AGです。

レンタル819年間会員
マイガレ倶楽部での
インプレッション
今回のレポートは
Z400です。

以前レンタルしたカウル付きの
Ninja400や
BMW G310Rとも
比較してみたいと思います。

Z400 インプレ 1

 

スポーティなポジション

Ninja400のカウルなし
バーハンドル版ということで
楽な姿勢で乗れるバイク。
と思う人も多いと思いますが、
実際は低く広く構えたバーハンドルで
絞りが無い分
下手したらNinja400よりも
スポーティなポジション
という印象を受けました。

手と腕に体重をかけると
手に痛みやしびれを感じるので
しっかりアゴを引いて
腕の力を抜くように
意識する必要があります。

Z400 インプレ 2

Z400 インプレ 3

 

シートもNinja400同様
薄くて動きやすい反面、
収まりが悪く長時間乗ってると
お尻が痛くなります。

純正オプションに
30mmアップののハイシートが
設定されているので
足つきに余裕のある人は
変更するのも
良いのかもしれません。

Z400 インプレ 4

 

BMW G310Rはシートが低すぎ
ステップに足を置いたときには
膝が上がりすぎる印象でしたが、

BMW G310Rと同じ
シート高785mmのZ400は
身長176cm、体重60kgの私でも
低すぎる印象はなく
ステップに足を置いた感じも
悪くありません。

もちろん足つき性は良くて
車重も軽いので特に不安は感じません。

Z400 インプレ 5

 

メーターと灯火器はちょっと惜しい?

ヘッドライトとポジションランプ
テール/ブレーキランプは
LEDになっています。

Z400 インプレ 6

 

ヘッドライトが点灯すると
わかりにくいですが
ポジションランプは
H2シリーズを思わせる光り方。

もうちょっと主張しても
良いのでは?

Z400 インプレ 7

 

ここまできたら
ウィンカーやナンバー灯も
LEDになってほしいなぁ

Z400 インプレ 8

 

メーターは液晶デジタル。

タコメーターの表示が特徴的です。

Z400 インプレ 9

 

まぁNinja400の
針先だけ白いタコメーターより
視認性はいいかな??

Z400 インプレ 10

▼Ninja400のメーター

Z400 インプレ 11

 

コンパクトなメーターながら
スピードメータの下部の
上段にODO、TRIP1、TRIP2
下段には時計、瞬間燃費、平均燃費
航続距離計が切換え表示され、
センターにはシフトインジケーターも
備わっています。

現代のバイクらしい便利さですね。

Z400 インプレ 12

 

コスパはクラス最高

インドで製造されるBMW G310Rや
インドネシアで製造される
ヤマハ MT-25/03は
レバーやペダル
足回りやブレーキといった部分に
ガタつきやしなりがあって
価格が安い海外生産バイクだから
しょうがないのかなぁと
正直感じてしまいます。

Z400の生産は
タイで行われていますが
そういった安っぽさは
あまり感じる部分がありません。

Ninja250/400で気になった
パタパタというエンジンノイズも
カウルが無いせいか
あまり気になりませんでした。

Z400 インプレ 13

 

パワーコントロールや
トラクションコントロールは
装備されていないけれど、
前後のABS標準装備。

Z400 インプレ 14

 

スリッパークラッチも
装着されていて、
クラッチレバーは軽く
指一本でも操作できるレベルですw

価格は2020年モデル新車で
682,000円(税込み)

Z400 インプレ 15

 

様々なシーンでちょうど良い走行性

カタログスペックでは
Ninja400よりも
さらに1Kg軽い
車体重量166kg。

エンジン出力、トルクは
35kW(48PS)/10,000rpm
38N・m(3.9kgf・m)/8,000rpm
と十分にあり、
高回転重視のNinja250、Z250の
延長上ではなく
低中速を重視したトルクフルな
特性なのでマルチに活躍できます。

 

市街地

車重が軽く、トルクフル。
クラッチも軽くて快適です。

ハンドルも低めなので
すり抜けも比較的しやすいです。

Z400 インプレ 16

 

高速道路

並列2気筒エンジンは
振動が少なく、
高速道路の進入や
追い越しでも
余裕の加速力があります。

カウルが無いので
走行風がキツいのと
車重が軽いので
横風に煽られるのは
まぁ仕方がないでしょう。

ただ長距離の移動は
お尻が痛くなるので
不向きだと思います。

Z400 インプレ 17

 

峠道

標準装備の
ラジアルタイヤGPR300の
食いつきもよく、
軽い車重とトルクフルな
エンジン特性で
非常に走りやすいです。

車幅が狭くアップダウンの激しい
いわゆる酷道でも
気持ちに余裕をもって走れます。

Z400 インプレ 18

 

燃費と航続距離

燃費はメーター読みで
27.5km/L

292.2km走って
10.47Lガソリンが入ったので
計算上約27.9km/Lで
ガソリンタンク容量は14Lなので
航続可能距離は390.6km
余裕を見ても350kmは走れそうです。

Z400 インプレ 19

 

Z400まとめ

Ninja400同様
乗りやすくも十分なパワーがあるので
様々なシーンで
活躍しそうなバイクです。

ハンドルは低めですが
バーハンドルで
カスタムも容易なので
シートと合わせて変更すれば
長距離ツーリングにも
対応できそうです。

現行型の400ccネイキッドでは
一番のおすすめと
言って良いと思います。

バイクの乗換えを考えている人は
バイク王で評判より高く売るマル秘術
コチラも
あわせて読んでみて下さい。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。