AGです。

2013年に登場したGROM(JC61)は
2016年にモデルチェンジ
(JC61後/JC75)しましたが、
大きく変わったのは外装が中心で、
エンジンやフレーム、
足回りといった部分は
元々完成度が高いのか
その後も変更されず
長年人気を博してきたモデルです。

そんなグロムが満を持して
フルモデルチェンジしたのが

2021年に発売開始された
JC92型グロムです。

友人から借りていた
JC61型グロムと比較しながら
インプレしたいと思います。

グロム GROM JC92 新型 2021 1

 

シンプルでポップになったデザイン

初期型のJC61型から
モデルチェンジして
JC61後期、JC75型は
ストリートファイターっぽい
凝ったデザインになっていました。

シートにも段がつき
見た目にはスポーティでしたが
実際スポーツ走行をしようと思うと
シートのかなり後ろに乗るので
この段付きが邪魔になり、
サーキットユースでは
シートをフラット化するのが
定番化していました。

そういった点も踏まえてなのか
JC92型ではシートはフラットになり
スポーツ走行以外でも
様々な体形の人が
自由にポジションを
とれるようになっています。

グロム GROM JC92 新型 2021 2

 

シートに合わせたのか
カウルやヘッドライトも
フラットでシンプルなデザインに
なっています。

グロム GROM JC92 新型 2021 3

 

ホイールデザインも
シンプルな5本スポークに
変更されています。

グロム GROM JC92 新型 2021 4

 

カウルをとめているビスには
JC61型前期のデザインにも通じる
丸いカラーが配されています。

グロム GROM JC92 新型 2021 5

 

これは取り外しが簡単なので
他の色のカラーを流用したり、
塗装して楽しむこともできます。

グロム GROM JC92 新型 2021 6

グロム GROM JC92 新型 2021 7

 

多機能になった新型メーター

初期型のJC61からデジタルで
見やすいメーターでしたが
JC92でシフトインジケーターと
燃費計が追加され機能面がアップし、
バックライトも
見やすい色になっています。

JC61グロムのメーター▼

グロム GROM JC92 新型 2021 8

グロム GROM JC92 新型 2021 9

 

JC92グロムのメーター▼

グロム GROM JC92 新型 2021 10

グロム GROM JC92 新型 2021 11

 

他にも4000~8250rpmで
250rpmきざみで
光る回転数を任意で設定できる
REVインジケーターや

グロム GROM JC92 新型 2021 12

 

ピークホールドまで
表示できるようになっています。

グロム GROM JC92 新型 2021 13

 

ミッション5速化の恩恵は?

モデルチェンジしたJC92型グロムが
一番注目されたのは
5速化されたミッションでしょう。

JC61/JC75グロム
計算上の速度▼

グロム GROM JC92 新型 2021 14

http://park1.wakwak.com/~z50j/index.html
最高速計算機にて計算

 

JC92グロム
計算上の速度▼

グロム GROM JC92 新型 2021 15

http://park1.wakwak.com/~z50j/index.html
最高速計算機にて計算

 

上の表でもわかる通り
最大トルクである5500rpm付近で
原付二種の法定速度、
幹線道路などの制限速度である
60km/hが4速でも出てしまうので、
ロングストローク化して
低回転でのトルク感が増した
新型エンジンも相まって
エンジン回転数は低回転でも
車の流れに乗ることができ
燃費良く、振動の少ない
快適な走行も可能です。

グロム GROM JC92 新型 2021 16

 

グロムはスポーティになったのか?

5速化したことで
注目されがちなのは
燃費以外だと最高速です。

実際最高速も
大幅に向上していますが、
5速化したことによって
サーキットや峠道といったシーンで
回転数を合わせやすくなったことが
大きいです。

つまり、
よりスポーティに
なっているはずです。

しかし、
実際走らせてみると
思ったほどではありません。

メーターでは
8000rpm過ぎたあたりで
レッドゾーンになっていますが
ピークパワーは7250rpm。
最大トルクは5500rpmなので
パワーを感じたあたりから
すぐにピークを迎え
あとはダラダラと
速度が伸びる感じです。

グロム GROM JC92 新型 2021 17

 

ノーマルの
ハンドル、ステップは
非常に楽な姿勢がとれて
ツーリング向きです。

この辺りはカスタムすれば
スポーティに変更できますが
ステップがマフラーステーを
兼ねているので
マフラーとステップは
セットで交換するのが
おすすめです。

グロム GROM JC92 新型 2021 18

 

