

まずはみなさんが
気になっていると思う
ホンダブースから
モンキー125とCB250Rを
メインに速報として
お伝えしたいと思います。

モンキー125 1

市販バージョンモンキー125

ずっと話題になっている
モンキー125
遂に市販バージョンがお披露目です。

 

大阪モーターサイクルショーでは
またがれるように展示されていました。
足つき性は
グロムとほぼ同じような感じです。

身長176cmの私が乗っても
膝が大きく曲がることはなく、
身長が低い方は
ちょっとキツイかも?
と思いました。

モンキー125 2

 

簡単なスペック

モンキー125 3

 

ブレーキまわりは
参考モデルとほぼ一緒かな?

▼大阪モーターサイクルショー

モンキー125 4

 

▼東京モーターショー

モンキー125 5

 

スイングアームやリアサスペンションは
若干角度や形状が変更しているかな?

▼大阪モーターサイクルショー

モンキー125 6

 

▼東京モーターショー

モンキー125 7

 

テールランプ

▼大阪モーターサイクルショー

モンキー125 8

 

▼東京モーターショー

モンキー125 9

 

マフラーは変更なし

▼大阪モーターサイクルショー

モンキー125 10

 

▼東京モーターショー

モンキー125 11

 

エンジン回りも変更なしのようです。

▼大阪モーターサイクルショー

モンキー125 12

 

▼東京モーターショー

モンキー125 13

 

LEDを採用したヘッドライトは
そのままGOです。

モンキー125 14

モンキー125 15

 

メーターはマルチメーターが
センターにひとつです。

モンキー125 16

モンキー125は
東京モーターショーでの
コンセプトモデルが
ほとんどそのまま
市販化になったようです。

 

新型車種CB250R / CB125R

続いて注目の新型CB250R
単気筒249ccで
27PS / 9000rpmの
エンジンを搭載する
ネイキッドバイクです。

 

装備は豪華です。
倒立タイプのフロントフォークに
ラジアルマウントの
4ポッドキャリパー

 

デジタル液晶のメーター

 

リアまわりも
LEDテールランプや
高張力鋼板製スイングアームなど
最新鋭の装備

 

CB125Rの方も
CB250Rと見劣りしません。
倒立フォークに
ラジアルマウント4ポッドキャリパー

 

リアまわりも
125ccとは思えません。

 

エンジンスペックは
単気筒124ccで

13PS/10000rpmを発生

 

メーターも250同様
フルデジタルの液晶メーター

 

CB1000Rはカスタムバージョンも展示

ホンダブースには
他にも新型車種が目白押しでした。

CB250R/125Rの兄貴分
CB1000R

 

片持ちリアサスアームを採用

 

マジカルレーシング製の
カーボンパーツが
早速登場。

 

カーボンアパーツを装備した
カスタムCB1000Rも展示

 

スーパーカブのバリエーションがいっぱい

スーパーカブC125は
ネオレトロな雰囲気です。

スーパーカブ C125 1

スーパーカブ C125 2

 

テレスコピックフロントサスペンションに
ディスクブレーキ

スーパーカブ C125 3

 

LEDテールランプも
メッキが施され
いい雰囲気を醸しています。

スーパーカブ C125 4

 

新型のハンターカブ110
各所ガードが装備された
本格オフロード仕様のカブです。

 

カブ50は丸目になって
昔ながらのスタイリングに

 

ハンターカブ50は110に比べて
アンダーガードなどが無く
マフラーもダウンタイプ

 

新色追加のCRF250、CBR250RR

CRF250は
ブラックカラーを追加

 

CBR250RRは
ホワイトカラーを追加

 

レブルはタンクカスタム提案

レブル250は
タンクカラーカスタムを提案

 

超豪華ゴールドウィングやRC213V-S

フラッグシップモデル
ゴールドウイングや
RC213V-S
さらには
レーシングマシンも展示

▼ゴールドウイング

 

▼ゴールドウイングツアー

 

▼RC213V-S

 

▼レーシングマシン

 

以上、
大阪モーターサイクルショー2018
ホンダブースの速報でした。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。

バイク王 評判 口コミ