バイク 買取 売る 売却バイク王 買取 売る 1バイク王 買取 売る 2

レンタルした
CB400SFでの
ツーリングレポートです。

今回の目的は新鮮な魚の定食です。

神社参りにも行ってきましたよ。

 

166号線で大台町へ

今回は最近Z250を購入したRさんと
一緒に行きます。

LさんのZ250は
スペシャルエディションで
ゴールドのホイールが
カッコイイですね!

 

ルートはZ400の時に行った
瀧原へのルートと
途中までほぼ同じ。

国道166号線から
国道422へ外れ、
県道31号線へと抜ける道です。

 

木々が秋色になってきていましたが
この日は暖かく、
ツーリングの人も多かったです。

 

とはいえ山深くなると寒いので
インナーをつけたり外したり
体温調整しながら走ります。

 

道の駅奥伊勢おおだいで休憩。
ここでもう一度
体温調整しておきます。

 

 

 

一部無料の紀勢自動車道

ここからは
紀勢自動車道を使って
南下します。

紀勢自動車道は
紀伊長島ICから南側が
無料区間になっています。

まだ全部繋がっていなくて
途切れている区間もありますが
ツーリングには便利です。

 

基本一車線で
トンネルの多い道路です。

 

尾鷲北で降りると
BMW R NINE T RACERで
海鮮丼を食べに来た
『おわせお魚いちば おとと』
もありますが・・・

 

今回はさらに海岸側へ足を向けます。

 

到着~!

 

お店の方の指示でここに止めました。

なぜここなのか?

理由は店内に入ってから
わかりました。

 

食堂 網干場(あばば)

網干場と書いてあばば。
読めねぇ~w

 

三重県尾鷲市九鬼町
町内唯一の飲食店で
活性化のために
町民有志が立ち上げた
ボランティアスタッフの
手で運営されているお店です。

食事は土日のみで、
臨時休業も多いので
訪問前には確認が必須です。

フェイスブックページが
用意されているので
こちらでも確認できます。

 

お店の中に大人数は入れませんが
ゆったりめのスペースです。

カウンター席は
窓から海が見えるようになっており、
この景色をお客さんに
楽しんでもらうため
窓の前や正面の岸壁には
バイクをとめないように
しているのです。

 

メニューは時期によって変わり、
おまかせメニューが中心です。

今回は大盛りおまかせ
お刺身盛り合わせと天ぷら定食
¥1500にしました。

 

ひとりで調理しているそうなので
注文から提供まで時間がかかります。

私たちの時は一時間弱でした。

・・・で待った結果
出てきたのがこちら!

タイの姿造り付き!!

 

Lさんの方はイサキの姿造り

こっちもおいしそう!

 

お刺身は新鮮プリプリ

量もたくさんあって
食べても食べても
なかなかなくなりません!

 

天ぷらはエビと
魚が2種、野菜が2種

 

他にも茶碗蒸しなどもついて
さらにごはん、みそ汁は
お代わり自由。

¥1500は安すぎでしょう!

 

もちろん完食です!

ごちそうさまでした!

 

満腹になったところで
次の目的地に向かいます。

 

世界遺産 鬼ヶ城

尾鷲南インターから
熊野尾鷲道に乗り、
さらに南下します。

紀勢自動車道として
尾鷲北インターから
尾鷲南インターは
2020年11月現在
まだ繋がっていません。

 

熊野大泊インターで降りて
看板通りに進むと

鬼ヶ城(おにがじょう)
に到着します。

 

まずはデザートをw

 

新種の柑橘類 新姫を使った
新姫ソフトクリーム

サッパリした味わいが
格別でした。

 

ソフトを食べながら
奥に進むと熊野灘の絶景

 

さらに進むと荒波に削られ、
地震による隆起など
によってできたという
岩々が見えてきます。

 

鬼の城っぽいですね!

 

なかなか見ごたえのある場所です

 

 

伝承によると
鬼ヶ城に住んでいた鬼は
征夷大将軍 坂上田村麻呂が
一矢でしとめたとあります。

すげぇな!坂上田村麻呂

 

魔見ヶ島も鬼の角っぽい島ですね。

 

花窟神社

そして最後に向かったのは
花窟(はなのいわや)神社

すぐそばの道の駅が
駐車場になっています。

 

花窟神社に祀られているのは
伊弉冉尊(イザナミノミコト)
軻遇突智尊(カグツチノミコト)

神々の母である伊弉冉は
様々な神様を生む中で
火の神様である
軻遇突智尊(カグツチノミコト)
を生んだ時に大やけどを負っていまい
結果に死んでしまいます。

その伊弉冉尊の亡骸を葬ったのが
この花の巌だと言われています。

 

激しく押し寄せる
波の音がする参道は
ちょっと珍しいですね。

 

社務所の廊下を抜ければ
ご神体の花の窟があります。

それはそれは巨大な岩で
大変驚きました。

写真撮影は禁止されていない
ようでしたが
御神域での撮影に
気が引けたので
やめておきました。

皆さまご自身の目で
ぜひ拝んで下さい。

 

帰りは169号線の峠道を越え
今回も無事返却できました。

 

走行距離は351.6km

今回は返却直前まで
無給油で走れました。

 

燃費は平均26.8と
カタログのWMTCモード値
21.2よりも伸びました。

 

CB400SFは程よく軽量で足つきも良く
パワーにも余裕があって
やっぱり日本の道に
合っているんだなぁと感じました。