当然と言えば当然なんですが
ノーマルではやはり
スポーティさは感じられません。

 

タイヤサイズは変更なし

グロムのレースや
サーキット走行では
ハイグリップタイヤを
はかせるために
フロントのタイヤサイズを
ノーマルの120/70-12から
100/90-12に変更する人が多く、
ついにHRCグロムカップでは

・フロント DUNLOP KR337 PRO 100/485-12
・リア DUNLOP KR337 PRO 120/500-12 130/490-12
・フロント DUNLOP TT93GP PRO 100/90-12
・リア DUNLOP TT93GP PRO 120-80-12
※ドライサイズ

と指定タイヤと
サイズが決められました。

しかし、
これではタイヤに対して
ホイール幅が大きく
タイヤが引っ張り気味に
なっていますし、
タイヤ外径も大きく
なってしまいます。

フェンダーのクリアランスなども
狭くなってしまいますし、
ホイールも新デザインに
なっているのだから、
はじめから
フロント 100/90-12
リア120-80-12
にしておけばいいのにな
と私は思います。

グロム GROM JC92 新型 2021 19

 

相変わらずシフトは入りにくい

JC61から評判の悪い
グロムのシフトですが
JC92になっても変わっていません。

シフトチェンジの時
しなるような頼りない感触で
ニュートラルに入りにくく
ギア抜けも多いです。

グロム GROM JC92 新型 2021 20

 

定番のカスタムパーツで
ある程度改善しますが
根本的な改善が欲しいところです。

グロム GROM JC92 新型 2021 21

 

とまぁ、
ノーマルでは
ミッションが5速化したこと以外
スポーティさは感じられませんが
私は今後カスタムを進めて
スポーツ走行が楽しめるように
したいと思います。

 

初心者にも超おすすめ!

スポーティに使おうと思うと
カスタムが必要ですが
普通に公道で乗る分には
軽量で足つきがよく
トルクフルなエンジンは
初心者でも扱いやすい
パッケージになっています。

またフラットなシートで
ポジションが自由に取れるので
いろんな走りのスタイルに
対応できると思います。

グロム GROM JC92 新型 2021 22

 

外装をはじめ
各部品はシンプルで
取り外しやすくなっています。

なのでDIYカスタム初心者にも
おすすめしたい1台です。

グロム GROM JC92 新型 2021 23

 

やはり足つきがよく
軽量なバイクは取り回しがよく
運転に自信がつきますし
グロムはハイパワーではないものの
燃費がよく、
しっかりとスピードも出ますので
通勤や通学ツーリング
マルチに活躍するバイクです。

グロム GROM JC92 新型 2021 24

 

市街地

これまでご紹介してきた通り
軽くて足つきがよく、
取り回しがよいので
市街地では
これ以上のバイクはないでしょう。

小さいバイクは乗ってるだけで
なんだか笑顔になれますね。

グロム GROM JC92 新型 2021 25

 

強いて言えば積載性が
ほしいところですが
シート下にはボルト穴が
用意されているので
アフターパーツで
フックやリアキャリア、
リアボックスなど
追加すれば補えます。

グロム GROM JC92 新型 2021 26

 

幹線道路・バイパス

上記で挙げた速度表でもわかる通り
60km/h以下なら
低回転で燃費走行ができますし
最高速にも余裕があるので
車の流れに乗るのも
車線変更もスムーズにできます。

グロム GROM JC92 新型 2021 27

 

峠道

小径ホイールなので
小回りが効くのは当たり前ですが
程よい安定感で
癖のないコーナーリングが
楽しめます。

トルクの幅が広いので
ゆっくり走っても
ちょっと気合を入れて走っても
峠道は非常に楽しいです。

グロム GROM JC92 新型 2021 28

 

燃費と航続距離

走り方によって燃費は
かなり幅が出ますが私の場合
だいたい60km/L前後です。

ガソリンタンク容量は
6.0Lなので
300kmは無給油で
余裕に走れますね

グロム GROM JC92 新型 2021 29

 

JC92 GROMのまとめ

グロムを手に入れてみて思ったのは
やっぱり小さいバイクは
面白いなということと、
バイクの基本を学ぶには
乗り方でも整備でも
このサイズが一番いいな
ということです。

免許取りたての初心者の方も
大型バイクにっている
ベテランの方も1度は
乗ってみてもらいたいバイクです。

グロム以外でも
今バイクの乗換えを
考えている人は
バイク王で評判より高く売るマル秘術
コチラも
あわせて読んでみて下さい。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。