ジョージマンです。

バイクを売ると決めた時、
「できるだけ高く売りたい」
と思いますよね?

今回はバイクを売る時のポイントを
いろいろな方向から
考えてみたいと思います。

>>下取りよりも高くバイクを売る方法

 

 

ちょっとしたことでバイク買取査定は「変わらない」

ひと昔前まではバイクを売る時、
「査定を前に洗車をする」だとか
「ノーマルパーツに戻す」
などと言われていましたが、
現在はこれらを
やってみたところで
あまり影響はでません。

まぁ、ひと昔前であっても
本当に影響していたかどうかも
真意はわかりません。

中古バイク業界が
まだまだ利益を
十分に確保できていた時代は
おまけ程度に査定額を
アップしていただけなのかも
しれません。

しかし、
現在はバイク王のような出張買取で
簡単に査定額を比較できるように
なったり、
GooBikeのようなポータルサイトで
全国の中古バイク価格の
情報を手に入れることが
可能になったので、
そういった小手先ごとは
売り手も買い手にも通用しません。

 

バイクを売る直前にすべきことは情報収集

バイクを売る直前に
買取価格をアップさせるために
やるべきことは
交渉をするための情報収集です。

情報収集といっても
今はインターネットを使えば
そんなに苦労するものでは
ありませんよね。

現在の買取価格について
しっかりと
下調べしておきましょう。

 

注意点としてはGooBikeなどで
「店頭販売価格」をみて
参考にしないこと。

希望を大きく持つことはいいですが
お店によって、
どの程度利益が必要なのか違いますし
仕入れから店頭に並ぶまでに
どれくらい費用が
かかっているのかを予測するのは
難しいでしょう。

店頭費用を参考に
買取査定価格を聞いてしまうと
かけ離れた金額を聞いて
「そんなに安いなら、いくらでもいいや」
という考えを持ってしまう人も
少なくはないです。

きちんと情報をとって
交渉すれば、
買取金額は上がりますので
1万円でも2万円でも
高く買取ってもらうように
しましょう。

 

バイク王 評判 口コミ

バイク買取業者の目的は転売すること

 

店頭販売しているバイク店にしても
バイク買取専門業者にしても、
最終的な目的は買取ったバイクを
誰かに売って、利益を出すことです。

当たり前のことなんですが、
案外みなさん見落としがちです。

つまり、
商売として転売した時に
利益をだせるギリギリの価格が
バイク買取査定の
限界価格というわけです。

あなたがバイクを
新車で買っていようが、
中古で買っていようが、
高いお金を出していようが、
安くお得に買っていようが、
バイクを買い取る側としては
関係がありません。

あなたはバイクを売った後、

中古バイクとして販売する時に、
確実に利益が出る金額

を買取査定金額として
提示しているのです。

じゃあ、買い取る側の立場になって、
どんなバイクが
利益を出しやすいのかを考えてみましょう。

その答えは

販売までに手間や費用がかからないバイク

すぐに売れる人気のあるバイク

ですよね。

要は在庫リスクがないバイクです。

在庫リスクという点では、
バイク王などの買取専門業者の方が
オークションなど業者間での取引や
海外輸出など、
様々な販売ルートを持っていて、

1台で大きな利益を出すのではなく
確実で小さな利益をたくさん出す。

という考え方なので
買取査定額が上がりやすい
ということなのです。

バイク王流通の仕組み

 

あなたのバイクは人気バイク?

自分の乗っているバイクが現時点で
人気車種かどうかは

価格.com – バイク 人気ランキング

GooBike – バイク検索ランキング

バイクブロス – 総合ランキング

など中古車ポータルサイトの
人気ランキングをみればよくわかります。

最近では下記のような車種が
人気といえるでしょう。

通勤や通学に便利な
125ccクラスの原付2種

  • ホンダ PCX
  • スズキ アドレスV125
  • ヤマハ シグナスX

By Khaosaming [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

 

流行の250ccスポーツ

  • カワサキ Ninja250、Ninja250R
  • ホンダ CBR250R
  • ヤマハ YZF-R25

 

ビッグバイクだと

  • ホンダ CBR1000RR
  • ホンダ CB1100
  • カワサキ ZRX1200 DAEG
  • カワサキ Ninja1000
  • ヤマハ MT-07
  • スズキ GSX1300隼

 

定番のロングセラーバイクの

  • ホンダ CB400SF / スーパーボルドール
  • ホンダ VTR250
  • ホンダ ホーネット250
  • カワサキ バリオス
  • ヤマハ ドラッグスター400
  • ヤマハ SR400

 

By Kure [CC BY-SA 2.5], via Wikimedia Commons

 

50ccの原付でも

  • カブ
  • モンキー
  • ビーノ(現行型)
  • ジョルノ(現行型)

 

他にもたくさんありますが、

これらのバイクは売却時に
買取価格に期待できそうです。

査定時には
価格を上げてもらえるまで
強気で交渉しましょう。

 

バイクを売る相場は年中変化し続ける

 

