ジョージマンです。
レンタル819年間会員
マイガレ倶楽部を利用しての
インプレッション レポートです。

今回は Z900RS CAFEです。

Z900RS・Z900RS CAFEは
発表当時から
とても話題になっていた
バイクなので、
気になっている人も
多いのではないでしょうか?

もちろん私も
ずっと気になっていました。

 

>>下取りよりも高くバイクを売る方法

 

 

思っていたよりも大柄な車体

大阪モーターサイクルショーで
またがった時には
あまり大きいという印象は
なかったのですが、
いざ走り出してみると
重いわけではないのですが
車体が大きいなという印象です。

イメージとしては
ZRX1200DAEGぐらいかな?

ガレージに入れてみた印象も
やはり大きいです。

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 1

 

大きいと感じるのは
ガソリンタンクの
幅が広いことや
足つきの悪さも影響していると
思います。
シート高は
Z900が795mm
Z900RSが800mm
Z900RS CAFEが820mm

とZ900RS CAFEが一番高く
身長176Cmの私の場合
かかとはつくけど、
ギリギリで不安はある感じ。

XSR900と似た印象です。

だいたいこういうのは
タンク寄りに座ると
足つきがよくなって
不安がなくなるように
なっているのですが、
Z900RS CAFEの場合は
あまり変わりませんでした。

シート自体は前に向かって
細くなっていますが、
サイドカバーがある為でしょう。

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 2

 

エンジンは水冷ですが
フィンが付いていて、
空冷エンジンの様な見た目に
なっています。

音もカワサキらしい
なぜか空冷っぽい音がしますw

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 3

 

ブレーキ・足回りは豪華

フロントブレーキには
ラジアルポンプ
マスターシリンダーを装備。
フルードカップが
スモークになっていて
渋いです。

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 4

 

キャリパーは
ラジアルマウント4POD
ABSが標準装備されています。

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 5

 

リアブレーキにも
もちろんABSは装備
Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 6

 

アウターチューブが
ブラックアルマイトされた
倒立フォークは
フルアジャスタブル
Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 7

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 8

 

リアサスペンションは
Ninja1000やZX10Rなどでも
採用されている
ホリゾンタルバックリンク
サスペンション
こちらも伸び側減衰が
ついています。

ステップまわりも
かなり作り込まれています。

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 9

 

灯火器類も
フルLEDになっています。

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 10

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 11

 

バイク王 評判 口コミ

アナログとデジタルで視認性の高いメーター

メーターは砲弾型の
アナログメーターの間に
デジタルの
マルチファンクション
ディスプレイがあります。

オーソドックスな
アナログメーターと
見やすい配置の
ディスプレイデザインで
非常に見やすいです。

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 12

 

マルチファンクションは

オドメーター
トリップメーターA/B
瞬間燃費
平均燃費
航続可能距離
外気温

を切換え表示でき、
単位の表示切替も可能です。

今回のレンタルバイクは
燃費計の単位が
Km/LではなくL/100Kmに
なっていて、
戻し方がわからなかったので
わかりづらかったですw

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 13

 

独特のハンドルポジション

Z900RS CAFEの
特徴の一つでもある
スワローハンドル

これが私には合いませんでした。
なんだか肩が凝ります。

もっと少し低い位置につくか
この高さでハンドルの絞りを
拡げてほしいと感じました。

まぁ、好みがあると思います。

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 14

 

Z800よりZ1000に近い印象

Z900の前身である
Z800には高回転型エンジン
ならではのブン回す面白さが
あるのですが、
Z900は高回転型エンジンでは
なくなっています。

走りに関しては
以前乗っていた
2011年式のZ1000と
乗り味が似ているなと
感じました。

しかし、
前回レンタルした
Ninja1000のように
フラットではなく、
乗りこなす楽しみがある
面白いバイクに
仕上がっていると思います。

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 15

 

市街地

車体は軽いので
取り回しは良いです。
しかし、前述した通り
Z900RS CAFEには
足つきに不安があります。

身長のある人は慣れれば
問題ないかもしれませんが
そうでない人は
スタンダードのシートに
変更するなど
工夫が必要かもしれません。

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 16

 

高速道路

パワー面では特に問題ありません。
余裕の加速で
追い越し、合流も楽々です。

Z900RS CAFEの
最大の特徴である
ビキニカウルの風防性は
ハンドル位置が高いので
体をタンクに伏せないと
効力を発揮しません。

普通に乗っている分には
他のネイキッドと
あまり変わらない気がします。

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 17

 

峠道

XSR900ほど
尖ってはいないけれど
ZRX1200DAEGや
CB1100RSなどと比べれば
十分にスポーティな走りです。

ペースを上げていくと、
乗りこなす面白さがあって
峠を走り回るには
ちょうどよい感じだと思います。

トラクションコントロールは
IMUがついていない分
Ninja1000ほどの安心感は
ありませんでしたが、
モード2にすると
しっかり制御してくれて
濡れた路面などでは
重宝しそうです。

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 18

 

カワサキがZ900RS開発で
こだわったという排気音は
なかなかイイ音だと思います。
デザインが気に入れば
ノーマルのままでも良いかも。

音量もギリギリまで
大きくされていると思います。

Z900RS Z900RSCAFE インプレ インプレッション 19

 

Z900RS CAFEまとめ

ハンドルのポジションや
足つき性など少々クセのある
Z900RS CAFEですが
この辺りはカスタムすれば
好みに合ったものに
変更できます。

こうしたカスタムの余地を
残しているのも
このバイクの面白みでは
ないでしょうか。

また、車体の大きさは
所有する満足感が
高められます。

エンジンについては
Ninja1000ほど
滑らかではありませんが、
パワーを体で感じられる
特性になっています。
かといって
扱いにくいものでは
ありません。

Z900RS CAFEは
ゆっくりも速くも
両方楽しめる
バイクだと思います。

以上、参考にしてみて下さい。

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。