AGです。

2019年初ツーリングのレポートです。

今年はオーバーホール後の
慣らしを終えたNSR250Rと
S君のMT-07での2台だけと
少し寂しいスタートとなりました。

 

>>バイク王 の買取体験談と高く売る6つのコツ

 

バイク王 評判 aバイク王 評判 2

 

慣らし完了後初のツーリング

今回は2019年の
初ツーリングでもありますが
NSR250Rのオーバーホール、
そして慣らし完了後
初のツーリングということで
若干ビビりながら走りましたw

というのは、
久しぶりの峠道ということに加えて
エンジンが本調子になって
特にアクセル全開での加速は
これまで以上に強烈で
ちょっと怖いくらいです。

前後のサスペンションも
オーバーホールして
減衰も効くようになり、
フロントはシングルレートの
スプリングに変更しているため
これまで乗っていたNSRとは
同じバイクでありながら
結構ちがった乗り味に
なってしまっています。

 

慣れたツーリングコースだけど

今回のツーリングコースは
私にとっては慣れ親しんだ
定番コースです。

大阪から阪奈道路を通って
奈良公園に向かい

 

柳生を抜けてまずは月ヶ瀬を
目指します。

 

しかし、
昨年の度重なる豪雨の影響で
法面工事も多く、
車線が1車線ごっそり
無くなったりしている箇所も
ありました。

 

気温も低いので
慎重に走らなければいけません。

寒くなると
バイクが激減する月ヶ瀬ですが、
今回は平日ということもあって
他にバイクは
見当たりませんでした。

 

名阪国道で四日市方面へ

月ヶ瀬を出て、
五月橋ICから名阪国道へ入ります。

ほんと名阪国道は
よく走るなぁw

そのまま東名阪で
四日市まで進んでも良いのですが、
ナビアプリで見ると
対して到着時間は
変わらなかったので
国道1号線でお店に向かいます。

国道一号線は
相変わらず取り締まりが多いので
あせらずゆっくり走りましょう。

 

四日市とんてきのお店 隆座 (たかくら)

今回のツーリングの目的は
『とんてき』です。

お年を召した方は
ビーフステーキのことを
『ビフテキ』なんて言いますが
豚肉なので『とんてき』です。

・・・なんで
『ポクテキ』
じゃないんだろう?w

まぁそんなことはさておき
とんてきはいわゆるB級グルメであり、
三重県四日市市の
ソウルフードと言われています。

特徴としては

  • 黒っぽい濃い味のソース
  • 厚切りの豚ロース肉を使用
  • ニンニクが添えられている
  • 千切りキャベツの付け合わせ

だそうです。

で、数ある四日市の
とんてきの中から選んだのは
隆座 (たかくら) というお店です。

 

平日の正午ごろでしたが
すでにとんてきは売り切れ寸前!?

このお店のとんてきは
本当によく売り切れるそうです。

 

中はちょっとオシャレで高級な感じ。
スーツを着た紳士な方々も
たくさん来られていました。

我々はちょっと浮いてる?w

 

お値段もランチとしてはお高め。
でも、とんてきって他のお店でも
そこそこ値の張る料理なんですよ。

 

で、私が注文したのは
とんてき定食セミダブル

見た目のインパクトがすげぇw

 

キャベツの千切りが
そびえ立っています!

 

わきにはポテサラも

 

こっちはからしです

 

豚肉は厚切り
たれは黒いですが
濃い味ではありません。

同じ三重県の
伊勢うどんに通じるものを感じます。

 

ゴロゴロ転がっているにんにくも
クセがなく上品な味わいです

 

定食のお味噌汁は
中部地方でメジャーな赤味噌です。

 

S君が注文したのは
チキンカツのタルタルソース
揚げ物は100%ラードで
揚げているそうです。

 

キャベツ少なめで注文してもコレw

 

ライスは『少し多め』で
注文してもマンガめしですw

 

チキンカツを一切
味見させてもらいましたが
酸味の少ないまろやかなタルタルで
チキンカツとの相性は
バッチリでした!

 

とんてき完食
ごちそうさまでした!

 

お店を出て
小学生にヤエーしつつ
四日市を後にします。

 

最後も定番の針T.R.Sです。
ここは平日でも
少なからずバイクはいますね。

 

以上、
みなさんもぜひ食べに行ってみて下さい。

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。

バイク王 評判 口コミ