AGです。

現在人気が高く、車種も多い
250ccクラスの
SS(スーパースポーツ)

スポーツモデルなので
各社エンジンパワーを競い
運動性能の高さを
アピールしています。

そんな中で我が道を進むのが
スズキ GSX250R

マイガレ倶楽部で
レンタルできるようになったので
早速レンタルしてみました!

 

パワーも価格も控えめなSS250

ここ最近で言うと
ZX-25Rを発表し、
カワサキが4気筒を復活させて
最高出力45PSを達成。

それまでSS250の最高出力では
ナンバーワンだった
ホンダのCBR250RRが
これに追従して2気筒ながら
41PSにパワーアップ。

最新の電子制御や
スポーツサスを装備して
税込み価格は80万円越え。

ヤマハYZF-R25は
倒立フォークの装備と
空力の見直し。

そんなSS250クラスにあっても
最大出力24PSの
水冷2気筒SOHCエンジン。
製造は中国でされていて
価格は548,900円(税込)
というのがGSX250Rです。

まぁそんな背景もあって、
このバイクには
正直あまり期待を
持っていませんでした。

 

期待を裏切る質感

そんなあまり期待していなかった
GSX250R。

もう期待裏切られまくりですw

まずは各所の仕上がり。
価格の安い中国製バイクなんて
ハリボテ感があって
操作感もグニャグニャだろうと
思っていましたが・・・

複数重ねられた
アッパー、アンダーカウルに
安っぽさは全くありません

 

ヘッドライトとウィンカーは
LEDではありませんが、
デザインがカッコいいので
あまり気になりません。

この辺りはカスタムで補えますしね。

 

ポジションランプはLEDなので
ヘッドライトはハロゲンのままでも
メリハリがあって
これはこれで良いとも思います。

 

テールランプは
チューブを組み合わせたLED。

シャープでカッコいいです。

 

スイッチまわりはシンプル。
しかしながら安っぽさはありません。

便利なハザードスイッチもあります。

 

ブレーキのタッチはカチッとしていて
レバー調整機能がちゃんと付いてます。

レバー調整機能は
他のメーカーも見習って
付けておいてほしい。

 

ハンドルまわりも
安っぽさはありません。

 

メーターは液晶で
ギアポジションも表示されます。

強いて言えば水温計がないので
欲しいとところです。

 

リアブレーキも
BMW G310Rの時のような
ガタつきはなく、
コントロールしやすいです。

見た目はちょっと安っぽいかなw

 

ミラーは折り畳めますが元の位置に
カチッと戻るタイプではありません。

 

広くてある程度厚みのある
メインシート。

ちょうど良い硬さで
峠では動きやすく、
日帰りツーリングぐらいなら
お尻も痛くならなさそうです。

 

タンデムシート下も
最近のバイクとしては
余裕があります。

ただ密閉性はなさそう?

 

期待を裏切る走り

最高出力:24PS / 8,000rpm

最大トルク:2.2kgf・m / 6,500rpm

ライバル車と比べると
頼りないエンジンスペックですが
走り出してみると
確かに速いバイクではないのですが、
操作に対してレスポンスが良く
バイクを操っている
心地よさがあります。

他の250ccバイクで感じる
低回転でのスカスカ感や
振動が少なく感じます。

これは楽しい!気持ちいい!

 

耳障りなメカノイズもなく、
トルクバンドの回転域が低いので
ガンガン回す必要もありません。

マフラーもよくできていて
程よい音量です。

 

前後ブレーキもタッチが良く
効きも良いです。

 

足まわりのセッティングは
柔らかめなのかな?

キビキビした動きではなく
モッタリした操作感ですが
直進安定感があり、
乗り心地は良いです。

 

標準タイヤはIRC製
ROAD WINNER RX-01

ハイグリップタイヤに交換すれば
もっと楽しくなると思います。

 

場所を選ばす楽しく乗れる

SS250クラスでは
最高出力が最も低く
中国製のGSX250R。

ネーミングもGSX-R250ではなく
GSX250Rと中途半端w

しかしそれは
街乗りから峠道、高速まで
ストレスなく乗れる
オールラウンダーを意識しているから
・・・かもしれません。

 

市街地

低回転からしっかりとトルク感があり
無用にアクセルを
ひねる必要がありません。

車体が軽くブレーキもよく効くので
走っていて安心感があります。

 

高速道路

最高速は他のSS250と比べて
劣る数字ですが、
100km/h巡行ぐらいなら
難なくこなせます。

6速に入れっぱなしでも
アクセルをひねれば加速でき、
楽にクルージングできます。

ただしスクリーンが低いので
防風効果は低いです。

 

峠道

アップダウンのあるところでの
パワー不足は否めませんが
エンジンレスポンスがよく
ブレーキもよく効くので
気持ちよく走れます。

タイヤをハイグリップなものに
交換すればもっと楽しめそうです。

 

燃費と航続距離

今回の走行距離は161.9km

給油してみると5.86L入ったので
約27.6km/L

タンク容量は15Lなので
一回の給油で
400kmぐらい走れそうです。

カタログのWMTCモード値は
32.5km/Lなのでちょっと回しすぎたかな?

 

GSX250Rまとめ

SS250としては
最高出力が低く、
価格も低いGSX250R。

しかも中国製という点で
あまり期待していなかった
バイクでしたが、
見事に裏切られました。

公道で乗る250ccのバイク
として完成度は高いと思います。

絶対的な速さはないものの
無用にアクセルを
ひねる必要なく
しっかり加速するので
ストレスは感じません。

非常にコスパの高いモデルで
ぜひおすすめしたいです!

バイクの乗換えを考えている人は
バイク王で評判より高く売るマル秘術
コチラも
あわせて読んでみて下さい。

最後まで読んで頂き、 ありがとうございます。