バイク売るなび バイク 買取 売る 売却

 

AGです。

友人とお酒の席で
「長年放置しているPCX125
乗らないなら俺にくれよ~」

と冗談半分に言ったのですが、

そんなことすっかり
忘れていたころ
その友人から後日LINEがあり
「PCXいつ取りに来るの?」

・・・というわけで
PCXを手に入れることになりましたw

 

長年放置されていたPCX

さっそく軽トラで
友人のところへ行き、
PCXを引き上げます。

最低でも5年以上は
放置されていたという
このPCX。

もちろんエンジン始動は
できない状態で
ブレーキ固着はしていませんでしたが
タイヤの空気はほぼゼロで
車高が下がっており、
軽トラの荷台につっかえて
ちょっとだけ
積み込みに手間取りました。

 

その足で市役所に行って
一旦ナンバー返納。

書類も紛失してたので
再発行しておきました。

 

ガレージへ入庫。
現状を確認します。

 

工場の片隅に保管されていたので
屋根から落ちてくるサビ水で
ありえないところがサビています。

これはやろうと思っても
なかなかできないので
洗うかどうか迷いました。

 

でも最終的には洗った。

 

ハンドルバーは点さびだらけです。

 

こういうのは
ネバダルが効きます。

 

 

サスペンションも
メッキ部分は点さびが
出来ています。

可動部分なので交換が必要ですね。

 

ブレーキローターは
センター部分がちょっと
サビているだけ。

これはこのまま使えそう。

 

シートはホコリまみれなものの
破れなどはありませんでした。

 

右側に転倒した跡が。

損傷は小さく
カウルが削れているだけなので
立ちゴケでしょう。

 

あんまり目立たないし
一旦そのままにします。

 

まずは動くようにしましょうか

 

エンジン始動

NSR250R用の予備バッテリーを
無理やりつないで
イグニッションをONにします。

 

電源が入りました。

走行距離は4600km弱

ガソリンは満タンになっているので
タンク内のサビは心配なさそうです。

 

もちろん後日新品バッテリーに
交換しました。

海外バッテリーや
台湾YUASAは
当たり外れがあるので
高いけれど
日本のYUASA製にしました。

 

セルは回るかな?
とセルボタンを押しても無反応。

色々やってわかりましたが
前後ブレーキを両方握り、
センタースタンドを立てないと
セルは回らないのです。

アイドリングストップ装備車の
独特な音をたてて
セルは静かにまわりましたが
当然エンジンはかかりません。

 

タンクのガソリンを入れ換えます。

灯油ポンプで
ガソリン携行缶に取り出し
ガソリンスタンドで
新しいガソリンと
入れ替えるのですが
最近は古いガソリンを捨ててくれる
ガソリンスタンドが減ってしまって
街中のガソリンスタンドを
はしごしました。

 

新しいガソリンと
ワコーズのフューエル1を
注入しておきました。

インジェクター洗浄とかは
これで大丈夫でしょう。

 

続いてプラグチェック。

左側のステップラバーを
取り外して
点検窓のボルトを外せば
プラグキャップが見えます。

 

まぁ問題なさそうだけど
新品に交換しときました。

 

これでとりあえず
エンジンは掛かりました。

スピードメーターセンサーが
どこにあるのかわからないけれど
タコメーターみたいに
スピードメーターが振れます。

 

サスペンション交換

フロントフォークの
インナーチューブにあった
点錆びをちょっと
落としてみましたが

 

強い光をあてて
可動部をよく見ると
縦の線がいっぱい。

オイルも染み出ててたし
インナーチューブは
ダメっぽいです。

 

新品のフォークインナーを
注文して交換しようと思いましたが
部品が高かったのと
作業が面倒なので
程度の良い中古フロントフォークを
用意しました。

 

センタースタンドを立てて
ジャッキでフロントを上げます。

 

で、購入したフォークと
外したフォークを比べると
ちょっと長い。

実はそんなに変わらないだろうと
PCX150(KF12)用のフォークを
購入したのです。

 

