ジョージマンです。

NSR250Rに最近乗ってて
若干パワー感がないなぁ
と思っていて、
2サイクルエンジンでは
消耗品であるリードバルブを
疑ってみました。

 

>>下取りよりも高くバイクを売る方法

 

 

リードバルブは純正新品あり

そこで調べてみたところ
NSR250R(MC28)用は
リードバルブはまだ新品が
ホンダから純正部品が
買えるようです。

しかもリードバルブ本体一式も
リードバルブのプレートだけでも
手配できました。
※2018年10月時点

右側が新品のリードバルブ

 

ケチって
プレートだけ発注しましたw
リードバルブ純正品番
4枚で1台分です。

 

こっちはリードバルブガスケット。

 

今回は限定再生産の時に
買っておいた新品の
インテークマニホールドも
ついでに交換します。

こちらは現在メーカー欠品しています。
¥20,000ぐらいしました。

 

おすすめのガソリンタンク専用スタンド

さっそく
作業を始めようと思うのですが
いつも置き場所に困るのが
ガソリンタンクです。

不安定な上に
底面にはガソリンコックが
付いていて、
そのままゴロンとはいきません。
いつもは木材やらジャッキやらで
不安定ながら置いていました。

そこで登場するのが
コレです!
ホームセンターで
¥500ぐらいだった
木製の踏み台

 

これをひっくり返して・・・

 

ホイッと乗せただけで
めっちゃ安定しています!

 

ガソリンコックも
うまく逃げてますね~

 

バイク王 評判 口コミ バイク王 口コミ 評判 買取 査定バイク王 口コミ 評判 買取 査定

リードバルブ取り外し

タンクを外したら、
エアクリーナー、
キャブレターと外していきます。

キャブレターの外し方はこちら▼

 

インテークマニホールドは
8本のボルトでとまっています。

 

インテークマニホールドを外すと
リードバルブが・・・
あれ?

 

マニホールドに
くっついて外れました。

 

どうやら以前のオーナーが
液体ガスケットを
塗布したようです。

本来ここには
液体ガスケットは必要ありません。

 

リードバルブを分解して
交換します。
プラスねじでとまっているだけです。

 

うーん、
新品に交換したのに
ベースに密着できていない。

ケチらず本体ごと交換すべきだった。

まぁとりあえず
今回はこのまま組み上げます。

 

 

最大の難所はガスケット剥がし

リードバルブ本体にも
ガスケットがこびりついているので
きれいに剥がします。

 

そして、エンジン側。
ここは地道に傷をつけないように
スクレーパーをつかって
剥がしていきます。

もちろんクランク内に
入らないようにウェス等の
詰め物をしておきましょう。

 

これが一番時間を取りますw

 

仕上げはオイルストーンで
平らにします。

 

詰め物をとった後も
念のためエアーで吹いておきます。

 

組付け

新しいガスケットと
リードバルブを組んでいきます。

 

インテークマニホールドも
新品を取り付けます。
中古は特に問題があったわけでは
ないので、ヤフオク行きです。

 

キャブも取り付けて
いつものようにオイルポンプの
エア抜きをします。

エア抜き方法はこちら▼

 

テスト走行・・・そして

完成したので
テスト走行に出ます!

 

きっちりレッドゾーンまで
きれいに回って問題なし。

と、帰り道はゆっくり走って
信号待ちしていると
・・・ストール

キックすると
エンジンはかかりますが
アイドリングが不安定。

どこか締めつけが足らず
二次エア吸っているのかな?
と、もう一度バラしてみると

リードバルブに
黒いツブツブが!?

 

触ってみると
どうもゴムっぽいです。

コレってもしかして・・・

と、クランクにガソリンを
注いでみると
すぐさま隣のクランクにも
ガソリンが流出。

はい、そうです。

クランクシャフトの
センターシールが
終了しました。

いつか来るのは
わかっていましたが、
ショックです。