一番価格が変化しやすいのは、
3月・4月です。

寒い冬よりは暖かくなってくる
春の方が
バイクに乗りたくなりますよね。

ゴールデンウィークに向けて
バイクを買いたいと思っている人も
増えます。

しかし、注意したいのは

モデルチェンジや人気の低迷で
4月に大きく価格を下げる
バイクもあるという事です。

冬季の12月・1月・2月は
どちらかといえば
バイクの販売価格の方が
落ちやすいです。

買取価格は多少影響しますが
大きく落ちることないです。
むしろ春に向けて仕入れ時なので
人気車種は高値になることも
あります。

なので、

「冬に売りたくなって買取り査定をしてもらい、春になって乗り換えたいといざ買い取ってもらったら、大きく値が下がっていた。」

なんてこともありますので
注意しましょう。

 

バイクを売る、乗り換えるタイミングはいつ?

f:id:kokubu_ou:20171130161539j:plain

 

私の場合、
『買ったときの半分ぐらいの買取価格になったらバイクを売る』
これが売り時ではないかと考えています。

理由はそこからの買取価格低下が
急速に進むからです。

また、修理やタイヤ交換など
維持費も上がりはじめます。

「まだ乗れるからもったいない」

なんて考えているうちに
どんどん買取査定額は急落して、

いざ手放そうと思ったら
二束三文なんてことはザラにあります。

目安としては、

乗っている同じ車種のバイクを
GooBikeやBikeBrosなどといった
中古バイク検索サイトで検索してみて
自分のバイクが、

「最近安くなったなぁ~」

と感じたら、
バイク査定を依頼するようにしましょう。

 

バイクを高く売る為の対策は日ごろの防サビ対策

f:id:kokubu_ou:20170728190138j:plain

 

バイクの評価を大きく落とすのはサビです。

なぜなら、
「中古バイクとしてバイクを売ろう」
と考えて仕上げようとする時、
サビを落とす作業は非常に手間です。

サビサビのバイクなんて
誰も買ってくれませんよね。

また、場合によって
サスペンションやブレーキまわりなど
可動部分にサビが発生した場合、
部品交換というコストも発生します。

なのでその分、
バイクの買取り額から差し引いて
査定することになります。

車と違ってバイクは
むき出しになっている部分が多く、
サビやすいです。

納車されたその日から
すでに売却時の対策は
始まっているのです。

出来るかぎり
雨風からバイクを守り、
錆びを発生させないことです。

また、奥まった部分に
錆が発生した場合は
除去するのが難しく、
そのままにしておくと
錆びはどんどん広がります。

 

f:id:kokubu_ou:20171130163420j:plain

 

いちばん良いバイクの保管方法は
シャッター付きガレージですが、

軒下やカーポートの中で
保管するのも良いです。

その場合でも、
必ずバイクカバーを
併用するようにして下さい。

安いバイクカバーは
すぐに雨が滲みてきて逆効果ですから、
奮発して
厚手のしっかりしたものを選びましょう。

バイクカバーを使う上で注意したいのは、
バイクの状態がわかりにくい点です。

最低1ヵ月に1度くらいは
カバーをとって、
汚れやサビの発生がないか
確認しておきましょう。

野ざらしが一番バイクの価値を
下げてしまう事を
覚えておきましょう。

 

カスタム・改造する時はバイクを売る時を考えて

バイクは車に比べると
マフラーやハンドルなど
手軽に交換できるため
カスタムや改造をする人が
多いと思います。

f:id:kokubu_ou:20170728184700j:plain

 

ココで気をつけたいのが、
パーツ交換できるカスタムや改造は

必ずノーマルパーツを
保管しておくようにしましょう。

基本的に中古バイクは
カスタムされたバイクよりも
ノーマルバイクの方が人気です。

つまり、
ノーマル状態のバイク方が
高く売れます。

カスタムや改造は
自分仕様にする行為ですから、
他人がやったカスタムは
受け入れられにくいのです。

また、
塗装やヘッドライト加工などの場合は
中古パーツなどで
別途パーツを用意しておいてから、
加工するのが良いでしょう。

f:id:kokubu_ou:20170728184720j:plain

 

バイクを売る時に
ノーマルに戻せる状態にしておけば、

バイクの査定は下がりにくく、

取り外したパーツを
別に売却することも可能です。

 

転倒は絶対避ける

車とバイクが大きく違うのは
バイクは転倒してしまうという事です。

やはり重量のあるバイクほど
コケやすく、コケた時の損傷も
大きいです。

特にフルカウルのバイクは
傷がついていると、
大きく査定額を
落としてしまいます。

普段から無理のない運転を心掛け、
バイクをとめておく場所も
坂道や砂利道などの不安定な場所や
イタズラされそうな場所は
できるだけ避けましょう。

万が一転倒した場合は
すぐに修理するように心掛けましょう。

そのままにしておくと、
少々の傷がついても
「ま、いいか。」
と、どんどんバイクが
ボロくなっていく人が多いです。

 

以上、ぜひ実践してみてください。

バイク 売る

 

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。