PCX125(JF28)のフォークには
KWNと鋳出し文字があり

 

PCX150(KF12)のフォークには
KZYと鋳出し文字があります。

 

トップキャップも
レンチがかけられるように
なっています。

 

実はリアも
年式違いのPCX125
JF81用のYSS製ショックで
長かったですw

 

多少車高が上がると思いますが
両方ともこのまま取り付けました。

PCXは車高下げるカスタムが
流行ってたけど
上げるのは聞いたことないなぁw

今はADV150とか流行ってるし
その流れという事で良しとしますw

リアサス交換は
メットインボックスを
外す必要があります。

 

外したついでに水洗い

 

見えない部分は
特にサビてました。

 

タイヤ交換

長期間パンク状態だったのと
リアタイヤが
ボチボチ減っていたので
サスを外すついでに
タイヤは前後とも
新品に交換しました。

リアタイヤを外すには
マフラーとサスアームを
外さないといけません。

 

サスアームの
軸受けベアリングの
シールが痛んでいたので
後日交換します。

 

タイヤ交換後エアを張る前に
ホイールのお色直ししときます。

耐熱スプレーは密着も良いので
塗りやすいし、
きれいに仕上がります。

 

ちょっとサビてた
ブレーキディスクも
耐熱塗料で塗ります。

 

パッドが当たる面はブレーキをかければ
キレイに削れるので
マスキングはせず控えめに塗りました。

 

ヘッドライト・テールランプのLED化

ヘッドライトはHIDが
取付けられていましたが
点灯しなくなっていたので
LEDに交換しました。

このバイクのカウル
全部がそうですが、
インナーカバー取り外しは
爪がいっぱいあって
取り外しに苦労しました。

 

PCXのヘッドライトは
HS5という形状なのですが
カプラーが平たいです。

HIDはこんな感じで
コーキング使って
配線されていました。

 

購入したLEDバルブも
カプラーになっていなかったので
別途カプラーを購入しました。

 

無事にLED化して点灯。

 

赤い目
みたいなテールランプが
好きじゃないので
こっちもLEDに変更します。

 

ブレーキフルード交換・ブレーキレバー交換と加工

フロントカバーを
明けた時に気になった
リザーブタンク

なんだこれ?

 

ああ、コンビブレーキ。
フロントとリアが連動するやつ。

 

コンビブレーキの
マスターシンダーは
ステムの近くにあります。

 

ってことは
ココが見えているうちに
ブレーキフルードの交換を
しておいた方がよさそう。

なので交換します。

キャリパーには
ブリーダーバルブが2つあって
上側がハンドブレーキ
下側がコンビブレーキ

 

ブレーキレバーは
左右とも白錆が浮いていたので
磨こうと思いましたが
価格も安いので調整式の
社外品に変えました。

 

ここでちょっと細工。
リアブレーキ(左側)の
手前側凸を削り落とします。

 

これで左右どちからかだけ
ブレーキを握っていれば
セルがまわるようになりました。

 

サイドスタンドスイッチキャンセル

エンジン始動時の
ブレーキスイッチ問題を解消したので
サイドスタンドを出していても
エンジン始動できるようにしておきます。

 

左前のアンダーカウルを外して
緑のカプラーが
サイドスタンドスイッチです。

 

ココにキャンセラーを差し込みます。

これでサイドスタンドを出しても
セルがまわるようになります。

 

ベトナム仕様コブなしシート

PCX125(JF28)の
シートにはフロントに
背もたれがあります。

これがなんとも不快です。

 

で、ベトナム仕様の
いわゆるコブなしシートに
変更するのが定番カスタムの様です。

シートも値下がりしてて
手に入れやすかったです。

 

ロック機構も
何気に改善されてて
シートが閉まりやすくなりました。

▼ノーマル

▼ベトナム仕様

 

PCX125完成

なんだかんだと
バラバラに整備して

 

ひとまず完成。

 

オイル交換もしました。

 

持って帰ってきた時からすると
見違えったんではないでしょうか?

 

 

乗ってみての感想は
また別の記事に
したいと思います。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。