バイクを安く買おうと思って、
いくら値切っても
実は価格を下げるのは難しいです。

以前、別の記事でも書きましたが、
バイクは利益幅が小さいので
値引きすると儲けが
無くなってしまうのです。

それは全国チェーンで展開している
大手バイクショップ
「レッドバロン」でも同様です。

しかし、
レッドバロンでのバイク購入なら

『下取り』をしてもらうことで
価格の限界を超えることが可能です。

『下取り』とはつまり、
新しくバイクを買うお店に
今乗っているバイクを売る
という事です。

実は
レッドバロン下取りだけは
かなり特殊です。

一般のバイク中古車買取相場に
あまり影響しません。

レッドバロンの下取りは特殊

実はレッドバロン、
他のバイク店と違って
非常に閉鎖的です。

GooBikeやBikeBrosといった
バイク中古車雑誌、
検索サイトにも
レッドバロンの在庫車は
掲載されていませんよね?

レッドバロンは
自社で販売する中古車は
自社でユーザーから買取った車両。
オークションに出向いて
仕入れてくるようなことは
しません。

同様に買取った中古車は
オークションに出したり、
業販することはありません。

これがレッドバロンの基本なのです。

 

>>下取りよりも高くバイクを売る方法

 

 

レッドバロンの特殊な経営体制を利用

こうした経営体制なので、
レッドバロンは
多くのバイク販売するには
できるだけ多くのバイク買取が
必要になってきます。

ただ、なんでもかんでも
バイクの中古車を高く買っていれば
商売として儲かりませんよね?

なのでいきなり、
「一般相場より高く買ってくれ!」
と言っても高くは買取ってくれません。
条件が必要になってきます。

その条件というのが下取りです。

下取りであれば
バイクを販売する儲け
次回乗り換え時の仕入れ見込み
があるので、
ちょっと無理してでも
買取金額を上げてくれると
いうわけです。

 

私のレッドバロン バイク購入体験談

以前乗っていたZX-12Rは
バイク王に買い取ってもらい、
Z1000は
レッドバロンで購入しました。

 

Z1000をレッドバロンで
注文するときに
一つ問題が発生しました。

レッドバロンは
全国チェーン店なのですが、

私が欲しい色(ブラック x グリーン)
の在庫が北海道に1台あるだけなので

「移動費に3万円かかります」

こんな事を購入目前に言うのです。

もちろん食い下がりましたが、

これ以上
値引きはできないと言うのです。

 

それでもお願いし続けると
こんなことを言われました。

「下取り車は売ってしまったのですよね?」

「下取り車があれば調整できたのですが・・・」

そこでバイク王での売値を言うと、

「すごく状態のいいバイクだったんじゃないですか?」

「限界価格ですけど、下取りという事なら3万は上乗せできたのに・・・

心の中では

「いや、ZX-12Rの状態は壊れかけ寸前でしたけど・・・w」

と思いながらも
「調整できる??下取りなら言い値か?」
とも思いました。

まぁ他店と比べて、
3万円とられてもZ1000は
お買い得価格だったので、

この時私は
あきらめて購入を決めました。

 

友人のレッドバロン バイク購入体験談

同じ時期に友人がレッドバロンで
中古バイクを購入して
乗り換えをする
という話を聞いたので
実験をお願いしました。

まずは同じように

バイク王で買い取り査定を
してもらってから、

「バイク王より下取り3万円アップしたら、バイク購入を決める。」

と言うようにお願いしました。

すると実験は大成功。
友人から

「下取り3万円アップしたよ!ありがとう!」

と感謝の連絡がありました。

実験成功です!

 

ココでのポイントは
バイク王での買取査定です。

比較基準としてヤフオク価格は
個人売買なので完全に別枠ですし、

もちろんネット上や
電話口だけで出してもらった
『上限金額は』役に立ちません。

リアルな査定額が必要です。

バイク王で
出張買取査定をしてもらっておいて、
レッドバロンで
金額を提示するのがポイントです。

バイク王 バイク買取 バイク査定 バイク売る バイク売却

 

新車よりも中古車・新古車がお得!

短いペースでバイクを乗り換えていると、

  • 「まだ乗れるのに、もったいない」
  • 「壊れてないのに乗り換えなんて贅沢」
  • 「浮気性」

などなど批判されることも多いです。

しかし、
実際一番もったいなくて贅沢なのは
新車を買って、
壊れるまで乗ることだと考えています。

なぜ、そう言えるかというと

新車バイクは乗った瞬間から
中古バイクとなり、
数ヶ月で大きく価値を下げます。

そして、長く乗っていると、

急激に査定が下がり、
買取価格が
つかなくなってしまう時期が来ます。

 

