バイク売るなび バイク 買取 売る 売却バイク王 買取 売る 1バイク王 買取 売る 2

AGです。

レンタル819年間会員
マイガレ倶楽部での
インプレッション
今回のレポートは
MT-07です。

当ブログでも
試乗した際にご紹介して
友人S君の愛車として
度々登場していましたが
じっくり時間をかけて乗るのは
今回が初めてです。

試乗したときからも
マイナーチェンジもされているので
どんなバイクに
なっているのか楽しみです。

MT-07 ブログ インプレ 1

 

コスパ最強のベーシックバイク

ヨーロッパでは昔から
ミドルバイクと呼ばれ
価格もパワーもちょうど良い
600~750ccクラスは
人気の高い
排気量クラスです。

それまで
パワー至上主義だった日本でも
2010年代に入ってぐらいから
ようやく浸透し始めた感じですね。

MT-07は新車価格で
792,000円(2020年モデル)
中古バイク市場でも
高年式で程度の良いバイクが
50万円前後から手に入ります。

しかし、MT-07は
ヘッドライトやウィンカーが
ハロゲンランプということ以外
見た目で安っぽいという
事はありません。

MT-07 ブログ インプレ 2

 

むしろスタイリッシュ。

MT-07 ブログ インプレ 3

 

細かい部分も作りが良いです。

MT-07 ブログ インプレ 4

 

テール、ストップランプは
LEDを採用しています。

MT-07 ブログ インプレ 5

 

ブレーキはヤマハでは定番の
住友電工製。

2018年マイナーチェンジ後は
前後ABSが
標準装備になっています。

MT-07 ブログ インプレ 6

 

リアサスはプリロードと
伸側減衰が調整可能です。

MT-07 ブログ インプレ 7

MT-07 ブログ インプレ 8

 

メーターはデジタル液晶。

昼間でも夜中でも見やすく、
ギアポジションや燃費計など
最近のバイクでは
標準的な機能が揃っています。

個人的にはタコメーターが
下より上の方が見やすいかな?
と思いましたが、
大した問題ではありません。

MT-07 ブログ インプレ 9

 

ただ、このメーターが
ハンドルの上にあるので
ガジェット類は
ガジェットバーを追加しないと
設置することができません。

MT-07 ブログ インプレ 10

 

ハンドルマウントは
ラバーマウントになっているらしく
友人S君は「気持ち悪い」
と言っていましたが、
私は別に気になりませんでした。

ゴムなので劣化具合もあるのかな?
それともマイナーチェンジで
改善された?

MT-07 ブログ インプレ 11

 

あとメインキーが
ヘッドライトの上にあるので
キーホルダー付きのキーを挿した時
なんだか変に見えました。

MT-07 ブログ インプレ 12

 

トルクフルで扱いやすいエンジン

以前の記事にも
詳しく書きましたが、
このMT-07最大のウリは
270度クランクの
パラレルツインエンジンでしょう。

 

73PS / 9000rpm
6.9kgf・m / 6500rpm
を発生するエンジンは
低速からグイグイトルクが感じられ
アクセルレスポンスも良いので
不容易にアクセルをガバ開けすると
フロントアップしてしまいそうです。

しかしながら
谷のない滑らかなパワーの出方なので
MT-09の様に乗っていてコワイ!
と感じるほどではありません。

ちょうどイイ感じのパワーです。

MT-07 ブログ インプレ 13

 

エンジンとサスペンションは
接続されており、
フレームの役割を一部担っています。

これは車体軽量化にも
貢献しているのでしょうね。

MT-07 ブログ インプレ 14

 

マフラーはステンレスのショート
サイレンサーが一体になっているので
マフラーを交換する場合は
フルエキゾーストでの
交換になりますね。

MT-07 ブログ インプレ 15

 

とにかく乗りやすく不満がない

試乗した時からの
印象はほとんど変わらず、
まずまたがった瞬間から
車体の軽さに驚きます。

また、足つきも良く
街中や駐車場での取り回しも
安心してできます。

ライバル車であるSV650の
シート高 785mmと比べると
MT-07のシート高は805mm
と少し高く、
176cmの私でも
窮屈な感じはしませんでした。

 

走りの方もアクセルを開ければ
十分に速く、
前述した通り
コントロールしやすいです。

MT-07 ブログ インプレ 16

 

市街地

街中では文句なしです。

軽量で足つき良くて
トルクフルで
クラッチレバーの操作も軽い。

パワーに余裕があるので
追越し時なども楽勝です。

MT-07 ブログ インプレ 17

 

高速道路

今回のインプレでは
高速道路を使いませんでしたが
常識の範囲内で走行するなら
特に不満は無いと思います。

ラバーマウントハンドルのおかげで
振動も少なく、
マイナーチェンジ後は
シート面積も大きくなっているので
長距離も疲れにくいでしょう。

MT-07 ブログ インプレ 18

 

峠道

ゆっくり走っても
速く走っても
思い通りのラインを描くことができ
非常に楽しいです。

ハンドルも高すぎず
ちょうど良いと思います。

MT-07 ブログ インプレ 19

 

燃費と航続距離

173.7km走って
8.02Lガソリンが入ったので
計算上では約21.6km/L
そんなにまわしたつもりは
ありませんが、
カタログスペックの 23.9km/Lと
比べるとちょっと悪かったです。
給油量に差があったのかもしれません。

ガソリンタンク容量は13Lなので
航続可能距離は
280~300kmほどでしょう。

 

MT-07まとめ

さすが人気車種だなという印象です。
ツーリングはもちろん
通勤通学でも使えると思います。

強いて言うならよく出来すぎていて
面白みに欠けるというのは
あると思いますが、
人気車種だけあって
カスタムパーツもたくさん
発売されていますので
自分好みに仕上げるのも
良いかもしれませんね。

また、MT-07は
2021年モデルが発表され
ヘッドライト周りの印象が
がらっと変わっています。

 

バイクの乗換えを考えている人は
バイク王で評判より高く売るマル秘術
コチラも
あわせて読んでみて下さい。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。