AGです。

大阪モーターサイクルショーを
引き続きレポートします。
ヤマハブースとスズキブースです。

YZF-M1

>>バイク王 の買取体験談と高く売る6つのコツ

 

バイク王 評判 aバイク王 評判 2

 

市販化決定のNIKEN

ヤマハブースでまず出迎えてくれるのが
市販化の決まった大排気量LMW
NIKEN(ナイケン)です。

残念ながらまたがることは
できませんでした。

 

すぐそばには
LMWの構造がわかる
トリシティのフレームを展示

 

構造はよくわかりますが
乗った感じがどんな風になるのか
よくわかりませんよね?

 

そこで体験試乗会に
トリシティ155があったので
実際に乗ってみました。
LMW初体験です。

 

実際乗ってみた感想としては
コケる心配がほぼないので
雨上がりの濡れた路面でも
躊躇なくバンクさせることができます。

これはおもしろい!

 

900ccという大排気量になると
想像もできないほど
速く走ることができるように
なるのかもしれません。

 

MT-09SPとTRACER900GT

こちらも展示だけでしたが
オーリンズ製リアサスペンションなど
を装備したMT-09SP

 

カラー液晶メーター採用の
TRACER900GT

 

カスタムされたXSR900・XSR700

大人気のXSR900
カスタムパーツ装着の車両が並びます。

 

同じくXSR700
オシャレに展示されていました。

 

その脇にはTZ350(たぶんw)

 

ヤマハはスクーターも充実

ヤマハはビッグスクーターも充実です。

最新のT-MAX530
ツヤ消しカラーが目新しいです。

 

ワル顔のXMAX
なんかロボットに変形しそう

 

スポーティなマジェスティS

 

電動スクーターの
E-Vino

中国では見かけるスクーターは
ほとんど電動スクーター。
という状態になっていますが、
日本ではまだまだ電動スクーターが
普及していませんね。

 

スズキブースにはあのグッズも

続いてスズキのブースです。

 

物販コーナーでは
『聖杯』が売られていましたよw

 

ライトウェイトミドルSV650X / SV650

注目はSV650のカフェレーサー
SV650Xです。

 

SV650Xはディスプレイ台の上に
乗っていましたが、
またがることができました。

ご覧の通り足つきがよいです。
前傾も程よい感じです。

 

こちらはベースになった
SV650
赤いフレームが
スポーティですね。

 

乗りやすさはピカイチ!Vストローム

まずは当ブログでもご紹介した
Vストローム250

身長176cmの私がまたがると
膝が曲がるほどで足つき性は良いです。

アドベンチャーバイクで
足つきが心配な人には超おすすめです。

 

ハンドガードなど
転倒ダメージに備える装備も
ありますから、
初心者の方にも
良いんじゃないでしょうか?

 

Vストローム1000XT
は流石に大きいです。

 

しかし、
Vストローム650XTは
ちょうど良い大きさ!

シートも低めで安心です。

 

こだわり続けるナナハンGSX-S750

スズキはなぜか
750ccという排気量に
強いこだわりがあるようです。

そんな新型ナナハンが
GSX-S750

 

エンジンはGSX-R750がベース

 

フルパワー国内仕様のGSX-R1000R

こちらも以前紹介しましたバイク
GSX-R1000R

 

SSらしい最新鋭の装備が充実です。

 

電子制御されたエンジンは
197PSを発生
ローンチコントロールも
備わっています。

 

GSX-R125のネイキッド版GSX-S125

スズキもGSX-R125をベースにした
スポーツネイキッド
GSX-S125を発売。

これはホンダCB125Rの
良いライバルになりそうですね。

 

液晶デジタルメーターは
もはや常識のようですね。

 

エンジンはGSX-R125と同じ
15PS/10,000rpmを発生。

 

お値段はCB125Rと比べると
リーズナブルな
¥354,240(税込)
※CB125Rは¥448,200(税込)

 

以上、
大阪モーターサイクルショー2018
ヤマハブースと
スズキブースの速報でした。

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。

バイク王 評判 口コミ