Ride&Write

『ライド アンド ライト』新旧のバイク紹介、バイク購入、バイク売却、ツーリング、整備、カスタム、DIY、食レポなどのブログです

ZX-14(ZZR1400)のアンダーカウルを外して ブレーキフルード・ラジエター液(クーラント)を交換

ジョージマンです。

遠方の友人からツーリングのお誘いがあり、参加表明したものの大排気量バイクとの長距離&高速道路メインツーリングにNSR250Rでは少々不安があります。

そこで親戚がZX-14(ZZR1400)に乗っていることを思い出し、今回のツーリングは

このバイクを借りることにしました。

f:id:kokubu_ou:20171016163738j:plain

>>バイクブログランキング参加中!

続きを読む

【PR記事】コスパ最強!ワークマンの『フィットパンダレッド』スマホ対応のメカニックグローブが便利すぎる!

■このレビューはワークマンより製品の提供を受けてのPR記事です

ジョージマンです。

私もブロガーらしく製品提供を頂けるようになりました。

製品を提供して下さったワークマン様、いつもアクセス頂いている読者のみなさん、本当にありがとうございます。心から感謝致します!

 

今回は作業をしながらスマホで写真をとるブロガーさんや、スマホを使って調べものをしながら作業をしたいという人に超オススメの手袋 フィットパンダレッド という商品をご紹介したいと思います。

f:id:kokubu_ou:20171011170620j:plain

>>バイクブログランキング参加中!

続きを読む

XSR700 日本発売(国内仕様)開始! XSR900と比較してどっちが買いか気になる!

ヤマハ発動機は2017年10月4日、これまでヨーロッパなど海外用として生産していたXSR700を2017年11月6日に日本国内でも発売すると発表しました。

XSR700 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社

ベースとなっているMT-07や先に国内発売されている同シリーズのXSR900も販売好調ですから、XSR700の国内発売は当然の戦略と言えるでしょう。

XSR700 MMD MODEL:熊野改二「艦これ」ファンアートモデル(モデル製作:つみだんご) 

◆ MMD MODEL:熊野改二「艦これ」ファンアートモデル(モデル製作:つみだんご) 

>>バイクブログランキング参加中!

続きを読む

DUCATIの中古バイクってどうなの?故障する?デスモドロミックが気になる!

ジョージマンです。

 

DUCATI(ドゥカティ)のバイクってカッコイイですよね。

でも、やっぱり高級バイクメーカーであるDUCATIの新車を買おうと思ってもホイホイだせるような金額ではありません。

 

ちなみに2017年夏に発表されて話題の

『Supebike 1299 Panigale R Final Edition』

メーカー希望小売価格は¥4,550,000(税込)

DUCATI 1299 MMD MODEL:らば式Littorio 「艦これ」ファンアートモデル

◆ MMD MODEL:らば式Littorio 「艦これ」ファンアートモデル

>>バイクブログランキング参加中!

続きを読む

ZRX1200 DAEG(ダエグ)が気になる!ZRX1200Rと違いは?

ジョージマンです。

 

日々、中古バイクを探しながらいつも思っていたことがあります。

なんで日本国内仕様しかないZRX1200 DAEGはこんなに価格が高いのか・・・

 

普通同じバイクで、国内仕様、輸出仕様があれば輸出仕様の方が高いですし、CB1300SFやMT-07の様に基本国内向けしかないバイクはそんなに価格が高くなることはありません。

 

同年式のオーバー1000ccネイキッドのなかでもZRX1200 DAEGだけが高いのです。

気になったので、今回はその魅力について調べてみました。

ZRX1200 DAEG MMD MODEL:らば式利根改二 「艦これ」ファンアートモデル

◆ MMD MODEL:らば式利根改二 「艦これ」ファンアートモデル

>>バイクブログランキング参加中!

続きを読む

最強スペックなのに懐が深い GSX-R1000(K5 / K6 2005年~)が気になる!

ジョージマンです。

スズキのSSといえばGSX-Rシリーズですが、1000ccクラスの初代GSX-R1000(K1)が発売されたのは2001年、ホンダCBRとヤマハYZF-R1が激しく争っている間に勢いよく割って入ってきました。

それまでは「軽量なCBR」 vs 「ハイパワーなR1」という争いのなか、CBRよりも軽く、R1よりも最高出力があるというスペックで1000ccクラスSSの王者に君臨し、その後もモデルチェンジを続けながら多くのファンを魅了しました。

 

そんな歴代GSX-R1000の中でも私が気になるのはSBKレギュレーション変更後に本格レース用としてフルモデルチェンジを受けたK5 / K6型です。

GSX-R1000と白露(艦これ)

◆ MMD MODEL:ぽんぷ長式白露 改 「艦これ」ファンアートモデル

>>バイクブログランキング参加中!

続きを読む

歴代で一番乗りやすい?ZX-10R(D型 2006年~)が気になる!

ジョージマンです。

各社のSSを紹介しているとやはりカワサキのSSである、

『ZX-10R』も気になります。

ですがやはり、このバイクも最新モデルは200万円を超えちゃってます。

 

で、そうなると中古バイクを探したり、調べたりしてみたんですが、年式によってこれだけデザインや特徴がバラバラなバイクも珍しいのではないでしょうか??

ZX-10Rと夕張(艦これ)

◆MMD MODEL:夕張 「艦これ」ファンアートモデル(モデル製作:サイキョー) 

>>バイクブログランキング参加中!

続きを読む