ジョージマンです。

レンタル819年間会員
マイガレ倶楽部を利用しての
インプレッション
レポートです。

今回は
XSR900です。

流行の兆しがある
ネオレトロや
カフェレーサースタイル
呼ばれるバイクですが、
見た目重視の
バイクなのでしょうか?

XSR900 1

 

>>下取りよりも高くバイクを売る方法

 

 

やりすぎないスタイリングがカスタムしたくなる

XSR900は
MT-09をベースにしたバイクです。

 

滑らかにトルク発生するハイパワーな
直列3気筒845ccエンジンは
116PS / 10,000rpmを発生。
電子スロットルとDモードで
3段階に電子制御され、
トラクションコントロールと
ABSも標準装備されています。

XSR900 2

XSR900 3

 

倒立サスや
アルミダイキャストフレーム
など、

見た目以外はほとんど
MT-09と同じといって
差支えはないでしょう。

そして、MT-09とガラリと
雰囲気を変えた見た目については
各所金属感が強調されており、
質感は非常に高いです。

今回レンタルした
マットグレーカラーは
ガソリンタンクカバーにも
アルミの目地を強調する
ヘアーライン加工が
施されています。

XSR900 4

 

シートも表皮は
レザーの風合いで
XSR900のロゴが入ります。

XSR900 5

 

シート下の収納スペースは
最近のバイク共通で
絶望的ですw

XSR900 6

 

ヘッドライトはLEDではなく
ハロゲンランプ。
これなら、
アフターパーツへの交換も
簡単にできそうですね。

XSR900 7

 

ヘッドライトとメーターの間も
ちょっと間のびした感じなので
バイザーやビキニカウルを
装着したくなります。

XSR900 8

 

フェンダーまわりも
もっとコンパクトに
スッキリさせられそうです。

XSR900 9

 

この辺りの
「カスタムすればもっとカッコいいバイクになる」
と思わせる箇所が
ユーザーの購買意欲や
所有する満足感を
満たすのだと私は思います。

豊富に純正オプションパーツが
ランアップされているところをみると
これはヤマハの狙いなのでしょう。

 

足つきが思ったより悪い

MT-09と乗り比べて
気になったのはポジションと
足つき性です。

XSR900 10

 

重量はほとんどそのままなので
非常に軽く感じますが、
タンクはMT-09と比べて
幅広になっており、
またがった時の
コンパクト感が薄れています。

また、シートは
前後の長さが短く、
あまり前後のポジションに
自由がききません。
ステップの位置も相まって
ちょっと足つきが悪いです。
身長176cmの私でも
かかとまでべったり着くのは
ギリギリです。

 

バイク王 評判 口コミ

小さなメーターに詰め込んだ多機能

メーターは小さく
一つの丸の中に収められています。
照明は非常に明るく鮮明で、
夜はちょっと眩しいくらいです。

XSR900 11

 

スピード、タコ以外の
メーター機能は
・ギアポジション
・TCS、Dモードの表示
・燃料計

切り替えで
・オドメーター
・トリップメーター1、2
・時計
・水温
・吸気温度
・平均燃費
・瞬間燃費

使い慣れれば
そうでもないのかも
しれませんが、
燃料計が3段階で
区切られているだけなので
ツーリングの時は
トリップメーターを
併用しないと
使いづらそうです。

 

とにかく軽くてどこでも速い!

MT-09やトレーサーもそうですが
XSR900も感想を一言にすると
軽くて速い!
これにつきます。

ABSやTCSといった
電子制御による手助けもあって
峠なども思うがままです。

ただし、
Dモードをスポーツモードである
「A」モードにすると
強烈な加速となり、
スリリングなバイクへと
豹変します。

 

市街地

前述しましたが、
足つき性がちょっと悪いです。

Touring 12

 

信号待ちなどでは車体が軽いので
ストレスは低めですが
不安が残るような感じがします。

『クロスプレーンコンセプト』
によって生み出された
3気筒エンジンはどの回転域でも
スムーズにトルクが得られ、
ギクシャクするようなことは
ありません。

交差点でのUターンなども
スムーズに済ませられるでしょう。

 

高速道路

パワーがあるので
十分に加速でき、
合流や追い越しは問題ありません。

Touring 13

 

カウルがないので
風がキツイのは仕方がないでしょう。

トルクに波がないので
どの回転域で走っていても
心地よいです。
これなら燃費を稼ぎながらの
低回転、定速走行も
難なくこなせそうです。

 

峠道

峠道は非常に楽しめます。

車体は軽いですが、
しっかり感があるので
不安定さは全く感じられず
ハイペースでコーナーを
クリアしていけます。

Touring 14

 

タイトコーナーも
素直なハンドリングと
滑らかなトルクで
スムーズに走れます。

ただ、初期設定での
フロントフォークのイニシャルが
峠道では弱いと私は感じたので、
強めにセッティングした方が
もっと良くなるかもしれません。

 

XSR900インプレまとめ

思っていた通り
カスタムして良し、
走って良しの
非常に良いバイクでした。

スクリーンやビキニカウルで
どれくらい高速走行時の走行風を
抑えられるのかも気になります。

いっそロケットカウルに
セパハンを装備するのも
アリなのかもしれませんね。

ポジションや足つき性も
シートやステップを変更することで
改善することができるでしょう。

ぜひオススメしたい一台だと思います。

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。