しかもバイクの場合は

転倒などに
よって大きく価値を落とす可能性も高いです。

修理しても買取価格としては
修理費相当分の金額が
返ってくることはありません。

新車バイクについては

「誰よりも早く新型バイクに乗りたい」

「一番初めにバイクを使うのは自分がいい」

という『こだわり』
だけのために
数万円~数十万円も
お金をかけることになります。

そこに価値を感じて
バイクにお金をかけられる
余裕がある人はべつにいいですが、

「なんとなく気分がいい」

ぐらいに思っている人は
絶対に中古バイクの方が
おススメです。

でも私、
Z1000は新車を
買いましたw

 

新車のZ1000を買った理由

私は中古バイクが良かったのですが、
妻の許可が下りなかったのです。

前に乗っていた
ZX-12Rは故障が多く、
妻から見れば

「中古車を買ったから壊れやすい」

という考えです。

乗りかえの理由も、

『修理にお金がかかる部品が壊れたから』

だったというのもあるでしょう。

しかし、
ZX-12Rは新車で買ったとしても
壊れやすいバイクですw

 

ZX-12Rはスズキ隼の登場に対抗して
カワサキがムキになって作った
極限バイクです。

ヘッドまわりからのオイル漏れなどの
トラブルは当たり前のように
発生していました。

これは新車であっても
バイクの車種による
持病みたいなものですから、

中古バイクだから
壊れやすいという事ではありません。

しかし、これを妻に言っちゃうと

「壊れるようなバイクは選ぶな。」と

大幅に選べる車種が
減る可能性もあるので、

ココはおとなしく
予算におさまる
お買い得な新車を探すことにしました。

 

新車バイクでも損をせず安く買うコツ

Z1000は新車で買いましたが、

値段のグッと下がった
『新古車』でした。

Z1000は以前ZX-12Rを購入したお店で
買おうと思っていたのですが、
予算がオーバーしていました。

また、他のお店で
見積もりをとっても大差はなく、

あきらめて予算に収まる
ヤマハ FZ-1 FAZER に
しようかとも考えました。

しかし、1件だけは違いました。

Z1000が他のお店よりも
10万円以上も安いお店があったのです。

それが、レッドバロンでした。

発売日から少し時間が経っている

新車バイクで特に逆輸入バイク、
輸入バイクなら
レッドバロンは
オススメです。

レッドバロンのホームページを見てみると、

下記のようなページがあります。

>>輸入車フェスタ対象車種 外車:レッドバロン

>>輸入車フェスタ対象車種 逆輸入車:レッドバロン

このフェスタは年中やってますwww

ようするに年式が落ちた
在庫バイクのセールですね。

逆輸入車もあったので
Z1000を探してみると

10万円以上安かったので
レッドバロンでの購入を決めました。

 

なぜレッドバロンは新車バイクを安売りするのか?

年式落ちと言ってもその時、

Z1000はカラーリングの変更が
発表されただけで、

まだ前年の新車は
どこでも購入できる時期でした。

それではなぜ、
レッドバロンだけが安かったのか
と言いますと、

他のお店では普通、
お客様から注文があって
初めてメーカーや輸入代理店に
発注します。

しかし
レッドバロンは、
発売と同時に
在庫バイクを数台用意しています。

なので、
次のマイナーチェンジや
モデルチェンジまで残っているような
在庫バイクは、
値段を下げてでも
売ってしまいたいのです。

2~3年落ちの新車があることもあって、
かなり価格が
下げられているバイクもありますので、
中古車を探す前に
1度チェックしてみるのも
アリだと思います。

ZX-12Rは
もう壊れるのがわかっていたので、
壊れる前に
とにかく売ってしまおう
という考えでした。

 

レッドバロンの紹介特典、購入特典を活用しよう

私がZ1000を購入した時は
友人がたまたま
購入予定だったという事もあり、
レッドバロンでの購入を勧めたところ、
『紹介特典』
というものをつけてもらえました。

自分がレッドバロンでバイクを購入後、
友人などお客を紹介して
その人がバイクを買えば
もらえる特典です。

車検時の整備費用を割引か

レッドバロン独自の
シャーシダイナモ
『ACIDM(アシダム)』

での計測が1回無料でできます。

ACIDM(アシダム)は
パワーチェックだけではなく、

シャーシのアライメントやブレーキ、
足回りベアリングによる
摩擦ロスがないかなどを
調べることができるので、
乗り始めて少し年数が経ってから
計測すると
バイクの状態がわかって良いです。

www.youtube.com

 

レッドバロンの中古車に関していうと、

販売前には
このACIDMでチェックされています。

年式違いの
中古パーツを使っていようが、

外装や足回りを
全交換していようが、

このACIDMで
基準内なら販売してしまう
こともあるようです。

レッドバロンは
全国展開の大きな
オートバイショップで、
買い取ったバイクの
ほとんどを社内流通させています。

なので私個人の意見としては
レッドバロンでの新車や新古車購入は
安いのでおススメしたいですが、
正直言うと、中古車はあまり
おススメではないです。

まぁ、まっすぐ走って
問題なければニコイチでもいい。

という考え方も否定しませんけどね。

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。